元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

トラリピの最低資金は20万円でもいける?必要金額を検証!

 
トラリピの最低資金は20万円でもいける?必要金額を検証!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

トラリピを運用するにはいくらぐらいのお金が必要?

タケ

今回はトラリピの最低必要金額についてまとめたよ。

もう一人のタケ

トラリピに必要な最低金額っていくら?

トラリピを始めたいけど、できることなら少なく始めたいという人はそれなりにいるのではないでしょうか?

今回はそんなあなたに向けて、トラリピの最低金額を検証してみました。

  • トラリピを安くで始めてみたい人
  • どうやって最低金額を算出するか知っておきたい人

は是非参考にしてみてください。

トラリピの必要最低資金は20万円でいける?

トラリピの必要最低資金は20万円でいける?

多くのブログやサイトでは30万円を最低資金にしているケースが多いですが、20万円でもギリギリいけないことはないというのが私の考えです。

30万円あった方が安心ではありますので、そこは抑えていただきたいポイントですが、20万円であればギリギリ運用できるラインではあります。

ただ、リスクは当然ながら上がってしまうので、

  • なぜ20万円でギリギリ運用できると考えるのか?
  • 30万円あった方が安心な理由

をここから詳しく解説します。

トラリピの最低資金が20万円でもギリギリOKだと考える理由

トラリピを少額で運用する時に考えないといけないのは通貨ペアです。

通貨ペアによっては20万円どころか30万円でも運用が厳しい通過があります。

なので、どの通貨ペアで運用するのかが非常に重要なんですが、少額で運用する場合は加ドル/円が運用しやすいです。

加ドル/円の運用試算表

加ドル/円の過去5年のチャートを見てみると74円〜106円になっていて、それを半分に分けるので、74円〜90円が買い注文、90円〜106円が売り注文になります。

半分に分けるのは必要最低金額を低くするためで、トラリピの運用の代表的な方法です。

そして、74円〜90円、運用資金30万円、トラップ値幅0.800円で試算してみると

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-19-6.12.14-1024x508.png です

必要資金の合計は23万6880円となります。

この数値の意味は「23万6880円あれば、90円→74円の真っ逆さまな急落に耐えられる(多少変動はある)」という意味です。

最低資金が30万円必要だというのはこの値をもとに考えられていて、74円からさらに下落するケースも想定して、30万円になっています。

基本的に30万円で始める方が安心感があるのはこのような理由からです。

30万円で運用する方が安心感がある。

タケ

じゃあ、20万円で始めてもギリギリ運用できる理由はどこにあるんだろう。

もう一人のタケ

20万円でもギリギリ運用できる理由

「必要資金の合計が23万6880円で、20万円の必要資金だと足りないじゃん!」

と思う人がいるかと思いますが、あくまで必要資金は90円→74円に真っ逆さまに下落したケースです。

実際には上下動を繰り返すので、運用益が多少出つつ下落していきます。

また、現在加ドル/円は80円前後を行ったりきたりの位置です。

つまり、

【20万円運用の考え方】

  • 現在80円前後で推移しているので、90円→74円への下落はすぐには起こらない
  • 仮に83円から下落したとしたら、70円を切るところぐらいまでは耐えられる
  • 実際は一気に下落するのではなく、上下動を繰り返すので、若干の運用益は出ている

→20万円でも足りる

これが20万円で運用する際の考え方です。

過去の予想レンジをはみ出してしまった場合などはロスカットの可能性が高くなるので、そこが20万円運用の弱点です。

90円→70円代前半に急下落することはないと予想しての20万円運用。

タケ

現在80円前後なので、今この瞬間に始めれば80円台前半からの下落になる。70円前後まで20万円で耐えられる。

もう一人のタケ

運用してる途中に追加資金を用意する

20万円で運用する場合は追加資金を用意しておきたいところです。

運用して数ヶ月でロスカットになる確率は無いとは言えませんが低いので、その期間でなんとか追加資金を用意しておきましょう。

  1. 20万円で運用する
  2. 運用しながら、追加投入資金を用意する
  3. 30万円前後で運用できるようにする

運用直後に金融危機が起こった場合はロスカットになってしまいますが、そこまで大きな金融危機が起こらない限りは20万円でも運用可能です。

20万円でも運用はできるし、レンジ幅もそれなりに取れる。

タケ

安心できる額ではないけど、運用はできる金額だよ。

もう一人のタケ

トラリピを最低資金20万円で運用する時の設定

ここまでに書いてきたことを踏まえて、トラリピを20万円で運用するときの方法をまとめました。

【トラリピを20万円で始める方法】

  • リーマンショック直後は考えから外す
  • 加ドル円:74.2円〜90.2円、91〜107円
  • レンジ幅は0.800円間隔にする
  • 0.1万通貨
  • 決済トレール、ストップロスのチェックを外す
  • 1回のリピートで狙う利益700円
  • 74円に近づいてきたら、追加で資金を投入する

加ドル円で運用して、追加資金を準備しておきます。

そして、運用に慣れてきたら、さらに運用額を大きくするかトラリピから撤退するかを判断してください。

20万円では運用資金が少ないので、運用益もそれほど大きな金額は出ません。

運用益を上げていきたい場合は運用額を上げて、本格的な運用をしていくことになります。

トラリピの20万円設定はこの通りだよ。

タケ

20万円以下になると流石に厳しい。20万円以下のトラリピ運用は諦めよう。

もう一人のタケ

トラリピの運用実績は利回り10%をやや超える程度

私の設定では200万円を運用している場合の1年間のリターンは20万円前後になる計算です。

なので、利回り10%ほどになります。

毎月の運用を記録していますが、おおよそ利回り10%ほどのペースで決済していて、好調な月はさらに決済ペースが上がってきている状態です。

毎月の運用実績に関しては別記事にまとめてますので、そちらを参考にしてみてください。

トラリピの運用益は10%を超えるぐらいになってるよ。

タケ

設定によって運用益は変わってくる。どんな設定をするかがものすごく大事。

もう一人のタケ

トラリピを設定する時は運用試算表を使おう

トラリピを設定する時は運用試算表を自分で操作した方がいいです。

設定を真似するだけではなくて、運用試算表を活用した方が自分の力になります。

いろんな数字の見方がわかっているに越したことがないので、運用試算表は活用するようにしましょう!

トラリピを設定する時には運用試算表を使おう!

タケ

運用試算表の意味がわかれば、どんな設定をしているかもだいぶ見えてくる。運用試算表の意味がわかって投資するのとそうじゃないのでは全然違う!

もう一人のタケ

まとめ:トラリピの最低資金は20万円でもOK!ただ、追加資金を準備しよう!

まとめ:トラリピの最低資金は20万円でもOK!ただ、追加資金を準備しよう!

トラリピの最低資金は20万円でもOKです。

ただし、そこまで余裕がある投資資金とは言えないので、運用しつつ追加資金を準備するようにしましょう!

トラリピ20万円の設定は

【トラリピを20万円で始める方法】

  • リーマンショック直後は考えから外す
  • 加ドル円:74.2円〜90.2円、91〜107円
  • レンジ幅は0.800円間隔にする
  • 0.1万通貨
  • 決済トレール、ストップロスのチェックを外す
  • 1回のリピートで狙う利益700円
  • 74円に近づいてきたら、追加で資金を投入する

運用試算表を使って、投資をした方が力になるので、トラリピ運用試算表を使ってみてください。

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.