貯金ゼロ男が運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

トラリピ初心者はいくらから始めるべきかあらゆる視点から徹底検証!

 
トラリピ初心者はいくらから始めるべきかあらゆる視点から徹底検証!
この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

トラリピを始めたいんだけど、一体いくらで運用を始めたらいいの?

タケ

過去のチャートや運用試算表を使って想定してみたよ!

もう一人のタケ

今回はトラリピを初めてやるという人がいくらから始めればいいのかについて記事にしました。

トラリピを初めてみたいという人が最初に立ちはだかる壁が「どれくらいの資金でどのように運用したらいいのかわからない」という壁です。

トラリピは自由に設定できる分、何から手をつければいいのかよくわかりにくいんですよね。

そこで今回は

  • 初心者が知っておきたい運用資金について
  • トラリピ運用の大前提
  • 運用前に必ずやっておきたいこと

これらについてまとめましたので、トラリピに関して興味がある方はぜひ参考にして頂けると嬉しいです。

トラリピ初心者はいくらから始めるべきかを分析

トラリピの大前提として、

  • 入金したお金は基本的に引き出さないことを前提にする(為替の変動で損をする可能性があるから)
  • 引き出すお金は利益が積み重なった額の範囲内

この2つは押さえておく必要があります。

トラリピを100万円運用したとして、いつでも100万円引き出せるわけではなく、損をしないタイミングは為替の変動に委ねることになります。

なので、トラリピは基本的にはやめないことを前提にして、入金額は引き出さないものだというぐらいに思っておくのがいいでしょう。

【トラリピをやめるタイミングは自分では決められない理由】

  • 1ドル105円の時にトラリピを開始
  • 1年後に辞めようと思ったが、1ドル95円に下落していた
  • そのタイミングでトラリピをやめるとかなりの損になる
  • やめるタイミングは為替次第(損してもいいならやめられる)

トラリピは損せずやめるタイミングを為替に委ねることになる。

タケ

必ず余剰資金で運用するようにしよう。

もう一人のタケ

必要資金はリーマンショックを想定するかどうかで大きく変わる

初心者の方向けのドル円、豪ドル円、加ドル円のチャートの画像をまずはご覧ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-17-5.37.03-1024x383.png です
ドル円チャート
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-19-5.49.36-1024x387.png です
豪ドル円チャート
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-19-5.43.29-1024x338.png です
加ドル円チャート

チャートを見るとリーマンショック時に大きな下落局面が来ていますが、リーマンショック級の危機を想定するかしないかによって、大きく必要資金が変わってきます。

  • リーマンショック級の危機にも耐えられる設定がいい:必要資金が多めになる
  • リーマンショック級がきたら諦める:必要資金が少なめになる

2008年以降の大暴落を想定するかしないかによって、大きく変わってきますので、どうするかをまずは判断する必要があります。

タケの場合はリーマンショック級がきたら、ロスカットになる。

タケ

リーマンショック以外の時には全て耐えられるイメージで運用しているよ。

もう一人のタケ

トラリピはいくらから始めるべき〜リーマンショック想定の運用〜

リーマンショックを含めた過去10年のレンジは

【各通貨のレンジ幅(過去10年想定)】

  • ドル円:75円〜125円のレンジ幅
  • 豪ドル円:55円〜107円
  • 加ドル円:68円〜125円

このようなレンジ幅になっています。

このレンジでの試算をトラップ値幅0.800銭で行いました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-17-6.11.53-1024x504.png です
ドル円
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-19-5.53.41-1024x528.png です
豪ドル円
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-19-5.56.00-1024x520.png です
加ドル円

【トラップ値幅とは】

トラップ値幅とは注文を仕掛ける値幅。0.800、0.400円感覚と偶数で仕掛けるとキリのいい数字になります。

1.600円間隔はほとんど決済されないため意味なし。

間隔が狭くなればなるほどたくさん注文することになるので、必要資金も上がり、利益も上がります。

「必要資金の合計」を見ていただければわかるように、必要資金が約50万円必要なことになります。

正直少し大きい額なので、私はリーマンショックを想定していません。

どこまでリスクを取るのかをしっかり考える必要があるよ!

タケ

リーマンショックを想定しないバージョンもここから解説するね。

もう一人のタケ

トラリピはいくらから始めるべき〜リーマンショックを想定しない運用

リーマンショック級の大きな下落がきたら、諦めるバージョンの運用設定もここからしていきます。

リーマンショックを下落を除いたチャート(過去5年)のドル円・豪ドル円・加ドル円のレンジは以下の通りです。

【2014年〜2019年のレンジ】

  • ドル円:98円〜122円
  • 豪ドル円:69円〜105円
  • 加ドル円:74円〜106円

このレンジを想定して算出した必要資金は以下の通りです。

ドル円

豪ドル円

加ドル円

リーマンショックを想定したバージョンと比較して、必要資金が30万円ほど低くなっているのがお分かり頂けると思います。

リスクは大きくなってしまうんですが、必要資金を少なくしたい場合はこの設定が向いています。

リーマンショックを想定から外すと、運用資金がかなり少なくなる。

タケ

どちらを想定するかは個人次第。あなたはどっち?

もう一人のタケ

トラリピ初心者はいくらから運用を始めるべきなのか?

トラリピ初心者の方の場合は

  • まずは少額:加ドル円で20万円を入金して運用を始める
  • トラリピの動きをもう少し見てみたい:加ドル円・豪ドル円設定で50万円入金

最低でも20万円の資金は必要だと言っていいでしょう。

それより小さい額で運用すると、かなりリスクが大きくなってしまうので、あまりオススメできません。

また、ドル円の必要資金は少ないですが、過去にかなり円高に振れたことがあるので、リーマンショックを除外した設定だとリスクが大きいです。

ドル円でリーマンショック除外の想定をしたけど、過去のチャートを見ると結構円高に振れる。

タケ

なので、加ドル円か豪ドル円でプランを作ったよ。

もう一人のタケ

まずは50万円より20万円

初心者の場合は最初の投資資金を少なくしておいたほうがいいと思うので、50万円よりは20万円がいいと思います。

ただ、運用金額は自分で決めるもの。

この後「運用前に絶対にみて欲しい記事」について解説していますが、この記事を読んで自分で設定を組めるようにすることが絶対です。

【注文前にできるようにならないといけないもの】

  • 運用試算表を使って、自分で運用設定
  • 注文方法で手間取らない

慣れればそこまで難しくはないものなので、運用試算表を活用した設定の組み方は自分でできるようになっておきましょう。

他の人の設定を真似するだけの設定は痛い目を見る可能性がある。

タケ

自分でしっかり考えられるようになるのが大事。運用試算表は使いこなせるようになっておこう。

もう一人のタケ

トラリピ初心者の方が運用を始める前に絶対に見て欲しい記事

トラリピを実際に注文していこうとしている方が注文する前に絶対に見て欲しい記事があります。

注文方法と運用試算表の使い方を解説する記事なんですが、この記事の内容が理解できてないまま運用を始めるのは危険です。

この記事を読む前に運用を始めると・・・

【記事を読む前に運用すると起こり得ること】

  • ロスカットが近づいているのに気づかない
  • どれくらいの運用資金がいるのかわからないまま運用を始めてしまう
  • 自分で設定ができないので、人の真似をするだけになる
  • いざと言う時に対応できない

非常に危険なので、以下の記事は必ず読んでから運用を始めるようにしてください。

トラリピの設定は必ず自分でする。運用試算表を活用する。

タケ

注文方法と運用試算表の使い方は絶対に知っておく必要があるよ!

もう一人のタケ

まとめ:トラリピ初心者はいくらから始めるべきか?

トラリピ初心者の人は最低でも20万円以上は投資資金として欲しいところです。

それ以下の金額だと相当狭いレンジで、運用していかないといけなくなります。

狭いレンジで運用するとそれだけリスクは高まりますので、20万円以上は運用資金として必要。

そして、先ほど紹介した絶対に読んでおいて欲しい記事を先に読んでから運用するようにしてください。

【口座開設は以下から】

【トラリピ運用前に絶対読んで欲しい記事】

トラリピトレード画面・運用試算表の使い方を解説!注文まで全てわかる

 

★高利回り狙いの投資★

利回りは5%以上を狙う!

具体的な戦略と実績を公開しています。

 

★あなたに合った投資はどれ?★

収入別・目的別に投資を紹介。

少額で簡単に経験できる投資から、高利回り投資までをまとめてます。

要チェック!

この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA