元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

SPYDで配当生活するにはいくら必要?投資額を分析する!

 
SPYDで配当生活するにはいくら必要?投資額を分析する!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

SPYDで配当生活をしていくにはいくら必要なの?1000万円ぐらいでできる?

タケ

どれくらいの資金が必要なのか計算してみたよ!配当生活を目指している人はぜひ参考にしてみてね!

もう一人のタケ

今回はSPYDで配当生活を送るにはどれくらい投資額が必要なのかについて。

  • SPYDの配当金で生活するにはいくら必要なの?
  • SPYDはどうやって買うの?
  • 運用資金を増やすための2つの考え方

この点をこの記事では解説していきます。

投資で生活するには多くの資金が必要にはなってきますが、目標をしっかり定めて生活していれば、配当生活は可能です。

配当生活という大きなゴールに向けて、少しずつ知識を投資経験を蓄えていきましょう!

【筆者の投資実績】

2017年末に1万円で投資開始

その後「つみたてNISA」「トラリピ」「株価指数CFD」「ロボアドバイザー」「ソーシャルレンディング」「個別株投資」「米国ETF」へ投資

2020年5月現在、約400万円ほどの投資資金。

毎月運用実績も公開中

SPYDで配当生活をするには4000万円〜5000万円ほど必要です

SPYDの配当利回りは4%台後半から5%ほどで推移しています。

多少上下動がありますが、仮に5%だとすると税金は引かれた後の配当利回りは3.6%ほど。

仮に3.6%が配当利回りとして手元に入ってくるとすると、5000万円運用した場合、180万円が年間配当金として入ってきます。

なので、月換算すると15万円ほどです。

【SPYDでの配当生活】

  • 5000万円をSPYDで運用した場合、配当金は月15万円ほど
  • そこに加えて、値上がり・値下がりが損益に加わる
  • 生活するにはまだ少し厳しいとも言える

生活するほどの配当金を得るためにはかなりの運用金額が必要です。

かなり多く運用金額が必要になってくる。投資元本を大きくしていく必要があるよ。

タケ

大事なのは投資元本。SPYDで月15万円得るにはざっくり5000万円ほどが必要。

もう一人のタケ

利回りを上げることは難しい

配当利回りはSPYDが暴落すれば高くなりますが、それは自分の力でなんとかなるものではありません。

市場の力に任せることになるので、SPYDの利回りを上げること自体を考えるのはやめたほうがいいでしょう。

暴落が起こった後に投資するのはアリですが、必要以上に気を使わないのが精神的にも楽です。

【SPYDの利回りについて】

  • 配当生活には結構大きな金額が必要
  • 配当利回りを上げたくなってくるが、自分の力では上げられない(相場次第)

【SPYDの買い方はこちら】

SPYDの買い方を画像付きでわかりやすく解説

5000万円を用意するには200万円×25年が必要。でも、実際は毎年運用利回りが積み上がっていくから、運用金額が上がっていくスピード速くなる。

タケ

1000万円運用したとして、毎年36万円ほど手に入る。そのお金を再投資することによって、運用金額を増やしていける。

もう一人のタケ

SPYD以外のETFで配当生活すると運用金額を抑えられるか?

SPYD以外ならもっと運用金額を抑えて、配当生活ができるかという疑問ですが、なかなか厳しいと言わざるを得ません。

SPYDはかなり配当利回りがいいものなので、これ以上の運用益を出そうと思うと、リスクの高いETF以外の投資で勝負をすることになります。

  • ETFで配当金生活を送る場合は5000万円以上の運用資金が必要になる
  • より運用利回りを大きくしたい場合はリスクの大きな投資をしていく必要がある

配当生活を送るには

①損失の可能性もあるリスクが大きな投資をしていくのか
②運用金額をひたすら上げていくのか

のどちらかの戦略を取ることになるということです。

配当金生活を送るのにアメリカのETFはリスクとリターンのバランスを見ても優秀。

タケ

ただ、配当生活を送るためには数千万円規模のお金が必要になってくるよ!リスクを上げるか、運用資金を上げるかの二択だね。

もう一人のタケ

利回り5%はかなりいい方だと理解する

SPYDは4%台後半から5%台の利回りになっていますが、これはかなりいい利回りです。

配当生活するために5000万円必要と言われると、ガクッとくるかもしれませんが、これでもかなりいい利回りだと理解しておくことが大切。

これがわかっていないと

  • 利回り20%超えの自動売買システム!!!
  • 1年で2倍になる新型FX!!!

みたいなものに騙されてしまう羽目になります。

利回り20%ともなると、かなり怪しいレベルの利回りです。

このような案件に惑わされないためにも、運用利回りの相場をしっかり見定めましょう!

運用利回り4%〜5%はかなりいい利回りだと言えるよ。

タケ

その基準で考えていくことは大事。利回り10%ぐらいまでは可能性があるけど、そこまでいくとリスクは高くなってる。利回り20%は怪しい案件。

もう一人のタケ

SPYDの買い方

SPYDは楽天証券かSBI証券で買うのがオススメで、ポイントの流動性を考えると楽天証券の方が使いやすいかなと思います。

SPYD自体でポイントを貯めることはできませんが、投資信託や国内株をポイントで買えるようになりました。

また、投資信託をクレジット引き落としにすると楽天ポイントが貯まるので、お得感があります。

具体的な買い方については画像付きで解説している記事がありますので、そちらを参考にしてみてください↓↓

【SPYDの買い方解説記事はこちら】

SPYDの買い方を画像付きでわかりやすく解説

SPYDの買い方自体は初めての人でも簡単にできるから、買いたい人は上の記事を参考にしてみてね!

タケ

かなり簡単に買うことができるよ!証券会社の口座を開設してない人は開設しておこう!投資には必須だよ!

もう一人のタケ

さらに利回りを上げるために私が運用しているハイリスク・ハイリターン運用

SPYDの配当生活に必要な資金は5000万円ほどだと言いましたが、配当生活を送るには

  • 運用資金を大きくする
  • リスクが大きい投資をやる

という2種類があることをお伝えしました。

私の場合は30歳独身(2020年3月現在)だということもあって、ややリスクが高い投資にもチャレンジしています。

それらの投資についても紹介していきます。

トラリピ(利回り10%以上狙い)

トラリピはFXの一種で、ハイリスク・ハイリターンな投資です。

運用実績を毎月出していますが、2019年度の実現損益は+8万8922円。

2019年は運用金額を30万円→130万円と段階的に上げていったので、正確な運用利回りを出すことができないんですが、7%ほどの利回りは出ている計算です。

ただ、為替の変動を大きく受けるという負の側面もあります。

利回りは高くできるけど、リスクもそれなりにある。しっかりと理解してから運用することが大事。

タケ

参考記事もあるから、それも参考にしてみてね。

もう一人のタケ

クラウドバンク(利回り5%ほど)

クラウドバンクはソーシャルレンディングの中の1つで、税引き後の運用利回り5%ほどになっています。

他の2つに比べれば、利回り的には少ないですが、1万円から始められるのがメリットです。

  • 1万円という少額でどのような投資か経験できる
  • 利回りはそれなりに高い(6%~7%台の案件が多め)

というのがメリットがありますが、リスクもあります。

自分で取引をしなくていい分、他の個別株投資やトラリピよりも簡単ですが、貸し倒れリスクも存在するということは押さえておきましょう。

ちなみに、クラウドバンクではこれまでに貸し倒れが起こっておらず、元本回収率100%となっています。

※ 最新の運用状況は必ず公式サイトを確認してください。運用状況が変化している可能性もあります。

お金を貸して、それを回収するタイプの投資がクラウドバンク。投資家は投資先と投資金額を決めるだけなので、やり方は簡単。

タケ

過去の運用実績も出してるから、そちらも参考にしてみてね!

もう一人のタケ

株価指数CFD(利回り10%以上狙い)

株価指数CFDにも投資していて、こちらもトラリピと同様利回り10%以上を狙っています。

  • トラリピ(株価高値圏の時の中心)
  • 株価指数CFD(株価下落時の中心)

2020年は株価が下落したので、株価指数CFD中心の投資です。

株価指数CFDを使ったハイリスク・ハイリターンで利回りを上げる狙いの投資に関しては以下の記事に詳細がありますので、興味がある方は参考にしてみてください。

【利回り10%超え狙いのハイリスク。ハイリターン投資戦略は以下から】

株価指数CFDの長期保有戦略を公開!理由と根拠を解説!

【投資はGMOクリック証券から行っています】

現状数千万円単位の資金を運用していくのは無理なので、利回りを上げているよ。

タケ

利回り10%以上を狙って、5年程度で大きめな資産拡大を目指すのが今の戦略。

もう一人のタケ

まとめ:SPYDの配当生活には5000万円前後必要!運用資金を上げるか、リスクの高い投資をするか?

SPYDは投資先として魅力的ではありますが、配当生活をするためには5000万円前後が必要です。

  • 運用資金をひたすら上げていく
  • リスクの高い投資で資金を増やす→増やした資金をSPYDに

という手順で配当生活をすることができます。

実際に配当生活するにはかなりの元本が必要なので、運用額をひたすら増やしていくのか、損を覚悟でリスクの高い投資をしていくのかが選択肢。

ハイリスク・ハイリターン利回り10%狙いの投資としては↓↓

投資特徴
トラリピ・株価高値圏で積極投資
・利回り10%狙い
マネースクエアから投資可能
・参考記事:トラリピを少額で始める方法!運用前に必要な知識まとめ
株価指数CFD・株価下落時に積極投資
・利回り10%狙い
GMOクリック証券で投資
・参考記事:株価指数CFDの長期保有戦略を公開!理由と根拠を解説!

私はリスクの高い投資も始めていますが、個人個人の運用スタイルに合わせて、いい投資をしていきましょう!

【この記事を読んだ人におすすめの参考記事】

SPYDの買い方を画像付きでわかりやすく解説

株価指数CFDの長期保有戦略を公開!理由と根拠を解説!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.