貯金ゼロ男が運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

S&P500と日経平均を比較!なぜ日本への投資を少なくしているのか?

 
S&P500と日経平均を比較!なぜ日本への投資を少なくしているのか?
この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

S&P500と日経平均を比較してみたよ。日本への投資はどうなんだろう?

タケ

アメリカvs日本。さて、どっちが強い!?

もう一人のタケ

S&P500と日経平均はどっちがいいの?

日本に住んでいる場合、まずは日本に投資することを考えるかと思いますが、果たしてその考え方は本当にいいのでしょうか?

  • 日本とアメリカで比較した場合、どっちがいいのか?
  • 初心者向けなのはどちらの投資なのか?
  • 日経平均とS&P500の今後

これらについて、記事にまとめました。

投資について考えているという人は参考にしていただけると嬉しいです。

S&P500と日経平均の過去を比較

S&P500と日経平均の過去を比較

S&P500と日経平均の過去を比較してみました。

【1990年以降の日経平均の推移】

【1980年以降のS&P500】

上が日経平均で下がS&P500ですが、S&P500は基本的に右肩上がりなのに対して、日経平均は右肩上がりではありません。

日本は1990年以降停滞していることがわかりますが、アメリカは多少の下落はあったとしても、右肩上がりを続けています。

日本はこの30年ほど上下動を繰り返し、30年前の日経平均をいまだに上回れていない。

タケ

アメリカは右肩上がりで、2019年は史上最高値を更新し続けた。2020年は暴落したものの、基本右肩上がり。でも、今後はどうなるか誰にもわからない。

もう一人のタケ

短期的には日本が勝っている局面もあるが・・・

短いスパンで見れば日本が勝っている局面もあります。

2012年ごろから投資した人は短期的に大きなリターンを獲得できましたが、上昇の時期を上手く掴むのは至難の技です。

投資上級者の人でも難しいことで、初心者の人が日本の短期的な上昇を掴むのは運だと言っていいでしょう。

運任せの投資はダメで、日本への投資の難易度はかなり高いと言えます。

日本への投資はいつ投資するのかによって大きく変わってくる。

タケ

しかも、長期的には少子高齢化。株価が上昇し続ける要素がないのが残念。

もう一人のタケ

S&P500と日経平均の今後

S&P500と日経平均の今後

S&P500と日経平均の今後を完璧に予想することはできません。

ただ、わかっている要素もあります。

日本は人口減でさらにピンチに

人口は経済活動と密接に関わっています。

世界経済は今後も発展し続けるとされていますが、それは人口が増えているからというのが大きな理由です。

世界人口は今後も拡大が予想されているので、世界経済も成長していく予想になっていますが、日本の場合は人口減が確定しています。

  • 少子高齢化によって、今後は人口減
  • 現役世代の比率低下
  • 経済成長も大きく見込めず

今後の予想はできませんが、経済が成長していくとしても、その伸び代はそれほど大きくないというのが現状の日本です。

今後の人口減が日本では確定している。

タケ

経済的な成長余地がそれほど大きくない。日本への投資の欠点はここにある。

もう一人のタケ

S&P500のこれからはわからないが、過去は上昇

S&P500の今後は完全に予想できるものではありませんが、過去は上昇を続けています。

  • ITバブル崩壊→上昇
  • 100年に1回と言われたリーマンショック→上昇
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-03-21-5.10.56-1024x448.png です

リーマンショックなどで急激な下落がありましたが、全体を通してみると上昇しているのが過去の歴史です。

その歴史をどう捉えるかによりますが、2019年までは右肩上がりで成長を続けていると言えます。

短期的な下落が起こったことはあるけど、基本的には右肩上がりになっているよ。

タケ

リーマンショックの後も上昇している。今後はわからないけど、過去のデータはいいものになっているよ。

もう一人のタケ

日経平均は過去を超えられていない

日経平均は過去の最高値を超えられていません。

アメリカは最高値を2019年更新し続けていたのに対して、日本の最高値は30年以上も前の話です。

この30年間は上下動を繰り返しつつ、過去を超えられていないのが日経平均の現状。

  • 日本自体が頭打ちになってきている
  • 過去を超えられずに、右肩下がりになっている

この現状はしっかり押さえておく必要があります。

日本は少子高齢化で今後の経済成長にそこまで期待が持てない。

タケ

日経平均に投資するのは・・・という現状。

もう一人のタケ

S&P500が日経平均より初心者向け

S&P500が日経平均より初心者向け

S&P500と日経平均なら、S&P500に投資する方が初心者向きです。

過去のデータを見ても右肩上がりのものに投資していく方が簡単で、日本のように上下動が激しいものに投資するのは簡単ではありません。

  • 上下動があるものは投資するタイミングが重要になる
  • 右肩上がりのものは長期的に投資すれば、運用益が得られる

日経平均に投資した場合はどのタイミングで投資するかによって、プラスになったりマイナスになったりします。

しかし、S&P500の場合はどのタイミングで投資したとしても、長期投資ならプラス。

15年〜20年のスパンで投資していけば、これまでの歴史だと運用益を出せていたことになります。

S&P500に長期投資していた場合は運用益を出すことができていたよ。

タケ

日経平均は・・・タイミングが重要で、1990年代よりも下回っているのが今の株価。

もう一人のタケ

アメリカ投資は難しくない

アメリカへの投資が難しそうに感じますが、アメリカへの投資はそれほど難しくありません。

むしろ、簡単に投資することができ、作業的には日本に投資するのと変わらないです。

楽天証券で投資する場合、

【楽天証券で投資する方法】

  • 楽天証券にログインする
  • 検索窓に銘柄を打ち込む
  • 検索窓にしたに対象候補が表示されるので、クリック
  • 銘柄画面から買い付け

これはS&P500に投資する場合でも、日経平均に投資する場合でも一緒なので、作業的な難易度は変わりません。

今はネットで世界中の株式に一瞬で投資できる時代です。

作業の難易度は全然高くない。むしろ、一緒と言ってもいいほど。

タケ

それなら、右肩上がりのものに投資するのが初心者向けだと言えるよ。

もう一人のタケ

投資信託への投資方法は別記事で解説しています。

投資信託への投資方法は別記事で解説しています。

税制的に有利なつみたてNISA口座での投資方法を解説した記事がありますので、そちらを参考にしてみてください。

  • 楽天証券:楽天スーパーポイントが投資信託に使える
  • SBI証券:Tポイントが投資信託に使える

この2つの証券会社がオススメで、違いは上のような違いがあります。

どちらでも間違いはありませんが、ポイントとの互換性がいいのが楽天証券なので、初心者の方は楽天証券向きです。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

つみたてNISAを始める方法もまとめてあるよ。

タケ

まずはつみたてNISAの非課税枠を使って投資。税金面でのお得はしっかり使っておこう!

もう一人のタケ

まとめ;S&P500と日経平均の比較!日本への投資が少ない理由

まとめ;S&P500と日経平均の比較!日本への投資が少ない理由

私は日本への投資がかなり少ないですが、その理由としては

  • 日経平均はどのタイミングで投資するかによって、大きく成果が違ってくるから。
  • S&P500などアメリカの主要指数は右肩上がりで推移していて、そちらへの投資の方が簡単だから。
  • 今は世界の株に簡単に投資できるから

といった理由が挙げられます。

他にも細々とした理由はあるんですが、過去のチャートを見るとわかるように、日本への投資はかなり難易度が高いです。

投資初心者だという人は過去右肩上がりを続けているS&P500などのアメリカへの投資のほうが難易度が低いと言えるでしょう。

 

★高利回り狙いの投資★

利回りは5%以上を狙う!

具体的な戦略と実績を公開しています。

 

★あなたに合った投資はどれ?★

収入別・目的別に投資を紹介。

少額で簡単に経験できる投資から、高利回り投資までをまとめてます。

要チェック!

この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。