月収10万フリーターが運用額500万円突破

上昇チャンスを掴め!0から学ぶ仮想通貨講座

S&P500にこれからも投資し続ける理由(2020年大暴落)

 
S&P500にこれからも投資し続ける理由(2020年大暴落)
この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

S&P500にこれからの投資し続けるのは一体なぜ?

タケ

雨にも負ケズ。暴落にも負ケズ??

もう一人のタケ

2020年大暴落・・・

それでもS&P500に投資し続ける理由は一体どのようなものなのでしょうか?

  • 暴落が起きたにも関わらず、S&P500に投資する理由
  • なぜS&P500への投資をしているのか?
  • 今回の暴落をどう捉えている?

このあたりを今回は記事にまとめました。

2020年はいきなりの暴落になりましたが、基本的な運用方針は変わっていません。

S&P500のこれからがどうなるかは誰にもわからない

S&P500のこれからがどうなるかは誰にもわからない

まず初めにS&P500はこれからどうなるかなんていうことはわかりません。

  • 暴落後も下落を続けて、上昇していくことがない
  • 再び上昇がやってくる

大きく分けると、この2つのパターンがありますが、どちらになるかなんていうのは誰にもわかりません。

わかるのは過去だけです。

これまでの金融危機でS&P500はどのような動きをしてきたかはわかりますが、これからのことは誰にもわからないということはまず最初に押さえた上で話を進めていきます。

S&P500の今後は誰にもわからない。絶対に大丈夫なんてこと言っている人は逆に危ない。

タケ

不安相場で自信満々に確信が持てている人は少し警戒。市場は簡単に予測できないよ。

もう一人のタケ

過去のデータから予測

将来のことは予想することができませんが、過去のデータから予測することはできます。

基本的には過去のデータから将来を予測し、

  • 過去は〇〇になっていたから投資する。
  • これまでの傾向は〇〇だ。

なんてことから投資をしていくわけですが、S&P500に投資し続けるのは過去のチャートが理由。

その理由とは一体どのようなものなのかにここからは触れていきます。

過去のチャートと現在の状況を総合的に判断して、投資していくしかない。

タケ

具体的にS&P500に投資する理由をここからは解説していくね!

もう一人のタケ

S&P500にこれからも投資し続ける理由

S&P500にこれからも投資し続ける理由

S&P500にこれからの投資していく理由は

  • 過去の暴落を跳ね除けてきたから
  • 構成している企業がない
  • S&P500以上の投資対象はないと考えている

これらが大きな理由です。

では、これらの理由について詳しく解説していきます。

過去の暴落を跳ね除けてきたから

S&P500は過去の暴落を跳ね除けてきたという歴史があります。

  • リーマンショックで急下落→復活を果たし、リーマンショック前よりも上昇
  • 長期で見ると右肩上がりに上昇してきた

このように過去の暴落を跳ね除けてきました。

2020年の下落もこの記事執筆時点では2016年ごろの水準に戻っただけで、それ以前の値よりはプラスになっています。

この先も下落が続くかもしれませんが、全体的には上昇傾向なのがS&P500です。

株価指数

【過去のS&P500の推移】

上下動はあるものの、基本的には上昇していて、今回の暴落の後もどこかで上昇に転じるだろうと予測して投資しています。

過去の暴落を跳ね除けてきた過去があるから今後も投資していくよ。

タケ

どこかのタイミングで上昇に転じていくはず。

もう一人のタケ

構成している企業がいい

構成している企業がアメリカの代表的な企業で、投資対象としてもいいです。

アメリカの優良企業=世界の優良企業なので、世界的な企業に投資できるのが大きなメリット。

  • 長期的に右肩上がり
  • アメリカの優良企業に投資できる

S&P500に投資する理由としては十分だと言えます。

S&P500を構成している企業は世界を代表するような企業。

タケ

そのような企業に投資できるのはこの上ない魅力だよ。

もう一人のタケ

S&P500以上の投資対象はないと考えているから

人それぞれ意見があるかと思いますが、S&P500以上の投資対象はないと考えています。

短期的に見れば大きな利回りを出しているような投資対象もありますが、長期的な投資をするにはS&P500以上はないというのが私の考えです。

S&P500を中心に投資している人の多くはこのような考え方だと思います。

  • 長期的に右肩上がり
  • アメリカを代表するような企業に投資

アップルやマイクロソフトなどの超有力企業に投資することができるのがS&P500です。

アメリカの主要企業に簡単に投資できるようになった。

タケ

S&P500に投資している理由はこんな感じだよ。アメリカの主要企業に投資できるのは大きい。

もう一人のタケ

S&P500がこれから2019年のような値に戻ると考えるなら投資

S&P500は2020年に下落しましたが、2019年の時の値まで今後復活すると考えるなら投資です。

2019年〜2020年2月上旬までのNYダウは2万9000ドルを超えていて、3万ドルになるかどうかというところでした。

そこから急激に下落して、1万ドルほど下げたことになります。(記事執筆時点)

そして、問題はここから

  1. このまま永遠に停滞する(横ばい)
  2. 2019年のような値にまた戻る時が来る

②のように考えるのであれば投資で、①のように考えるのであれば投資しないということになります。

あなたはどう考えますか?

このままS&P500が上昇しないと考えるなら、投資しない方がいい。

タケ

2019年の値まで戻ると考えるなら、投資した方がいい。

もう一人のタケ

いずれ上がると考えている

私は2019年の値のようになる時が来ると考えているので、S&P500に投資を続けています。

過去のS&P500の値を見てみると、上昇を続けていますし、リーマンショックの時でも上昇。

今回は世界中の移動が制限される異常な事態になっていますが、これから5年・10年のスパンで考えれば上昇するという考えで投資を続けています。

この後数年は厳しい時代になるかもしれないけど、いずれは上がると考えているよ。

タケ

だから、S&P500への投資は変わらず続けてる!

もう一人のタケ

S&P500には積立投資と株価指数CFDで投資する戦略

S&P500には積立投資と株価指数CFDで投資する戦略

つみたてNISAは毎月一定額を投資していて、S&P500と全世界に投資しています。

株価指数CFDは下落したときに積立を開始する予定で、上昇時はS&P500への投資を見送っていましたが、暴落があったので投資タイミングを図っています。

【つみたてNISAと株価指数CFDの投資戦略】

  • つみたてNISA:毎月一定額を投資
  • 株価指数CFD:ある程度株価が下がった局面で、積立投資開始

株価指数CFDは暴落局面からスタートして、積立投資するという考えで、一気に資金をドカンと突っ込むことはしません。

暴落時はさらなる暴落に巻き込まれる可能性もあるので、暴落局面から積立を開始し、高値圏になってきたら投資を中断します。

つみたてNISAは長期的な資産形成が狙い。

タケ

株価指数CFDはリスクを取ったリターン狙いの投資。

もう一人のタケ

資産拡大重視なら株価指数CFD、長期的な資産形成ならつみたてNISA

株価指数CFDはレバレッジがかけられるので、より資金拡大が狙えます。

その反面損失額も大きくなってしまうので、ハイリスク・ハイリターン投資です。

なので、暴落局面からスタート。

つみたてNISAはと長期的な資産形成を狙っているので、毎月一定額をどんな局面でも積み立てています。

【つみたてNISAと株価指数CFD】

  • つみたてNISA:10年後・20年後の資産形成
  • 株価指数CFD:より大きなリターンを狙っていく

この2つがS&P500への投資スタイルです。

資産拡大重視なら株価指数CFD、長期的な資産形成ならつみたてNISA。

タケ

タケはまだ独身だし、リスクを取って株価指数CFDも運用しているよ。

もう一人のタケ

まとめ:S&P500にこれからも投資する理由!2020年暴落で現状マイナス

S&P500にこれからも投資する理由は

  • 過去の暴落を跳ね除けてきたから
  • 構成している企業がいいから
  • S&P500以上の投資対象がないと思っているから

というのが大きな理由です。

今後どうなるかは誰にもわかりませんが、過去の歴史からするとS&P500に今後も投資する価値はあるのではないかと私は思っています。

これは個人の考え方次第になるので、これまでの歴史と現状を見極めて投資するようにしてくださいね!

 

★サイドFIRE目指しませんか?★

運用実績や記事更新情報を見れるチャットを開始。

最新の実績やブログ記事に関する質問を受け付けています。

 

★もう乗り遅れない!仮想通貨講座開始★

初心者向け仮想通貨講座記事更新

次の上昇を捉えるための知識を講座形式で紹介します。

この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




在宅でゆるく生きる生活を手にれるチャット
無料サイドFIREチャット概要はこちら