貯金ゼロ男が運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

ウェルスナビは50代の人こそ注目したい理由!投資プランも解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

自動運用できるウェルスナビは50代以上の人こそ注目しておきたい!?。

タケ

なぜ注目しておきたいのか記事にまとめたよ!

もう一人のタケ

ウェルスナビは50代の人こそ注目しておきたい!?

最近話題になっている自動運用ですが、50代の人こそ注目しておきたいサービスです。

  • 機械で運用するなんて、若くないからわからない
  • 若者向けのサービスじゃないの?

と思う人がいるかもしれませんが、ウェルスナビは50代の人が始めやすいサービスで、ネットを使う投資の中でも比較的簡単にできます。

なぜ、そのように言えるのか?

今回はロボアドバイザーウェルスナビは50代の人こそ注目したい理由と具体的な投資戦略をまとめました。

ウェルスナビは50代の人こそ注目しておきたい!

ウェルスナビは50代の人こそ注目しておきたい!

ウェルスナビは50代の人こそ注目しておきたいサービスです。

まず投資でやってはいけないことが銀行や証券会社の窓口で相談してしまうこと。

  • 窓口で相談すると、手数料が高い投資信託などを勧められてしまう
  • 銀行や証券会社に利益のある商品を購入してしまいがち

という理由から、基本的に投資はネットからやらないと運用益を取ることができません。

ただ、50代の方はネットから投資をするのがそれほど簡単ではないはずです。

そこで、ウェルスナビ

そんな50代の方が始めやすい投資として、ロボアドバイザーがあります。

お金を入れるだけで自動運用してくれるので、難易度が圧倒的に下がるのがメリット。

リーマンショック前から10年間運用した時のシミュレーションも好調です。

長期で運用すればするほどロボアドバイザーは効果的で、短期で運用せず長期で老後の資産形成に使うのがウェルスナビです。

10年以上のスパンで長期運用するのが効果的。自動運用できるのが楽チン。

タケ

短期間でだとマイナスになる確率が高いけど、長期になればなるほどマイナスの確率が落ちていくよ!

もう一人のタケ

SBIネオモバイル証券からだとウェルスナビに1万円から投資

SBIネオモバイル証券からだと1万円からウェルスナビに投資することができます。

  • ウェルスナビ:最低投資金額10万円
  • ウェルスナビforネオモバ:最低投資金額1万円

本格的な運用をするなら、ウェルスナビで本格運用した方が長期割などの特典が受けられるのでお得です。

初期投資金額を10万円未満にしたい場合はウェルスナビforネオモバがおすすめです。

初期投資金額によって、どちらのするか使い分けましょう!

【ウェルスナビとウェルスナビforネオモバの公式サイト】

ウェルスナビとウェルスナビforネオモバがある。10万円からの運用か1万円の運用かの違い。

タケ

本格的な運用ならウェルスナビで、長期割がある。運用自体にそこまで大きな違いはない。

もう一人のタケ

ウェルスナビは50代の人こそ注目しておきたい理由

ウェルスナビは50代の人こそ注目しておきたい理由は

  • シンプルに操作できるから
  • 出金手続きが簡単だから

この2つが大きな理由です。

シンプルに操作できるから

ウェルスナビは運用が簡単な点が大きなメリットです。

  • 口座開設までに必要なことが簡単
  • 数分で終わる質問に答えて、初期投資金額と積立金額を設定するだけ

デメリットとしては自分で銘柄を選定するより手数料が高くなってしまうことですが、ウェルスナビの手数料は「預かり資産の1%(現金部分を除く、年率・税別)」

自分で銘柄を選定すると手数料0.5%以下にすることも可能ですが、その分手間が掛かります。

こういった手間を省けるのがロボアドバイザーの特徴であり、高齢になればなるほど手軽に投資できるメリットは大きくなると言えるでしょう。

ウェルスナビは手数料が少し高いけど、手間を極力なくした投資。

タケ

手間を削減することは大事。そして、もっと考えておきたいのは出金時のこと。

もう一人のタケ

出金の手続きが簡単だから

50代から運用を始めるとなると出金するのは60代ということになります。

難しい投資をしてしまった場合、「投資を始めた頃は簡単にできたけど、出金のやり方がわからない」なんてことも!

出金の時はさらに高齢になっているということも想定しておきたいところです。

  • 投資を始める時ではなく、出金時の年齢も考えておかないといけない
  • 出金は10年後以降になるので、出金手続きが簡単な投資の方がいい

出金の手続きが簡単な方がいいので、ロボアドバイザーは50代の方が知っておきたい投資になります。

投資を始める時のことだけじゃなくて、投資を終わらせる時のことも考えておかないといけないよ。

タケ

ロボアドバイザーの投資は10年スパンで行う。だからこそ、出金が簡単じゃないとダメ。ロボアドバイザーの操作は簡単。

もう一人のタケ

ウェルスナビを50代の人がやるための具体的な戦略

ウェルスナビを50代の人がやるための具体的な戦略

ウェルスナビを50代の人がやるための戦略は

  1. まず最低投資金額を10万円投資
  2. 投資金額を5年に分割
  3. 10年で投資終了(マイナス運用ならプラスになるまで待つ)

この戦略について、詳しく見ていきます。

まず最低投資金額10万円を投資

まずは最低投資金額10万円を投資します。

投資金額が1000万円あったとしても、最初の投資金額が小さくてOKです。

  • 投資資金がいくらあろうと、ウェルスナビに最低投資金額10万円を投資
  • 投資金額を10万円未満にしたい場合はSBIネオモバイル証券のウェルスナビforネオモバでスタート
  • 投資金額が大きい人は積立金額を大きくすることで対応する

大事なのは毎月積立することなので、しっかりと積立設定をしていきましょう!

まず最初は最低投資金額で投資してOK。

タケ

いきなり大金を投資するのはNGです。初期投資金額は小さく。

もう一人のタケ

投資金額を5年に分割

投資資金が仮に1000万円あるとしたら、その1000万円を5年に分割します。

1年あたり200万円になるので、それをさらに12ヶ月に分割すると1ヶ月あたり16万6666円。

なので、毎月の積み立て金額は16万円か17万円となります(どちらでもOKです)

【積立金額の考え方】

  • 投資金額を5年間に分割
  • 1ヶ月あたりの積立金額を算出
  • 毎月その金額を積み立てる
  • 毎月の給料の一部を積立に回すでもOK

大事なのは最初に大金を投資するのではなく、分割して積立投資することです。

5年目以降もできる限り積立投資できる場合は継続していきましょう!

積立期間は長ければ長い方がいいけど、基本的には5年に分割すれば十分。

タケ

最初に高額をいきなり運用するのだけはNG。1000万円投資資金があったとして、いきなりそれを注ぎ込んではいけないよ。

もう一人のタケ

10年で投資終了(マイナスならプラスになるまで待つ)

運用期間は長ければ長い方がいいですが、50代で投資を始めた場合は10年間が基本的な運用期間になります。

その理由としましては

  • 15年・20年運用した場合、出金するのが70代になってしまう
  • 70代でパソコンを使って出金するのは簡単じゃない
  • 60代のうちに運用を終了させるのが理想

60代のうちに出金しておきたいので、10年程度が運用としては理想でしょう。

ただ、10年後にちょうど金融危機が起こっている可能性もあります。

そのような場合はプラスになるまでしっかり待っておくことが大切です。

金融危機は数年で回復していくケースがほとんど。だから、プラスになるまで数年間待てばプラス運用で終えられる可能性が高い。

タケ

マイナスで運用を終えてはいけないよ。少し我慢すればプラス運用に持っていける!

もう一人のタケ

まとめ:ウェルスナビは50代の人こそ注目したい理由

ウェルスナビは50代の人こそ注目したい理由を今回はまとめました。

【50代の方こそウェルスナビに注目したい理由】

  • ウェルスナビは手数料が少し高いけど、投資の手間を省いてくれるサービス
  • 投資を窓口で行うのは危険、ネットから行う必要がある
  • 自動で運用でき、出金も簡単にできる

ネットで簡単にできる投資なので、始めやすいのがウェルスナビの特徴です。

初期投資金額が10万円以上の場合は通常のウェルスナビ、初期投資金額が10万円未満の場合はウェルスナビforネオモバで開始できます。

公式サイトから運用シミュレーションもできますので、ぜひ活用してみてください。

【ウェルスナビとウェルスナビforネオモバの公式サイトはこちら】

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。