貧乏でも運用額500万円突破

3万円以内でできるイギリス100価格調整額戦略(利回り10%狙い)

トラリピ設定10万円で運用できるかあらゆるケースを分析してみた!

 
トラリピ設定10万円で運用できるかあらゆるケースを分析してみた!
この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

トラリピの設定は10万円でできるものなの?

タケ

今回はトラリピの設定を10万円で組んだ時のことを分析してみるよ。

もう一人のタケ

今回はトラリピを10万円で運用できるのかについて。

トラリピをハイリスク・ハイリターンで、10万円以上で運用するのが基本です。

最低でも20万円〜30万円で運用したいところですが、10万円で運用した場合はどうなるのでしょうか?

  • 10万円で運用した時のリスク
  • どのような設定が10万円では組めるのか?

このあたりについて解説していきます。

トラリピ設定は10万円でできるのかを分析

トラリピはもう少し大きな資金でやるものなので、基本的に資金をもう少し用意できる人は10万円でやるべきではありません。

金額が小さすぎるので、あらゆることを検証しなければならなかったんですが、

  • どの通貨が最もよさそうなのか?
  • ロスカットの可能性を下げるためにはどの通貨がいいのか
  • どのレンジがいいのか

これらの点を検証してみました。

実際に10万円で運用した時のリスクはどのようになるのでしょうか?

10万円で運用した時のリスクを考えていくよ!

タケ

ロスカットレートなども全部計算したから、参考にしてみてね。想定は少額で運用しやすい通貨に絞ったよ。

もう一人のタケ

トラリピ設定を10万円で組んだ時の各通貨のロスカット レート

トラリピを10万円で組んだ時のロスカットレートを想定してみました。

運用試算表を使って想定していますが、運用試算表に関しては別記事で解説しています。

その記事の内容に沿って想定してますので、運用試算表について詳しく知りたい方は以下の記事を最初に読んでください。

どんな想定か知りたいだけの方はこのまま読み進めていただいて構いません。

ドル円

ドル円で10万円で運用した時の設定とロスカットレートを計算すると

10万円での運用設定
運用試算表の結果

75.2円〜100円の幅で仕掛け、運用資金が10万円だとすると約88円まで耐えられる設定となっています。

為替は若干変動するので、ロスカットレートもその時々で少し変動するため、だいたい88円になったら、ロスカットと考えていいでしょう。

運用ではハーフ・ハーフの考え方を採用しているので。売りの方も想定していきます。

10万円の売り設定
10万円売り設定のロスカット レート

この場合のロスカットレートは111.850円で、2019年末のドル円が109円台なので、ロスカットがかなり近づいている値になります。

かなりの不安感と戦わないといけない値になっていて、実際に過去のチャートから見てもロスカットになる確率はそれなりにあります。

最初に10万円で始める場合は常にロスカットレートを気にするようにしないといけない。

タケ

ロスカットレートに近づいたら、資金を追加するかそのままロスカットするかになるよ。。

もう一人のタケ

豪ドル円

豪ドル円の設定について見ていきます。

豪ドル円10万円設定

豪ドル円は2019年末時点で75円台なので、ロスカットの可能性がある数値です。

75.249円でロスカットする条件は85円から一気に下落した場合になりますが、豪ドルは今年70円を切る局面もありました。

なので、10万円での設定はかなり危険な設定になると言えます。

10万円での設定はこんなデメリットあり。

タケ

10万円での設定はリスクがかなり大きいよ。

もう一人のタケ

加ドル円

加ドル円での設定も見ていきます。

加ドル円10万円設定

ロスカットレートは84.267円となっていますが、2019年末の加ドル円は83円台なので、ロスカットの可能性がかなりあります。

10万円設定はロスカットの可能性がかなりある設定しか組めない。

タケ

少し予算が足りないというのが正直なところ。

もう一人のタケ

これらの設定を見ると非常に危険

10万円の設定を見てみると、ロスカットレートに近い値になっていることが多く、リスク的にはかなり大きい運用になります。

なので、初心者の方が最初に運用するケースでも、最低20万円は予算として欲しいところ。

  • 少額で運用するなら、20万円が欲しい
  • 10万円で運用する場合は追加資金を常に用意しておく

この2点が大切になります。

10万円での設定だとロスカットの可能性が高く、ロスカットが起こってしまうとかなりの損になってしまいます。(10万円が半額以下になることもあります)

ロスカットしないようにするのがトラリピでは大事なので、10万円の運用は危険だと認識しておいてくださいね!

トラリピで10万円はかなり危険だと言っていい。非常に危険でリスクが高い。

タケ

では、どうしたらいいのか?トラリピを運用しようか考えている人に読んで欲しい記事があるから、それを紹介するね!

もう一人のタケ

トラリピを始める前にまず読んで欲しい記事

トラリピはハイリスク・ハイリターンな投資なので、投資前にしっかりとリスクを想定し、運用をシミュレーションする必要があります。

それに役立つ記事を2つ用意していて、運用前には必ず読んでいただきたい記事です。

【2つの記事に書いてあること】

  • 運用試算表を使って、リスクを計算する方法
  • 少額でトラリピを運用する方法(20万円)
  • 過去チャートを見て、設定を判断する方法

投資前にリスクを想定できるようになるので、まず最初に読んでいただくことをオススメします。

トラリピを始める前にしっかりとリスクを判断しておくことが重要だよ。

タケ

リスクを判断するためには運用試算表を活用して、自分で設定を決めよう!

もう一人のタケ

トラリピの設定は自分で組めることが大事

トラリピの運用設定に関してはブログでも書いてますし、他のトラリピを運用している人のブログでも見ることができます。

大事なのは真似をするのではなく、自分で設定に対する考えを理解することです。

  • 設定に対する考え方がわからなかったら、とにかく運用試算表を活用する
  • 運用試算表のことでわからないことがないようにする
  • 自分で設定を組めるようになる。または運用設定の真似をする場合はなぜそのような設定か理解できるようになる

自分で設定できないとロスカットが近づいてきた時の対応が分かりませんし、ロスカットが近づいてることすら気づかないこともあり得ます。

まずは運用試算表を使いこなして、トラリピの設定に対する考え方を確立しましょう!

トラリピの設定は自分で組んでいくことが大事。どんなリスクがあって、どんな条件でロスカットするのかを理解しよう。

タケ

運用試算表を使いこなしてから注文!

もう一人のタケ

まとめ:トラリピ設定10万円で運用できるか検討してみた

トラリピは10万円で運用できないこともないですが、かなりリスクが高い運用になります。

【トラリピ 10万円運用で重要なこと】

  • 10万円で運用した場合はロスカットしている可能性が高い(2019年はロスカットした可能性もかなりあり)
  • 最低でも20万円ぐらいは投資資金が欲しい
  • その投資資金が用意できない場合は他の投資をオススメ
  • 運用試算表を必ず使って、運用設定する

このような理由から、10万円での運用はできる限り避けた方がいいでしょう。

【トラリピ運用前に読んで欲しい2記事】

トラリピトレード画面・運用試算表の使い方を解説!注文まで全てわかる

トラリピを少額で始める方法!運用前に必要な知識まとめ

【トラリピより少額で投資を始める方法】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

 

★高利回り狙いの投資★

利回りは5%以上を狙う!

具体的な戦略と実績を公開しています。

 

★あなたに合った投資はどれ?★

収入別・目的別に投資を紹介。

少額で簡単に経験できる投資から、高利回り投資までをまとめてます。

要チェック!

この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA