元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

ソーシャルレンディング不祥事検証!業者は絞って投資!

 
ソーシャルレンディング不祥事検証!業者は絞って分散投資!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

ソーシャルレンディングで過去に不祥事が起こった!?

タケ

過去の代表的な不祥事を検証するよ!リスク管理についてもまとめたよ。

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングは初心者向けの投資と言われています。

  • 市場の動きを見る必要がない
  • 投資した後は運用期間が終了するのを待つだけ

やるべき作業が少ないのが特徴ですが、過去に不祥事を起こした業者も存在します。

今回はソーシャルレンディングで起こった過去の不祥事をまとめました。

  • 過去の不祥事から知っておきたいこと
  • ソーシャルレンディングにおけるリスク管理

これらを知りたいという方はこの記事を参考にして頂けると嬉しいです。

ソーシャルレンディング業者が起こした過去の不祥事

過去に不祥事を起こした会社をここでは解説します。

ソーシャルレンディングで最も怖いリスクはデフォルトですが、不祥事が起こってしまうとかなり高い確率でデフォルトが起こってしまいます。

その代表的な事例をここでは取り上げていきます。

みんなのクレジット

みんなのクレジットは大きな問題を起こした業者として有名です。

  • 投資家から集めた資金を説明と異なるところに貸し出した
  • 投資された資金はほとんど返ってこなかった
  • みんなのクレジットに対して、投資家が起訴

これを見るとかなり問題があることがわかります。

ソーシャルレンディング業者で、このような問題を起こしている業者が何社かあり、このような会社に投資してしまうといい成果が得られません。

みんなのクレジット事件はソーシャルレンディング界隈では有名。

タケ

このような事件があったということは知っておこう!

もう一人のタケ

ラッキーバンク

ラッキーバンクでもみんなのクレジット同様、投資家が損失する事件が起こりました。

  • 虚偽・誤解を与える勧誘を行った
  • 返済困難だとあらかじめわかっているファンドへの投資を募った

などの問題があり、最終的には投資家側が約7割損をすることになりました。(約3割の元本返済)

このような事件が起こってしまうと、損をする確率がかなり上がってしまうので、できる限りこのような事件は避けたいところです。

では、具体的にどのようにこのような事件を避けていけばいいのでしょうか?

ラッキーバンクやみんなのクレジット事件はかなり有名。

タケ

でも、このような不祥事を起こしてない業者もある。ソーシャルレンディングで大事なことをここから紹介するよ。

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングにおけるリスク管理

ソーシャルレンディングで注意しないといけないのは元本が減ってしまうデフォルトです。

みんなのクレジットやラッキーバンクのような事件にあってしまうとデフォルトは避けられないと言っていいでしょう。

このような事態を避けるには一体どうすればいいのでしょうか?

業者選び

先ほど挙げた業者のように、問題が起こってしまうとソーシャルレンディングでは大きなマイナスが出てしまうことがあります。

なので、大事なのは業者選び。

現状だとクラウドバンク(2019年8月現在で元本回収率100%)、OwnersBook(上場企業が運営)が安定しています。

  • 過去の運用実績がどうなっているか?
  • 会社設立からどれぐらい期間が経っているのか?
  • 1つの会社を信用しすぎずに、複数の業者に分散する

ソーシャルレンディングで大事なのはデフォルトを避けることなので、過去の実績が安定している業者を選ぶことが大切。

そして、1つの業者を信用しすぎないことが大切です。

1つの業者を信用しすぎないことが大切。

タケ

複数の業者に分散投資するようにしよう。リスクは分散させることが大事。

もう一人のタケ

分散投資

業者の分散と投資するファンドを分散することはかなり大切です。

仮に1つの業者に集中投資したとして、その業者がラッキーバンクのような事件を起こしてしまったら、あなたの投資金額はなくなってしまうかもしれません。

ソーシャルレンディングに限らず、分散投資はリスク管理になります。

  • なくなっても動揺しない金額しか1つの業者に投資しない
  • 複数業者に投資することがリスク分散につながる

私の場合は投資したお金はなくなってもいいものとして考えています。

それぐらいの金額しか投資しておらず、投資は余剰資金でやりましょう!

リターンがゲットできるからと言って、集中投資しすぎてしまうとリスクが大きくなる。

タケ

分散投資はリスク管理の基本。資産が減る可能性があるのも投資なので、そこは注意しよう!

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングの不祥事リスクを減らすために業者は絞って分散投資

「絞って分散」というあいまいな言葉を使っていますが、

  • いろんな業者に投資しすぎると、事件を起こす業者に当たるリスクも出てくる
  • 1つの業者に集中投資するのは危険
  • 比較的信頼できる複数の業者に投資する

2つ〜3つの業者に絞って、分散投資をしていくと集中投資のリスクを減らせて、なおかつ不祥事に当たる確率も減らせます。

もちろんリスクをゼロにできるわけではありませんが、可能な限りリスクを減らしていくことがソーシャルレンディングでは大事になります。

ソーシャルレンディングに限らず、投資のリスク管理は常に考えておこう!

タケ

ソーシャルレンディングでは業者選びと分散投資が大事になってくるよ!

悪さをする会社はどの業界でもある。見極めとリスク管理が重要

投資に限らず、不祥事を起こす会社はあります。

  • 食品業界の産地偽装
  • 保険の不正販売
  • 虚偽決算

不祥事は様々な業界で起こりますが、投資の世界でも今回の記事で紹介したような事例はあります。

なので、この記事で書いたようなリスク管理を最低限やっていって、有意義な投資を心掛けましょう。

投資のリスク管理は超重要。将来のために投資の知識は必要不可欠。

タケ

終身雇用の崩壊、老後不安を考えると投資の知識は無いよりあった方がいいよ。

もう一人のタケ

まとめ:ソーシャルレンディングの不祥事検証!業者は絞って分散投資

ソーシャルレンディング業者の中でも、ラッキーバンクやみんなのクレジットのように不祥事を起こしている業者はあります。

ソーシャルレンディングを始める際は過去の運用実績に注意して、できるだけ運営期間が長い業者を選ぶことが大切です。

  • 過去の運用実績を見る
  • 複数業者に分散する
  • 多くの業者に分散しすぎるのはやめる

この3点押さえるとリスクを抑えることができますよ!

リスクとリターンをしっかり知って、いい投資をしよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.