貯金ゼロ男が運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

トラノコは手数料負けの可能性大?他の投資との比較まとめ!

 
トラノコは手数料負けの可能性大?他の投資との比較まとめ!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

トラノコはほぼ確実に手数料負けする!?手数料負けしたら、投資は元も子もないよ。

タケ

他の投資とどのような違いがあるのかまとめていくね!

もう一人のタケ

トラノコは手数料負けの可能性が大きすぎる!?

おつり投資で注目を集めているトラノコですが、手数料負けの可能性が高いという問題点がるというのは本当なのでしょうか?

今回はトラノコの手数料負けについてまとめました。

  • トラノコは手数料負けする可能性が高いのか?
  • 手数料負けすると何がいけないのか?
  • 手数料負けする可能性がそこまで高くない少額投資は?

このあたりをまとめましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

トラノコは手数料負けの可能性大という大きな欠点がある

トラノコは手数料負けの可能性大という大きな欠点がある

トラノコへの投資で大きな欠点は手数料負けの可能性があるということです。

手数料負けは運用実績が手数料を下回ることで、

  1. 1万円を運用する
  2. 運用利回り2%
  3. 手数料3%
  4. 1%損をする

これが手数料負けで、投資でやってはいけないことの1つです。

手数料負け=資産がマイナスになるということなので、絶対に避けたいのが手数料負けなんですが、トラノコは手数料負けになりやすいという欠点があります。

トラノコは手数料負けになりやすいのが欠点。手数料負けをしっかり防いでいかないといけないよ。

タケ

んぜ手数料負けになる確率が高いのかをここから解説していくね!

もう一人のタケ

トラノコの手数料を計算する

トラノコの一番の欠点は月額利用料が300円必要なことです。

仮に1万円を運用したとすると

【トラノコの手数料計算】

  1. 1万円を運用する
  2. 月額300円が手数料になるので、年間3600円が手数料になる
  3. 1万円のうち3600円が手数料になるので、ざっくり36%が手数料
  4. 自動運用の手数料は年率1%が相場

自動運用で言いますと、ロボアドバイザーが最近では有名ですが、そのロボアドバイザーでも手数料は年率1%です。

この水準から考えるとトラノコの手数料は高すぎる水準といえ、手数料を1%にするには40万円以上の運用が必要になります。

少額投資の場合、手数料がかなり高くなってしまうのがトラノコの欠点。

タケ

手数料負けの大きな原因になっているよ。

もう一人のタケ

手数料は必ず「%」で見ないといけない

「手数料300円だったら、そこまで高くないか・・・」と思ってしまいがちですが、絶対に「%」に換算しましょう。

手数料は割合が大事です。

  • 手数料は先ほど計算したように、必ず何%かを計算する
  • 100円でも手数料が高いケースがある
  • 運用利回り-手数料が運用実績になるので、手数料の割合は超重要

先ほどの1万円で計算したケースだと手数料は36%だとわかります。

自動運用の相場が1%前後だと知っていれば、36%が異常な数字だと気付けるはずです。

手数料を見る時は絶対に「%」を重視しましょう!

1000円運用なら100円でも手数料10%。かなり割高な水準になるよ。

タケ

手数料はしっかりと「%」に計算し直すことが大事。割合が全てだよ。

もう一人のタケ

おつり投資は手数料負けになるケースが多い

おつり投資や少額で運用できる投資は手数料負けになるケースが多いです。

トラノコのケースを先ほどは計算しましたが、それ以外にもマイナスになるケースは多く、

【おつり投資で手数料負けになるケース】

  1. 手数料が割合ではなく、金額で表示されている
  2. 月額手数料100円だと「手数料が少ない」というイメージになる
  3. 5000円運用の手数料100円で、手数料は2%
  4. 割高な手数料なので、マイナスになるケースが多くなる

少額運用は運用実績がマイナスになるケースが多いので、手数料を把握しておくことが重要です。

少額投資では手数料負けするパターンが結構多いので、しっかりと手数料を計算しておかないといけないよ。

タケ

手数料が何%なのかをしっかり計算しておこう!手数料が低いのはダメだよ。

もう一人のタケ

1万円前後の少額投資で、手数料負けの可能性が少ない投資

手数料負けが絶対にないなんてことはありません。

ただ、手数料の割合を抑える少額投資をすることができれば、手数料負けの可能性はかなり低くあります。

手数料を安くできる具体的にどのような投資があるのでしょうか?

funds

1円から少額投資できる【少額投資】fundsですが、手数料が無料です。

投資用の口座に振り込む際の振込手数料が必要にはなりますが、振込手数料無料の銀行口座を使っていれば、手数料を完全にゼロにすることができます。

fundsの特徴は

【fundsの特徴】

  • 手数料が掛からない
  • 1円から投資できる
  • リターンは1.5%~6.0%(3%前後の案件が多め)
  • 運用期間終了までほったらかし運用できるので、楽チン

fundsは少額で運用できるかつ手数料負けの可能性も低い投資で、ほったらかし運用できるのも長所です。

投資案件が人気で抽選に外れやすく、投資できないことがあるのが欠点ですが、手数料負けする確率はだいぶ抑えられます。

コツコツ運用益を増やしていきたい人はfundsでの少額運用もありです。

手数料は振込手数料だけ。ネットバンキングを使って振り込める。手数料無料にすることもできるよ!

タケ

fundsは少額でできる投資で、手数料が抑えられるのがメリット。

もう一人のタケ

ウェルスナビforネオモバ

ウェルスナビはロボットによる自動運用ができる運用で、SBIネオモバイル証券の「ウェルスナビforネオモバ」は1万円から運用することができます。

ウェルスナビforネオモバの特徴は

【ウェルスナビforネオモバの特徴】

  • 1万円から投資できる
  • 手数料も比較的安め
  • 自動運用ができる
  • 長期的な運用が前提なので、手数料を抑えて、運用期間を短くしたい場合はfunds

長期運用が前提のシステムになっているため、短期的な運用には向いていません。

10年後〜20年後に向けて、コツコツ運用していきたい人向けの投資と言えるでしょう。

【SBIネオモバイル証券はこちら】

SBIネオモバイル証券の「ウェルスナビforネオモバも安くで始められる投資。

タケ

手数料は1%前後となっていて、トラノコより安め。こちらも自動運用できる投資だよ。

もう一人のタケ

トラノコで手数料負けを防ぐためには50万円程度の投資が必要

トラノコで手数料負けを防ぐためには40万円〜50万円程度の投資が必要です。

それ以下の投資額だと手数料が割高になってしまうため、手数料負けの可能性が出てきてしまいます。

【トラノコで手数料負けしないためには高額投資が必要】

  • 40万円〜50万円ほど投資しないと手数料1%にはならない
  • 40万円以下で投資する場合は手数料が割高になる
  • トラノコはおつり投資だと言われているが、高額での運用が実際には必要

トラノコで少額投資をするのは手数料負けの可能性が高くなるので、トラノコに投資したい人は最初に40万円〜50万円ほど投資するのがいいでしょう。

最初に高額を投資しないと手数料負けしてしまうのがトラノコの仕組み。

タケ

トラノコで手数料負けを防ぐためには高額運用しかない。少額でおつり投資とはイメージが違うよ。

もう一人のタケ

まとめ:トラノコは手数料負けの可能性大!

まとめ:トラノコは手数料負けの可能性大!

今回はトラノコは手数料負けの可能性が大きいという点についてまとめました。

トラノコの手数料はかなり高くなっているので、手数料負けの可能性がそれなりにあります。

【トラノコでの手数料負けについて】

  • 少額投資だと手数料がかなり割高になる
  • 40万円〜50万円投資しないと手数料的にはかなり割高
  • 他に手数料が高くない投資があるので、そっちを優先して活用したい

手数料に関してはトラノコよりも安い投資があるので、そちらを活用してみてください。

【fundsで少額運用する方法】

fundsの運用実績をブログで公開!超少額で運用中!

【SBIネオモバイル証券(ウェルスナビforネオモバ)はこちら】

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。