貯金ゼロ男が運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

トラリピトレード画面・運用試算表の使い方を解説!注文まで全てわかる

 
トラリピトレード画面・運用試算表の使い方を解説!注文まで全てわかる
この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

トラリピを運用したいんだけど、どうやって始めたらいいのかわかんないよ。

タケ

トレード画面と運用試算表の使い方を解説するよ!

もう一人のタケ

トラリピを始めようと思っているけど、始め方がイマイチよくわからない・・・

そんな方が多いのではないでしょうか?

設定の仕方も全て自分で行うので、最初はなにがなんだかわからなくて、何から手をつけたらいいのかもわかりません。

そんな方に向けて、今回はトラリピのトレードの注文方法や運用試算表の使い方を画像付きでまとめました。

【口座を持ってない方は口座開設から】

トラリピトレード画面の見方

トラリピトレード画面にはいろんな数値が並んでいます。

この中で重要なものをまとめました。

【トップ画面で大切なこと】

  • 証拠金維持率:100%を下回るとロスカット。有効証拠金÷必要証拠金×100
  • 評価損益:含み損のこと
  • 出金可能額:トラリピ口座から出金できる金額のこと
  • 発注可能額:新たにトラリピを発注できる額

大事なのは証拠金維持率で、100%以下になるとロスカットになります。

上の画像は私に口座状況ですが、今は円安方向に動いているため維持率は高め。

ただ、為替相場荒れると一気に証拠金が減っていくことになるので、300%台になると対策を打っていくのが私のやり方です。

トップ画面の見方はこの通り。

タケ

ここからは実際にどう注文をしていくのか解説するよ!

もう一人のタケ

トラリピの注文に絶対必要な運用試算表の使い方

運用試算表は何度か仕様変更されていますが、基本的な使い方は一緒です。

ドル円を例に運用試算表を活用してみましょう。

まずは入力する

まずは入力画面ですが、以下のような画面になります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-17-6.00.32-1024x614.png です

【画面の設定】

  • 通貨ペア:米ドル円
  • 運用予定額:任意の額を入力
  • 仕掛けるレンジ幅:後ほど詳しく解説。75~100円で入力
  • レンジ内に仕掛ける本数:任意の数を入力
  • 1本あたりの通貨:基本的に0.1を入力
  • 1回のリピートで得られる利益:私は700円で運用
  • ストップロス:設定しない

このように値を入力して、「計算スタート」のボタンを押すと以下のような数値が出てきます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-17-6.03.05-1024x519.png です

これで30万円で運用した時のロスカットが80.729円であることがわかります。

この結果を参考に入力画面にいろんな数値を入れ直していきます。

運用試算表がシミュレーションするだけなので、いろんな値を入れて、どんどん検証しよう。

タケ

運用試算表の使い方がわかるようになると、トラリピへの理解がグッとますよ!

もう一人のタケ

トラップ値幅をキリのいい数字にする

先ほどの結果だとトラップ値幅が0.862円と少しキリの悪い数値になっています。

トラリピ

このように数値を入れ直してみました。

レンジ幅を75.2円にし、レンジ内に仕掛ける本数を32本に変えた結果・・・

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-17-6.11.53-1024x504.png です

トラップ値幅が0.800円とキリのいい数字になりました。

この場合の必要証拠金は11万2128円で、必要資金の合計は50万8928円です。

75.2円〜100円でレンジ幅を設定しているにも関わらず、ロスカットが81.485円になっているのは運用額が必要資金合計の50万8928円に届いていないからです。

【運用試算表で大事なこと】

  • トラップ値幅は0.800円や0.400円、0.200円など偶数がいい(0.500円間隔だとさらにトラリピを仕掛ける時に0.250→0.125と半端な数値になるため)
  • 運用試算表ではロスカットの値をしっかり見ておく
  • 何度も数値を打ち直し、運用試算表に慣れる
  • ドル円以外でも使い方は同じ

トラップ値幅は数が小さくなるごとに必要資金が多くなります(0.800円間隔→0.400感覚になると、おおよそ必要資金が2倍になる)

トラップ値幅はキリのいい数字にしておこう!

タケ

運用試算表を細かくいじって、値幅を合わせればOK。何度も入力し直して、運用試算表に慣れよう!

もう一人のタケ

トラリピ運用試算表に入力するレンジ幅の決め方

先ほどの例では75円〜100円で入力しました。

その数字はどのように出されたのかをここでは解説します。

まずはドル円のチャートをご覧ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-17-5.37.03-1024x383.png です

これだとわかりずらいんですが、グラフが一番下に行った時で75円台、一番上は125円台です。

つまりドル円は過去10年ちょっとで75円〜125円で推移していることがわかります。

それがわかったら

【レンジ幅の決め方】

  • 米ドルは過去10年で75円〜125円で推移
  • 75円〜125円を半分に分ける
  • 75円〜100円を買い注文、100円〜125円を売り注文(グラフの下半分を買い、上半分を売り)
  • 先ほどの運用試算表では75円〜100円の買い注文を解説

なので、75円〜100円(レンジ幅をキリのいいものにするために75.2円〜100円)にしました。

少し難しいけど、まずは各為替のチャートを見ていくところからスタートするよ。

タケ

そこでレンジ幅を決めて運用試算表をいじっていくのがスタート!

もう一人のタケ

どこまでリスクを取るかは人それぞれ

今回は最も円高となった75円を想定しています。

ただ、「そこまで下がるのは珍しいから、そこまで低く想定しなくてもいいだろ!」という人もいるかと思います。

そのような人はレンジ幅を縮小するのもありです。

80円〜100円にレンジ幅を変えた時の運用を試算してみました。

レンジ内に仕掛ける本数もトラップ値幅を0.800円に合わせるために26本に減らしました。

この結果を見てみると、75.2~100円の時の必要資金の合計50万8938円よりも必要資金の合計が減っているのがわかります。

【レンジ幅と必要資金】

  • レンジ幅を狭くする:必要資金が少なくなるが、リスクもやや上がる
  • レンジ幅を広くする:必要資金が多くなるが、リスクは減らせる

レンジ幅と必要資金の関係性も押さえて、レンジ幅を決めていきましょう。

さすがに75円まで下落しないだろうと考えている人は80円からの設定でもOK。85円〜100円とかも可能。

タケ

ただし、レンジ幅を狭くすればするほどリスクが高まる。そこは自分で判断しよう!

もう一人のタケ

トラリピのトレード画面から注文する方法

運用試算表で試算が終了したら、いよいよ注文画面に入っていきます。

今回は先ほど想定した米ドル円・レンジ幅80円〜100円で買い注文を入れてみます。

入金する

まずは入金しないといけませんが、マネースクエアのログイン画面トップに「入金する」がありますので、そこから簡単に入金できます。

ネットバンキングを使って入金しましょう。

入金額は初心者の方の場合、「運用試算表の必要資金の合計」に近い額を入れたいところ。

なので、35万3600円が必要資金なので、35万円ほど入金すればOKです。

【35万円を入金した場合のロスカットも運用試算表で計算】

運用予定額に35万円を入力する

注文する

注文する場合は

  1. MENU
  2. トラリピ注文

このように進むと以下のような画面が出てきます。

通貨ペアは「米ドル円」売買は「買」を選択し、「トラップ値幅を指定」をクリック。

クリックすると以下のような画面が出てきます。

【入力方法】

  • スタート価格(上限)入力
  • トラップ値幅を入力
  • トラップ本数を入力
  • 下のレンジを確認して、設定を押す

これで注文が完了です。

設定を押した後の画面から注文を確定することができますが、「決済トレール」と「ストップロス」という項目があります。

そこのチェックは外して、確認ボタンを押します。

そこで、注文を確認して、「注文実行」で注文完了です。

運用試算表で出した数字を入力していくだけ。

タケ

いかに運用試算表が大事かってことがわかるね!

もう一人のタケ

トラリピは必ず余剰資金で!〜やめたい時にやめられない〜

トラリピは必ず余剰資金で行いましょう。

というのも、トラリピはやめたいタイミングでやめられません。

厳密に言うと、やめたいタイミングでやめられるけど、損をしてしまう可能性があります。

100円→90円に下がったら

トラリピを1年運用して、少し利益も出たので辞めたいと思っていたとします。

ただ、辞めたいと思ったタイミングで90円になっていたら、どうでしょうか?

その時に全ての注文を取り消すと損をしてしまうことになります

【トラリピに使うお金で大事なこと】

  • トラリピを損せず辞めれるかどうかは為替次第
  • なので、余っていて使わないお金を運用することが大事

トラリピは引き出す時に損しないタイミングで引き出したい。なので、余剰資金で運用することが大切。

タケ

必要な時にすぐお金を取り出せない可能性があるよ。

もう一人のタケ

まとめ:トラリピのトレード画面・運用試算表の使い方

今回はトラリピのトレード画面や運用試算表の使い方を解説しました。

米ドル円でのやり方を今回は解説しましたが、他の通貨でもやり方は同じです。

【トラリピ運用で重要なこと】

  • トラリピトップ画面の見方を知る
  • 運用試算表を活用できるようになる
  • レンジ幅を自分で決めれるようになる
  • 余剰資金で行う

これらをしっかり理解した上で、トラリピを運用していきましょう!

【トラリピを始めたい方は以下から】

トラリピを少額で始める方法!運用前に必要な知識まとめ

 

★高利回り狙いの投資★

利回りは5%以上を狙う!

具体的な戦略と実績を公開しています。

 

★あなたに合った投資はどれ?★

収入別・目的別に投資を紹介。

少額で簡単に経験できる投資から、高利回り投資までをまとめてます。

要チェック!

この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA