元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

ウェルスナビはいつから投資!いつでもいいけど暴落時はチャンス!

 
ウェルスナビはいつから投資!いつでもいいけど暴落時はチャンス!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

ウェルスナビはいつから投資したらいいの?

タケ

暴落時が実はチャンス!?投資タイミングについて解説していくよ!

もう一人のタケ

自動で運用できるロボアドバイザーウェルスナビ。

その投資タイミングはいつがいいのかについて、今回はまとめました。

早い段階で投資した方が複利効果で運用益は積み重なっていくんですが、その中でも暴落時の方が始めやすいと言えます。

  • なぜ暴落した後の方が投資を始めやすいのか?
  • 早めに投資を始めるメリットはどこにあるのか?

暴落時におけるウェルスナビの運用はどのようなものになるのでしょうか?

ウェルスナビはいつから投資するのがいいのか?

ウェルスナビはいつから投資するのがいいのか?

ウェルスナビはいつから投資するのがいいのか?

この質問に対する結論はできるだけ早いタイミングで始めた方がいいというのが答えです。

これはなぜかと言いますと、複利効果が密接に関係してきます。

こちらは金融庁が公開している複利効果の図ですが、早く投資を始めることによって、運用益が少しずつ膨れ上がっていきます。

実際にはマイナスもあるので、これほど順調に積み重なっていくことはないんですが、早めに資産を買うと運用益が出るのも早く、経験も早く積めます。

資産を買うタイミングが早いと運用益がだんだん積み上がっていくよ。

タケ

複利の効果がある。でも、運用し始めた瞬間に大暴落が来たらどうすればいいんだろう??

もう一人のタケ

投資した後に暴落がきたらどうするの?

早く投資した方がいいとは言うものの、投資した直後に暴落がきてしまうケースもあるでしょう。

このようなケースではどうしたらいいのでしょうか?

ウェルスナビではリーマンショックが起こる直前に投資を始めたケースでのシミュレーションを行っています。

このケースを見ますと最初の数年はマイナスになっていますが、その後はプラスに転換しています。

なので、暴落前に始めてしまったとしても淡々と積み立てていけば、経済の回復とともに運用益はプラスになるというのがウェルスナビの考え方です。

投資した後に一気にマイナスになるケースもある。

タケ

ただ、その後も淡々と積立をしていくことによって、最終的なプラスを目指していくよ。

もう一人のタケ

ウェルスナビに投資するのは暴落時が一番チャンスな理由!

ウェルスナビへの投資タイミングは早い方がいいですが、その中でも暴落時が最もチャンスがあります。

それは一体なぜなのでしょうか?

暴落した後は下落幅が限定されている

ウェルスナビ運用診断に基づく資産シミュレーション

リーマンショック後、資産はマイナスになっていますが、このマイナスの時に運用を始めることができれば、資産マイナス額は少なくなります。

暴落時は暴落直前が最もマイナスになるわけですが、1回暴落してしまった後は

  • ある程度下落幅が限定されてくる
  • さらにマイナスになるケースも想定されるが、それでもマイナスに幅は限定

暴落後はマイナス幅が少なくなるのがチャンスだと言える理由です。

暴落した後はマイナスになる要素が少なくなっている。マイナスはあり得るけど、マイナスの幅は少ない。

タケ

なので、投資を始めてからマイナス50%とかになる可能性が少ないのが利点。

もう一人のタケ

コロナショックを例に解説

コロナショック直前のNYダウは2万9000ドルを超えるほどになっていました。

しかし、その後は一時2万ドルを割れるほどまでに下落し、この記事を書いている時点では2万3000ドルまで上昇してきています。

再び下落する可能性も十分にありますが、

【マイナス幅が少ない理由】

  1. 2万9000ドル→1万8000ドルまで1回下落し、1万ドル以上下落した
  2. 現在2万3000ドルでここから1万ドル下げるとなると、1万3000ドル
  3. ここまで下がるのは考えにくく、マイナス幅は限定されていると言える

現時点からさらに下落したとしても、暴落前よりマイナスが大きくなる可能性は少ないと言えます。

【大きく下がった後はマイナス幅が限定されている】

マイナスになる前は暴落リスクがあるけど、1回暴落した後はそれほど大きなマイナスにはならない。

タケ

暴落後は投資を始めるには悪くないタイミング。特に長期投資はチャンスとも言える。

もう一人のタケ

大暴落は10年に1回ぐらいしかこない

これまでの歴史上、コロナショックの前の大きな金融危機はリーマンショックだと言えます。

下落幅が30%以上になる局面は10年に1回ぐらいしかないので、回数的にはかなり少ないです。

ということは、大暴落からの上昇を取れるチャンスは10年に1回ほどしかないと言え、そのチャンスを逃すのは少しもったいないです。

【暴落に対する考え方】

  • 暴落に巻き込まれてしまうと大変だけど、暴落してしまった後は上昇のチャンスになる
  • 過去の歴史を見ていくと暴落の後にはプラスがやってきている
  • 下落率30%を超えるような大暴落は10年に1回ぐらいしかない

暴落時に投資を始められるチャンスはそこまでないので、実際に投資を始めたいという人は大きなチャンスだと言えます。

暴落の後は上昇してきた歴史が過去にはある。

タケ

このような歴史がある以上、暴落時にはチャンスがあると考えるてもいい。マイナス幅も限定されているので、投資は始めやすいよ。

もう一人のタケ

ウェルスナビはいつから→できるだけ早く+暴落が重なるといい(他の投資にも応用可能)

ウェルスナビはいつから→できるだけ早く+暴落が重なるといい(他の投資にも応用可能)

私がウェルスナビの運用を始めたタイミングは株価がそこそこ好調のタイミングだったので、現状はマイナスになっています。

ですが、ウェルスナビのシミュレーションを見ると長期的にはプランになっていますので、淡々と投資を続けている最中です。

何度も出すこのシミュレーションですが、これはウェルスナビだけに当てはまるものではありません。

他のロボアドバイザーでもそうですし、世界経済全体に投資する場合でも同様のことが言えます。

暴落後はしばらく揉み合いが続いて、そのあとで上昇しているのがこれまでの歴史の流れ。

タケ

暴落はピンチと捉えるのではなく、チャンス捉えよう。

もう一人のタケ

タケは利回り10%以上狙いのハイリスク・ハイリターン戦略

私タケはウェルスナビでの運用していますが、運用の中心は利回り10%以上狙いのハイリスク・ハイリターン戦略です。

ウェルスナビはどちらかと言いますと、老後に向けてじっくりと資産を増やしていく運用。

私の運用は10年ぐらいのスパンで資産を一気に拡大させる戦略です。

【私の運用方針の特徴】

  • ウェルスナビは軽く運用
  • 10年ぐらいのスパンで運用額を2倍上にするのがタケの戦略
  • ハイリスク・ハイリターン

暴落時における戦略は以下の記事で解説していますので、ハイリスク・ハイリターン戦略に興味がある方はこちらを参考にしてみてください。

【タケの株価指数CFD戦略はこちら】

2020年暴落でも動じない利回り10%狙いの投資戦術

【老後に向けて着実に運用していきたい方はこちら】

ウェルスナビ

ハイリスク・ハイリターンの投資戦術も公開しているよ!

タケ

10年以内にで資産を大きく増やしたい人向け。リスクも大きいからその点には注意が必要だよ。

もう一人のタケ

まとめ:ウェルスナビはいつから投資するのか?暴落時はチャンスの理由

まとめ:ウェルスナビはいつから投資するのか?暴落時はチャンスの理由

今回はウェルスナビはいつから投資すればいいのかについてまとめました。

投資をするタイミングに関しては

【ウェルスナビに投資するタイミング】

  • 複利効果を考えれば、できるだけ早いタイミングの方がいい
  • 暴落した後はマイナス幅が小さくなる
  • 大暴落の後は上昇してきている歴史がある
  • 大暴落は10年に1回ぐらいしかこない

こういうことを考えると、暴落した後はチャンスだと言えます。

ウェルスナビでは運用シミュレーションもできますので、そちらも参考にしてみてください。

【ウェルスナビの詳細はこちら】

【ウェルスナビを1万円で始める場合はウェルスナビforネオモバ】

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.