元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

クラウドバンクは太陽光ばかりで大丈夫?過去の運用を分析

 
クラウドバンクは太陽光ばかりで大丈夫?過去の運用を分析
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

クラウドバンクは太陽光ばかりで大丈夫?案件を見てみると太陽光ばっかりなんだけど。

タケ

過去の運用を分析していくよ。

もう一人のタケ

クラウドバンクは太陽光ばかりで大丈夫なの?

実際にクラウドバンクの案件を見てみると

  • 太陽光発電ファンド
  • 太陽光発電ファンド
  • 太陽光発電ファンド
  • 不動産ローンファンド
  • 太陽光発電ファンド
  • 太陽光発電ファンド
  • 不動産ローンファンド

「あれ?太陽光ばっかりじゃん!!!」

おそらくクラウドバンクのファンドを見た人はほぼ全員が思ったのではないでしょうか?

そこで、今回はクラウドバンクは太陽光案件について。

本当に太陽光案件ばかりで大丈夫なのかについてまとめました。

【案件の詳細、口座開設(無料)は以下から】

クラウドバンクは太陽光案件ばかりだけど過去の実績は抜群

クラウドバンクは太陽光案件ばかりだけど過去の実績は抜群

クラウドバンクの実績は

  • 過去の元本回収率100%(2020年3月現在)
  • 平均利回り6.99%

過去の元本回収率100%というのがかなり安心できる数字で、これまでの運用はよかったと言える数字です。

もちろん今後も元本回収率100%を維持できるかは分かりませんが、これまでの運用は安定しています。

過去の運用実績が安定しているのが長所。

タケ

太陽光ばかりではあるけど、いい運用実績なら問題なし。

もう一人のタケ

タケの運用実績

クラウドバンクでの運用実績も出ています。

クラウドバンク

2018年の11月に投資を開始したので、2019年が年間の運用実績としては初めての数字です。

10万円を投資して途中何度か償還があり、年間の分配金は6387円となりました。

税引き後の収益も5120円となっていて、税引き後でも5%超えの利回りで運用できています。

クラウドバンクの運用実績はプラスで推移しているよ。

タケ

毎月の運用実績も上の記事では更新しているから、参考にしてみてね!

もう一人のタケ

クラウドバンク太陽光案件のメリット

クラウドバンク太陽光案件のメリット

クラウドバンクの太陽光案件のメリットは

  • 比較的高利回りで運用できる
  • 運用期間が短いものが多く、高回転で運用できる

これらの点が挙げられます。

太陽光案件は比較的高利回り

太陽光案件の利回りは概ね6%台のものが多く、利回り的にはかなり高利回りです。

ソーシャルレンディング業者の案件を一通り見てみると

  • 多くの案件は3.0%~6.0%ほどになる
  • 利回り10%台の案件もあるが、新興国投資であったり若干リスクが高める
  • 6.0%以上の利回りで元本回収率100%は実績として評価できる

ソーシャルレンディング各社を見てみると、利回り6.0%以上の案件を見つけることもできますが、それほど多くはありません。

そして、6.0%以上の案件で過去の元本割れがないというのもポイント。

他の業者では利回りがかなりいい案件を並べていたものの、投資元本が回収できないなんていうこともありました。

ソーシャルレンディング一番のリスクは貸し倒れ(デフォルト)であり、それを避けることが重要です。

過去の実績から見て、クラウドバンクの太陽光案件はパフォーマンスが高い案件だと言えます。

未来のことはわからない。でも、過去の実績があるのは安心材料。

タケ

太陽光案件の過去の実績いい。利回りが高めなのも長所。

もう一人のタケ

運用期間が短いものが多く高回転

ソーシャルレンディングの1つの欠点として、資金拘束があります。

例えば、運用期間2年の案件に10万円を投資した場合、2年間は10万円が返っていきません。

いざ10万円が欲しい状況になったとしても、運用期間終了を待たないといけないのが欠点だったんですが、運用期間が短いと・・・

  • 比較的すぐに資金を回収できる
  • 運用がすぐに終わるので、安心感がある
  • 運用計画を立てやすい

などといったメリットがあります。

ソーシャルレンディングに投資している途中で他の投資がしたくなったり、急な資金が必要になっても運用期間が短ければ安心。

太陽光案件は半年前後の案件が多いので、長期投資にはならないのが1つの大きなメリットです。

太陽光の案件は運用期間が短い案件が多いので、高回転で運用できるのが長所。

タケ

最運用期間中の引き出しができないソーシャルレンディングにとっては大きなメリットになるよ。

もう一人のタケ

太陽光案件以外も運用実績はいい

クラウドバンクは太陽光案件以外も取り扱っていますが、こちらも過去の元本回収率は100%。

なので、運用実績がいいと言えます。

利回り的には太陽光案件よりやや低い案件が多めですが、太陽光案件以上の利回りがある案件もちらほら。

こういった案件を見つけるにはクラウドバンクの公式サイトを見るしかないので、興味がある方は案件1つ1つを見てみてください。

【案件の詳細、口座開設(無料)は以下から】

太陽光ファンド以外ももちろんある。元本回収率が高いのが強み。

タケ

ここまでいいところを紹介したけど、デメリットはないのかな?ここからはデメリット面を解説していくよ。

もう一人のタケ

クラウドバンクにデメリットはないの?

ここまでいい面ばかりを取り上げてきたので、デメリットに関して気になる方もいるのではないでしょうか?

ここからはクラウドバンクに関するデメリットについてもここからは紹介していきます。

他のソーシャルレンディング業者と比較した時のデメリット

他のソーシャルレンディング業者と比較した場合に劣るところは正直いってそこまでないです。

強いて挙げれば、クラウドバンクよりもいい利回りのソーシャルレンディング業者があるということ。

私が運用しているソーシャルレンディング業者は

ですが、クラウドクレジットの場合運用利回りが10%を超える案件もあります。

ただ、元本割れも多少あるというのが欠点です。

ちなみに、2019年の運用ではクラウドバンクよりクラウドクレジットの方が運用実績が上でした。

【クラウドクレジットの運用実績】

クラウドクレジット

先ほど紹介したクラウドバンクは税引き後の収益が5120円だったのに対して、クラウドクレジットでは7466円あります。

OwnersBookは利回りがやや低く、2.0%〜6.0%。

不動産に投資できるというメリットはありますが、運用期間が2年前後の案件が多く、投資期間が長いというデメリットがあります。

【各社公式サイトでの比較は以下からできます】

クラウドバンクは過去の運用の安定度がメリット。逆にここが崩れた時にどうなるかが注目ポイントでもあるよ。

タケ

現時点では利回りがクラウドバンクより高い業者もあるというのがデメリット。ただ、元本割れしてしまったら意味ないよ。

もう一人のタケ

他の投資と比較した時のデメリット

ソーシャルレンディングと似た投資として、【少額投資】fundsというものがあります。

貸付投資と言われるスタイルで投資家のやる作業としてはソーシャルレンディングとほぼ変わらないので、ソーシャルレンディングに投資したことがある人なら、スムーズに投資可能です。

こちらは最小投資金額が1円になっているので、キーワーより少額で投資することができます。

他の投資と比較した時のクラウドバンクのデメリットは

【他投資と比較した時のクラウドバンクのデメリット】

  • 最低投資金額が1万円未満でできるfundsのような投資がある
  • 長期的な投資を考える場合、投資案件を安定して供給できるかがわからない

10年・20年スパンで投資をしていく場合、クラウドバンクがそれまでのスパンで投資できるになるのか読めません。

株などの伝統的な資産の場合は長期的な投資も見込めますが、クラウドバンクはそこがどうなるかわからないのが弱点。

ただ、短期的に投資をしていく分には実績の安定度や利回りを考えても、投資を検討する余地のある投資先です。

【fundsに関して詳しく知りたい方は以下から見れます】

1円で投資できるものも最近は誕生。

タケ

長期的に投資したい場合にそれができるかがクラウドバンクはわからない。そこはデメリット。

もう一人のタケ

クラウドバンク太陽光ファンドは短期で少額投資したい初心者向け

クラウドバンクの太陽光ファンドは1万円で、投資期間は半年前後で運用可能です。

今後の投資がどうなるかは分かりませんが、過去の運用実績は問題ありません。

なので、最初の投資経験としても悪くない案件です。

小さく投資できますので、

【クラウドバンクの口座開設と運用実績記事はこちらから】

クラウドバンクの運用実績を元月収10万円フリーターが公開!

クラウドバンクの太陽光案件は他の投資と比較しても安定した運用ができている。

タケ

少額短期間で投資できるから、投資しやすい案件だよ。

もう一人のタケ

まとめ:クラウドバンクは太陽光ファンドばかりだけど実績はいい!

まとめ:クラウドバンクは太陽光案件ばかりだけど実績はいい!

今回はクラウドバンクの太陽光案件に関してまとめました。

  • 太陽光ファンドの運用実績はいい
  • 運用期間が短い
  • 利回り的には高め
  • もっと利回りがいい業者がある点と長期投資ができるかどうかがわからない点がデメリット

このような特徴があり、少額・短期間で投資しやすいファンドです。

ただ、これまでの運用実績がいくらよくても、今後の運用を保証するものではなありませんので、その点は注意して運用してくださいね!

【クラウドバンクの口座開設と運用実績記事はこちらから】

クラウドバンクの運用実績を元月収10万円フリーターが公開!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.