元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

仮想通貨が暴落したらまず何をすればいいのか?対策を徹底まとめ!

 
仮想通貨が暴落したらまず何をすればいいのか?対策を徹底まとめ!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

仮想通貨が暴落した時は一体何をしたらいいの?

タケ

暴落が起きた時、実は手詰まり感が半端ない・・・

もう一人のタケ

今回は仮想通貨が暴落した時にできることはあるのかを解説します。

投資をする上で一番大事なのは暴落時にどういう行動を取るかをあらかじめ決めておくこと。

  1. 暴落してから決める
  2. 暴落時に慌てる
  3. 冷静に対処できなくなる

暴落への対処を考えておかないと、冷静に対処することができなくなります。

仮想通貨の暴落に対して、どう対処したらいいのか?

そのキーワードはリスク分散と仮想通貨以外の投資です。

仮想通貨が暴落した時の対策の欠点

株式投資の場合は下落した時に

  • 損切りする
  • 業績の伸びに期待して、保有し続ける

など、会社の業績を見つつ投資判断を行うことができますが、仮想通貨の場合はかなり判断が難しいです。

何を基準に価格が上がるのかが見極めずらい状況にあり、暴落した時にできることが少ないのが現状。

下落した時にできる対策はなく、我慢できない水準まで価格が下がった時に損切りするぐらいしかできることがありません。

仮想通貨はなぜ価格が上昇するのかが読みにくい。

タケ

経済指標との関連性も見つけずらく、下落した時にできることが少ない。リスクが高い。

もう一人のタケ

仮想通貨はギャンブル性が高い

仮想通貨はギャンブル性が高い投資で、投資とは言いにくい面があります。

投資というのは

  • 今後成長するものに、お金を使っていく
  • 下落した時に対策がある

今後の成長を期待して、具体的な投資判断があってこそ投資になりますが、仮想通貨は上がるか下がるかを当てるような状況。

かなりギャンブル的な投資であり、ハイリスク・ハイリターンです。

仮想通貨はギャンブル性が高い投資になっているよ。

タケ

ハイリスク・ハイリターンな投資。暴落できることにやれる策もそれほどない。

もう一人のタケ

仮想通貨はやるなら下がるのを待ってやる

仮想通貨をやるなら、暴落が起こった後か過去の水準から見ても価格が低い時に投資していった方がいいでしょう。

過去のビットコインの価格を見ると

  • 仮想通貨バブルの時は200万円ほどまで上昇
  • その後、40万円以下まで下落
  • 2019年に130万円以上まで上昇
  • 2019年後半は100万円

仮想通貨バブル以降は40万円〜130万円ぐらいで推移してますので、100万円以上で買うのは下落するリスクが高いと考えられます。

仮想通貨の過去チャートを見ておくことが必要。

タケ

コインチェックのような流出リスクもあるので、それが怖い。

もう一人のタケ

株式投資とは違う理論

株式投資は上昇トレンドを捉える方がいいとされています。

下がった時に買うというよりは業績がよく、株価が上昇傾向にあるものを買っていくのが基本ですが、仮想通貨の関してはそのような傾向が見られません。

  • 上がったとしても上がり続けない
  • 上がったり下がったりを繰り返している

これが2019年の仮想通貨の現状なので、ある程度下がった地点で若干上昇に転じた時に買うのがいいでしょう。

ただ、仮想通貨は価格の上下の判断が非常に難しいので、あまりオススメできません。

仮想通貨はどのように価格が上下動するのかが見極めずらい。

タケ

他の投資の理論を仮想通貨に応用することが難しい。ほぼギャンブルになってしまう

もう一人のタケ

仮想通貨は投資経験にならない

仮想通貨はギャンブル的な要素が多いので、はっきり言って投資経験にはなりません。

仮想通貨で仮に儲かったとしても、再現性が乏しく、運がよかっただけ。

  • 株式投資をやって、安定して株で勝てるようになった
  • FXをやって、安定して利益を上げられるようになった

これらの投資だと投資経験が投資スキルになりますが、仮想通貨は投資スキルになっていきません。

宝くじをたくさん買ってもスキルが上がらないのと同じように、仮想通貨をたくさん買ってもスキルは上がらない。

ここをしっかり押さえて、投資していく必要があるでしょう。

【仮想通貨をやる場合は以下から】

仮想通貨をやる場合はギャンブルをやっていると認識してやる必要がある。

タケ

長期的な資産形成は期待できない。

もう一人のタケ

仮想通貨の暴落に対処するには他の投資でリスク分散

仮想通貨が30%下落してしまったら、ショックを受けるはず。にも関わらず、実際に暴落した時にできる対処は仮想通貨では限られています。

では、対策としてはどうなるかというと、他の投資を駆使して、リスクを分散するという方法になります。

他の投資を駆使していれば、仮想通貨は暴落したとしても他の投資では利益が得られる状況を作ることができます。

仮想通貨への集中投資は一気に儲かる可能性もあるけど、一気に損する可能性もある。

タケ

リスク分散をしておくことによって、損が少しずつ減っていきますよ!

もう一人のタケ

初心者が知っておきたい投資

では、具体的にどのような投資をしたらいいのでしょうか?

投資初心者が知っておきたい投資をまとめました。

投資の種類特徴業者
ソーシャルレンディング・少額で投資できる(1万円以内でも可能)
・運用期間終了を待つだけの投資
・運用期間は1年前後(案件による)
・損切りがないので、初心者向け
クラウドバンク(1万円〜)
【少額投資】funds(1円〜)
株式投資・数万円〜数十万円で投資できる
・ハイリスク・ハイリターン
・長期的に投資スキル
SBI証券

投資初心者の方の場合は自分に合った投資を見つけることがまずは大事です。

私の場合はFXの一種「トラリピ」への投資が多いですが、ハイリスク・ハイリターンで、初心者の方にはかなり難しい投資。

なので、まずは表にあるような初心者向けの投資や将来に役立つ投資から始めていくのがいいでしょう。

投資は経験を積んでいけば、上達していくもの。

タケ

ただ、仮想通貨はギャンブルに近いので、株式投資や待つだけで運用できるソーシャルレンディングなどに分散して、リスクを分けていくと一気に損することがなくなる。

もう一人のタケ

まとめ:仮想通貨暴落時の対応はどうしたらいい?

仮想通貨が暴落した時に、対応策があまりないのが仮想通貨の欠点です。

暴落した時は大損してしまうことになるので、まずは仮想通貨以外の投資を活用して、リスクを分散させておくとメンタル的に楽。

「仮想通貨は下落したけど、他はそれほど落ちてない」

この状況を作ることができれば、仮想通貨を焦って手放したりはしなくなります。

他の投資を使って、少しずつ仮想通貨への投資比率を落としてリスク分散しましょう。

仮想通貨はギャンブル性の高い上下動の激しいハイリスク・ハイリターンなものなので、常にリスク管理を頭に入れて運用してください!

 

元月収10万円でもできる

2020年利回り10%狙いの投資戦略

株価大暴落で、戦略を変更

利回り10%狙いの投資に切り替えました。

無料noteで公開中!

2020年暴落でも動じない利回り10%超えの投資戦術

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

【各投資の運用実績を公開しています】

利回り10%超えのハイリスク・ハイリターン投資「トラリピ」
トラリピの運用記録をブログで全公開!いい点とダメな点はどこ?

毎月分配で年利6%超えのほったらかし運用「クラウドバンク」

クラウドバンクをやってみた!感想と実績を包み隠さず公開!

毎月の価格調整額(配当)メインのハイリスク・ハイリターン投資「株価指数CFD」

株価指数CFDの始め方と運用実績

長期ほったらかしの自動運用「ウェルスナビ」

ウェルスナビをやってみた!運用実績を公開(最新情報更新)

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

 

【Twitter運用中】




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.