クズフリーターの運用記録

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

ソーシャルレンディングってどう?フリーターでもできた運用の始め方

 
ソーシャルレンディングってどう
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

無職クズフリーター、27歳まで月収10万のタケです。

「収入や投資を勉強すると人生が変わる!」

今回はソーシャルレンディングについてです。

ソーシャルレンディングが具体的にどんなものかわからないという人も多いと思いますが、全く問題ありません。

なぜなら、私が月収10万円のアルバイト時代に普通に始めることができたから。

ちょっとした注意点だけ押さえておけば、誰でも始めることができます。

では、具体的にどのように始めるのか?特徴やメリット・デメリットを踏まえて、お伝えします。

最近注目されているソーシャルレンディング。

タケ

一体どうなのか?一つ言えるのはやり方は簡単!

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングってどう?概要を解説

ソーシャルレンディングはファンドにお金を貸して、その利息分を得られる投資です。

100万円を1年間貸して、利回り5%→105万円という感じです。

ソーシャルレンディングは近年注目が集まっていて、投資家の数は年々増えています。

それには理由があって、

  • 1万円という少額で始められる。
  • 市場の細かい動きなどを見る必要がなく、投資後はほったらかしておける。

というメリットがあるからです。

この2つから言えることは初心者でも始めやすいということ。

反対にデメリットは初心者が始めやすい分、リスク面をあまり考慮せず始めてしまうことです。

これらのメリット・デメリットについて、ここからはさらに詳しく解説していきます。

ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングのメリットは初心者の始めやすさと運用期間の短さです。

その2つについて詳しく解説します。

初心者でも始めやすい

先ほど書いたように、

  • 少額で始められる。
  • 市場の細かい動きを見る必要がない。
  • 投資後は放置できる

これが初心者が始めやすい理由です。

一旦投資したら、あとは待っておくだけなので、実際に投資してることを忘れてしまったこともあります笑

それぐらいの感覚で運用できるのがソーシャルレンディングのメリットです。

利回りがいい

利回りは平均すると5~6%ほど。

株式投資やFXなどに比べれば、さすがに瞬発力が足りませんが、それでもなかなかの利回りです。

貯金をしているだけでは増えなかったはずのお金がこの利回りで増えるというのがメリットで、初心者向けでもあるので、最近は参入者が増えています。

投資をやる理由は利回りを得るため。

タケ

メリットとデメリットをしっかり知っておこう。

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングのデメリット

ソーシャルレンディングにはデメリットにもあります。

ここではリスク面を紹介します。

貸し倒れのリスク

ソーシャルレンディングの一番のデメリットは貸し倒れ(デフォルト)リスクです。

この貸し倒れリスクがソーシャルレンディングでは最も大きなリスクであり、このリスクを一番に考えないといけません。

貸し倒れとはファンドに貸したお金が返ってこないことであり、投資家にとっては大きなダメージになります。

ただ、貸し倒れをになる確率を下げる手段はありますし、そもそもそれほど高い確率で貸し倒れは起こりません。

貸し倒れさえなければ、どんどん運用益が膨らんでいくのがソーシャルレンディングなので、いかにして貸し倒れを避けるかが重要になってきます。

貸し倒れを完全に避ける手段はないけど、対策はできる。

タケ

より確率を高めて、貸し倒れリスクを極限まで減らそう!

もう一人のタケ

運用期間中は資金の引き出しができない

運用期間中に資金の引き出しができないのもデメリットです。

例えば、急に車を買いたくなって、お金が必要になったとします。でも、お金が足りない。

そんな時にソーシャルレンディングに10万円入っていて、引き出したいと思っても、引き出すことは不可能です。

運用期間が1年の場合はその1年が終わらない限り、運用資金は返金されないので、その点に気をつけて運用しましょう。

お金を引き出せないのはデメリットだけど、上手くも使える!

タケ

貯金をすぐに使っちゃう人はソーシャルレンディングで引き出せないのがメリットにもなり得る。お金を使わなくなるから、お金が貯まる。

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングの貸し倒れを回避する手段

デメリットを100%回避することはできません。

ただ、デメリットを回避する確率を上げる手段はあります。分散投資と業者選びです。

分散投資は絶対

10万円を1つの案件に投資するのと1万円を10個の案件に投資するのでは10個に分散した方がリスクは減ります。

分散投資は絶対です。

仮に10万円を投資した案件が貸し倒れになってしまった場合は投資資金がゼロになってしまいます。

それはいけないので、一気に利回りを得ようとせず、分散して着実に利回りを得ていくことが重要です。

私の場合は最初1ヶ月に1万円ずつ投資していました。(当然別案件)

初めは1ヶ月1万円投資が結構いい。

タケ

分散投資にもなるし、勉強にもなる。もう少しお金をかけれる人は1ヶ月3万円・5万円と額を増やしていこう!

もう一人のタケ

業者選び

ソーシャルレンディング業者はたくさんありますが、業者選びは重要です。

実際に貸し倒れが起こっている業者もありますし、そういったこととは無縁の業者もあります。

業者選びがものすごく大事なんですが、最も大事なのは訴訟が起こってないかです。

実際に貸し倒れが起こったケースで、募集案件の記載事項に虚偽があったとして、訴訟が起こっている業者もあります。

なので、業者選びの際は「ソーシャルレンディング 訴訟」などといった単語で検索してみてください。

ちなみに、2019年時点ではfundsかOwnersBook・クラウドバンクを私なら選びます。

これは過去の貸し倒れと現在の人気度を照らし合わせた結果で、fundsとOwnersBookはかなり人気なので、すぐに募集終了になります。

他の投資と比較した時のソーシャルレンディングの位置付け

ソーシャルレンディングを始めようとされている方は当然ながら、投資に興味を持っていることと思います。

実際、他の投資と比較した時にソーシャルレンディングはどうなのでしょうか?

他の投資と比較して簡潔にまとめました。

  • 長期運用したい場合はつみたてNISAロボアドバイザー
  • 1年ほどの短期で、あまり手を掛けたくない場合はソーシャルレンディング
  • 短期間で運用益をガッツリ狙う場合は株式投資

という感じです。

長期運用は15年〜20年以上の投資なので、そこまで長期間で投資するかわからないという人はソーシャルレンディングがオススメ。

あまり手を掛けずにできるので、忙しい方や投資に時間を割けない人にはかなり有効です。

ソーシャルレンディングでも長期にできる

ソーシャルレンディングは半年〜2年ぐらいで運用が終了してしまいますが、それを繰り返せば長期投資にもなります。

  • 運用→運用終了→またすぐに運用

というサイクルを繰り返していけば、10年スパンで見ればだいぶ利回りをゲットできます。

運用益をまた投資に使っていく複利効果をソーシャルレンディングで行った時のシミュレーションを以下の表にまとめました(年利回り5%想定)

年数運用元本運用益
1年目100万円105万円
2年目105万円110万2500円
3年目110万2500円115万7625円
4年目115万7625円121万5506円
5年目121万5506円127万6281円
6年目127万6281円134万95円
7年目134万95円140万7099円
8年目140万7099円147万7454円
9年目147万7454円155万1327円
10年目155万1327円162万8893円

塵も積もれば山となるではないですが、100万円を年利回り5%で運用するとこんな感じの表になります。

ただ単に貯金するよりもいいとは思いませんか?

時間は掛かりますが、運用を続けていくことで資産を増やす可能性は大きく上がっていくのです。

淡々と増やしていけるのが長期運用の魅力。

タケ

短期の積み重ね=長期という考え方!

もう一人のタケ

フリーターでも開始できたソーシャルレンディング業者

フリーターでも始められたでソーシャルレンディング業者をここでは挙げて行きます。

アルバイト先を勤務先にして、年収150万円以下の場合ですと登録をお断りされたりしたこともありました笑

ほとんどのソーシャルレンディング業者では無事口座を開設でき、実際に運用している業者を見ていきます。

funds

fundsの魅力は1円から投資できること。

この魅力はどの

私の運営している兄弟ブログにその詳細や登録方法が書いてますので、そちらもご覧ください。

OwnersBook

fundsは1円からできるので、かなり気軽にできるんですが、人気がすごいので、あっという間に投資案件の募集が終了してしまいます。

そんな時にはOwnersBookが不動産担保付きです。

不動産投資が1万円からできるという利点があり、プロが選定した案件のみに投資することができます。

こちらも参考記事がありますので、あわせてご覧ください。

ソーシャルレンディングの始め方

ソーシャルレンディングはどの業者を使うにしても

  1. 口座開設
  2. 審査終了
  3. 口座に入金
  4. 投資案件にお金を入れる

この4つのステップで完了となり、登録に掛かる時間は10分〜15分程度です。

審査がありますが、先ほども申し上げたように、アルバイト勤務先を提出した私でも審査に通ってます。

口座開設自体は無料なので、気軽に開いてみるのがいいかもしれませんね。

アルバイトでも投資できるなんて驚き。

タケ

ソーシャルレンディングの登録から、私の鬼投資が始まったと言っても過言ではない。

もう一人のタケ

まとめ:ソーシャルレンディングってどう?始め方を徹底解説

ソーシャルレンディングの始め方に関する解説は以上です。

メリットもデメリットもありますが、一番のメリットは初心者の始めやすさ、一番のデメリットは貸し倒れです。

投資初心者の人が始めやすい投資ではありますので、超少額で最初はやってみるといい勉強になります。

少額で始める場合は1円から運用ができるfundsがあっているかと思います。

少し長くなりましたが、投資の参考にしていただければ幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

Comment

  1. […] ソーシャルレンディングってどう?フリーターでもできた運用の始め方 […]

  2. […] ソーシャルレンディングってどう?フリーターでもできた運用の始め方 […]

  3. […] ソーシャルレンディングってどう?フリーターでもできた運用の始め方 […]

  4. […] ソーシャルレンディングってどう?フリーターでもできた運用の始め方 […]

  5. […] ソーシャルレンディングってどう?フリーターでもできた運用の始め方 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.