貯金ゼロ男が運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

【最新版】3万円からできる元月収10万男タケの投資戦略と投資実績

 
【最新版】3万円からできる元月収10万男タケの投資戦略と投資実績
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

元月収10万のフリーターで投資資金450万円まで積み上げたタケです。

この記事では「今、タケがどのような投資をしているのか」をまとめています。

投資を推奨するものではなく、投資の判断は本人様次第ですが、私の投資戦略や実績が少しでも参考になれば嬉しいです。

  • マイナスになった投資も実績を公開
  • 元本が少ない人でも投資をしたい場合は何を考えたらいいのか(タケはもともと超貧乏でした)
  • なぜその戦略を採用しているのか?

超底辺を経験したタケが今やっていることをこの記事では随時更新していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

【筆者の投資実績】

2017年末に1万円で投資開始

その後「つみたてNISA」「トラリピ」「株価指数CFD」「ロボアドバイザー」「ソーシャルレンディング」「個別株投資」「米国ETF」へ投資

2020年5月現在、約400万円ほどの投資資金。

毎月運用実績も公開中

2020年の投資戦略について、3つのポイント

2020年の投資状況はだいぶ変わりました。

コロナウィルス感染症の影響で投資戦略を見直さざるを得ない人は多いのではないでしょうか?

そんな2020年の投資で大事にしている3つのポイントを紹介します。

株価の上下動は常に意識しておく

株価の上下動は常に意識しておかないといけません。

短期的に儲かったとしても、すぐに下落してしまうことが容易に考えられます。

  • 短期的に運用益が出ても、決して楽観できる状態ではない
  • 感染症がどう転ぶかは全く読めないので、下落もしっかり考慮しておく
  • 今後1年程度は上にも下にも動きやすいことをしっかり想定

株価の上下動あるものだと想定して、ある程度のリスクに耐えられるような投資が必要です。

自分の資産を考え、程度のリスクとリターンを許容する

今の資産とリスクとリターン。

これらをしっかり比較して考えていかないといけませんが、現状の投資資金は450万円ほど。

つまり、リスクの低い運用をした場合は年間で10万円運用益が出るかでないかです。

これではリターンが少ないので、ややリスクが大きい投資を行っています。

ですが、注意点もあり。

気をつけたいポイント
  • リターンは大きく取りすぎないように常に意識
  • どこまでリスクを許容できるのかを考える
  • 多くの人は思ったよりリスクを甘く見る傾向にある

これらのポイントをしっかり意識した上で、投資方針を決めていきます。

利回りが10%を超える投資はかなりハイリスクになるので、気をつけて始めるようにしましょう!

長期的な視点で投資していく

短期的には上下動が起こってしまうので、長期的な視点で投資していきたいです。

1ヶ月先の株価を予想することは極めて困難。

  • ワクチンが開発される→プラスに転じる
  • 感染拡大→マイナスに転じる

というような状況で、どっちに転ぶかを予想することはできません。

なら、長期的に考えていくのがベター。

【長期で見るメリット】

  • 過去のアメリカの株価は長期的に右肩上がりになっている
  • 1年後はどうなってるかわからないが、5年ほどの長期で見たときは上昇している可能性が高い
  • 短期的に利益を取っていくより、長期の方が予想は簡単
株価指数CFD

上の画像は過去のNYダウです。

画像を見るとリーマンショックの後でさえ、数年後には上昇に転じています。

短期的には下がるかもしれませんが、長期的には上がっていくことを想定した上で、投資していくのが2020年の投資方針です。

3万からできる2020年元月収10万円フリータータケの投資戦略

3万からできる2020年元月収10万円フリータータケの投資戦略

合計400万円超えぐらいの資産を投資してるわけですが、その内訳は

  • トラリピ:約270万円
  • 株価指数CFD:約90万円
  • その他:約100万円

ざっくりとこんな感じで、その他のほとんどはつみたてNISAです。

タケの中心戦略であるトラリピと株価指数CFDの戦略についてみていきます。

トラリピ

トラリピは FXの自動売買です。

単純に仕組みを説明しますと、

【トラリピの仕組み】

  1. 売買の設定を最初にする
  2. その通りに自動で取引してくれる
  3. 運用益が出る

というもの。

この説明で勘づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、最初の設定がすべてです。

最初の設定次第ではいい結果になることもありますし、最悪の結果になることもあります。

トラリピは設定をいかにうまくできるかがポイントになりますが、自分なりの投資戦術ができあがってきました。

なので、トラリピに多く投資しています。

株価指数CFD

2020年力を入れているのが株価指数CFDです。

なぜ力を入れているかと言いますと、株価が下がり気味だから。

それに加えて、もう1つは少額で気軽に投資できるのも大きいです。

【最低投資金額の違い】

  • トラリピ:最低20万円〜30万円は必要
  • 株価指数CFD:3万円〜10万円で投資できる

どちらかといえば、株価指数CFDの方が資金的に始めやすいです。

今は株価の状況が不安定で短期的にはマイナスを抱えてしまう可能性もありますが、先ほどNYダウの例に見たように長期的な上昇を狙っていきます。

なぜこの2つを中心にしているのか?

この2つの投資はそれなりの利回りが見込める投資であり、リスクもある程度許容できるからです。

つみたてNISAは利回りが少なく、長期的に資産を増やすという点ではいいですが、生活に大きな影響を与えるほど資産が増えるわけではありません。

タケの戦略
  • 長期的に少しずつ資産を増やしていく:つみたてNISA
  • 大量の資金で利回り10%以上を目指す:トラリピ
  • 少額の資金で利回り5~10%を目指す:株価指数CFD

資産がそれほど多いわけではないので、無理のない範囲で利回りを追求しています。

株価指数CFDとトラリピの詳細な戦略はそれぞれ別記事で解説しています。

株価指数CFDとトラリピの詳細な戦略は別記事で解説しています。

株価指数CFDに関しては2020年、2021年である程度買っていき、そこから数年でプラスを目指すイメージです。

トラリピは2020年から利益を狙っていきます。

トラリピは少額(20万円)バージョンと100万円バージョンを用意しています。

まとめ:高利回りで運用益を狙い!リスク管理は慎重に

まとめ:戦略は高利回りで運用益を狙っていき、年齢を重ねていくごとにリスクを落とす

今回は私タケの投資戦略をまとめました。

  • つみたてNISA
  • トラリピ
  • 株価指数CFD

の3本の柱になっており、他の投資は経験を積むためにやっています。

  • つみたてNISA:長期的に少しずつ資産を増やす
  • トラリピ:大きな資金で利回りも大きめ
  • 株価指数CFD:小さく始められて、利回り大きめ

自分の今の状況と投資の特徴を吟味して、自分に合った投資を始めてみてくださいね!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。