元月収10万円フリーター

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

ソーシャルレンディングで大損しないための綿密な分散投資と実績調査の方法

 
ソーシャルレンディングで大損しないための綿密な分散投資と実績調査の方法
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。
  • ソーシャルレンディングに興味あるけど、大損しそうで怖い!
  • ネットで怖い記事を見た!ヤバそう・・・

そんなあなたが知っておきたい大損しない方法を今回は解説します。

損するのを100%避ける方法は残念ながらありません。

でも、大損は避けられます。

  • ソーシャルレンディング投資で知っておきたいこと
  • 具体的に大損を避ける方法

これらを中心にソーシャルレンディングで大損を避ける方法を解説していきます。

ソーシャルレンディングで損は避けられなくても大損は避けられる。

タケ

100万円の運用資金のうち50万円損失なんてことは避けられます。

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングでの大損を回避する具体的方法

ソーシャルレンディングでの大損を回避する具体的方法

まずはソーシャルレンディングで大損を回避する具体的な方法を解説していきます。

  1. 分散投資
  2. 業者選び
  3. 案件選び

ほとんどのサイトで分散投資や業者選びの重要性には言及されていますが、具体的にはどれくらいの数に分散していけばいいのでしょうか?

分散投資

ソーシャルレンディングに投資する時に絶対にやっておかないといけないのが分散投資です。

この分散投資をしっかりやっておかないと

  • 50万円×2案件に投資していた場合、1件の貸し倒れで50万円を失う可能性がある
  • ダメージが大きすぎ、投資をやる上で致命傷になり得る

ソーシャルレンディングで大事なのは1件あたりの損失額を少なくしておくことで、分散は30ほどが目安です。

クラウドクレジットでも以下のような解説がなされています。

「クラウドクレジットのファンドも、30程度のファンドに分散投資をしていただければ、もちろん確率論ではあるものの、投資家の方の資産が大幅に目減りしてしまうリスクをある程度は低減させることができます。」

分散投資のマジックナンバーは30

いきなり30のファンドに投資する人はほとんどいないと思いますが、これが意味することは30万円までは1万円×30の投資が望ましいということ。

個人的に30案件まで分散するのはやりすぎかなと思いますが、10案件程度では若干少ないと言えるでしょう。

分散・分散というけど、何案件に分散したらいいのかが重要。2〜3案件では少ない。

タケ

できることなら、15案件ぐらいに投資したい。1万円で投資を始める人は分散できないから、最小金額でコツコツ投資していこう!

もう一人のタケ

業者選び

業者は過去の運用の実績などを加味して、2〜3社ほどを運用していくのが基本です。

大事なのは過去の実績がよくない業者や調べられなかった業者は投資の対象から外すことで、業者に関しては分散していればいいというものではありません。

実際に私が投資している業者は

【実際に投資している業者】

これらの業者に投資しています。

この中でも1円から投資できるのがfundsで、1円から投資できます。

funds・OwnersBook・クラウドバンク・クラウドクレジットに投資しているよ。

タケ

過去の運用実績から判断してるけど、とにかく分散投資が大事。最初は1万円で投資するのがオススメ。そこから運用金額を上げていくイメージ。

もう一人のタケ

案件選び

案件に関してはそんなに開示されている情報がないので、判断が難しい部分がありますが、判断する基準として

  • 担保があるか
  • 運用期間

があります。

OwnersBookは貸付型全案件不動産担保がついているので、先ほどの「業者選び」のところでも選ばせていただきました。

担保付きの案件を見つけるのが難しい場合は

  • とにかく少額で多くのファンドに分散投資
  • 運用期間が短いものを選ぶ

この2つを重視して投資していくのが主な方法です。

【ソーシャルレンディング各投資先の詳細は以下から】

最も安く投資できるのがfundsで、利回りを重視するなら、クラウドクレジット。

タケ

どこに投資するにしても分散投資が大事。業者も最低2つぐらいは分散しておきたい!

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングで大損をしてしまう理由

ソーシャルレンディングで大損してしまう理由としては

  • 集中投資
  • 実績が悪い業者への投資

がありますが、先ほどの分散投資をしっかり守っていれば、基本的には大損を防ぐことは可能です。

ただ、なぜ集中投資が起こってしまうのか、その心理的な罠も解説していきます。

1つの案件への集中投資

集中投資が大損につながる理由は先ほど解説しましたが、集中投資は意外とやってしまいがちです。

私もかつて勉強不足のため集中投資をしてしまいました(その案件はプラス運用で終了)

【5万円×2案件のダメ集中投資(クラウドクレジット)】

クラウドクレジット

ここまで読んでくださった方ならお分かりかと思いますが、これはダメ投資例です。

ただ、実際に分散投資をしていこうとすると、若干作業がめんどくさく、「まぁいいか」となってしまいがちです。

私のダメ投資はめんどくさかったわけではなく、ただの勉強不足でしたが、油断が原因で集中投資が起こる可能性もあります。

常に分散投資には気を配るようにしましょう!

ほとんどの案件が損をせずに終わるから、だんだん油断してしまう。車の運転みたいなもの。

タケ

緊張感がだんだんなくなっていく時が危ないから、常に注意が必要だよ!

もう一人のタケ

実績が悪い業者への投資

ソーシャルレンディング業者の過去の実績はとても重要です。

デフォルトの確率が少ない業者を選ぶのが基本で、過去の運用実績をしっかりみていく必要があります。

この記事で挙げてない業者の中では、「投資金額を違う用途に使用した」なんてことがあり、訴訟に発展したケースもあります。

この記事で取り上げた業者に関しても、将来的なことまではわかりませんので、過去の運用実績は重要視するようにしましょう!

過去の元本回収率などを考慮しよう。分散投資をしていればそれほど大損はしない。

タケ

とにかく最重要なのは分散投資。分散投資さえしっかりしていれば、それほど困ることはないよ!

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングで大損は一番やってはいけない

ソーシャルレンディングで多少の損はあり得ます。

100万円投資したとして、1万円〜2万円ほどの損なら、それほど大ダメージではありませんが、10万円以上損をするのはよくないです。

100万円を20案件以上に投資していれば、そこまで損をする可能性は少ないですし、何度も言いますが分散投資がめちゃくちゃ重要!

  • 分散投資がとにかく重要(30案件が目安)
  • 過去の運用実績

この2つを見ておけば、そうそう大損することはありません。

すぐに取り返せるぐらいの損しかしないように、リターンよりも損失を少なくすることを意識しましょう!

とにかく損を小さくする!利回りを追い求めたくなるけど、損を小さくすることが最優先だよ。

タケ

リターン中心主義にならないように気をつけよう。利回りのいい案件への集中投資は厳禁。

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングのメリットはとにかく楽チンに運用できること

ソーシャルレンディングのメリットはとにかく楽チンに運用できること

ソーシャルレンディングのメリットは楽に運用できることです。

反対にデメリットはデフォルトリスクであり、デフォルトを避けることさえできれば、楽チン運用で資産がどんどん増えていきます。

私もソーシャルレンディング複数社で運用してきましたが、

  1. 口座開設は無料で、10分〜15分程度(審査あり)
  2. 投資した後は全くやることがない(メールが届く程度)
  3. 運用期間が終了するのをひたすら待つ
  4. 分配金が得られる

というシステムになっているので、投資を行う際以外は実生活に及ぼす影響はほぼありません。

それがソーシャルレンディング一番のメリットで、普段の生活が忙しく、投資を勉強する時間や運用する時間がない人向けの投資です。

ソーシャルレンディングの一番のメリットはやる作業の少なさ。基本的にはほったらかしで運用できる。

タケ

忙しい人向けの投資。投資後は本当に何もすることがなくて、暇になることも多い。

もう一人のタケ

少額で運用できる

ソーシャルレンディングは基本的に1万円から運用することができます。

なので、投資としては少額です。

  • 株式投資:数万円〜数十万円
  • FX:数十万円

これぐらいの資金が必要なのに対し、ソーシャルレンディングの場合は1万円から。

この記事で挙げた業者だとfundsは1円〜運用でき、OwnersBookクラウドバンククラウドクレジットは全て1万円で運用できます。

なので、投資初心者でもハードルが低いのが特徴です。

ソーシャルレンディング最大のデメリットはデフォルトだけど、運用は少額でできほったらかしなので、初心者のかたも結構投資してる。

タケ

安く始められるのも魅力。ちなみに、1万円を投資した場合の最大損失額は1万円。

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングの複利効果

ソーシャルレンディングが仮に年利回り5%だったとして、その運用益をさらに投資していった場合の複利効果が以下の表になります。

年数運用元本運用益
1年目100万円105万円
2年目105万円110万2500円
3年目110万2500円115万7625円
4年目115万7625円121万5506円
5年目121万5506円127万6281円
6年目127万6281円134万95円
7年目134万95円140万7099円
8年目140万7099円147万7454円
9年目147万7454円155万1327円
10年目155万1327円162万8893円

1年目の運用益105万円をそのまま投資に回すとこの表になり、だんだん運用益が膨らんでいく計算になります。

これが「複利効果」で効果がかなり大きいので、ぜひ活用してみてください。

まとめ:ソーシャルレンディングの大損を回避する具体的な方法

ソーシャルレンディングで損をする局面は出てきてしまうかもしれませんが、大損は回避できます。

  • 分散投資
  • 業者選び
  • 案件選び

これらを意識して、運用すれば大損のリスクは避けることができます。

最後に私が実際に投資をしている業者をまとめましたので、参考にしてみてください。

【実際に運用しているソーシャルレンディング業者】

投資する場合はまず少額で投資した方がいいですよ!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.