元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

SBIネオモバイル証券に投資するリスクを徹底分析!

 
SBIネオモバイル証券に投資するリスクを徹底分析!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

SBIネオモバイル証券に投資するリスクは一体何?

タケ

今回はSBIネオモバイル証券のメリットとデメリットをまとめたよ。

もう一人のタケ

いろんな証券会社があるけど、どの証券会社で投資したらいいの?

投資を今から始めようと思っている人はかなり迷っているのではないでしょうか?

今回はそんな中で、SBIネオモバイル証券のリスク面ついてまとめました。

  • SBIネオモバイル証券は他の投資に比べて、どんなリスクがあるの?
  • SBIネオモバイル証券のデメリットは何?
  • 自分はどの証券会社を選んだらいい?

このような疑問を持っている方はこの記事を最後まで読んでいただけると嬉しいです。

SBIネオモバイル証券は少額運用なので、リスク面は比較的少ない

SBIネオモバイル証券は少額運用なので、リスク面は比較的少ない

SBIネオモバイル証券は少額で運用したい人向けの証券会社です。

なので、リスク面は比較的少ないと言えます。

【SBIネオモバイル証券の特徴】

  • SBIネオモバイル証券のリスクは株価の下落リスクで、その点は他の証券会社と変わらない
  • 少額投資に特化したサービス

国内株式とロボアドバイザーを少額で開始したい人向けのサービスです。

SBIネオモバイル証券は勉強用として始めやすい証券会社だよ。

タケ

具体的にどんなリスクがあるのかここから見ていくね!

もう一人のタケ

SBIネオモバイル証券に投資するリスクとデメリット

SBIネオモバイル証券に投資するリスクとデメリット

SBIネオモバイル証券に投資するリスクとデメリットは

  • 本格的な投資には向かない
  • NISA、つみたてNISAが使えない

これらの点がデメリットになります。

本格的な投資には向かない

資産を本格的に増やしていきたい人はSBIネオモバイル証券は向いていません。

50万円までの取引の場合はお得になりますが、それを超えてしまうと手数料が一気に割高となってしまいます。

投資のちを勉強を少しする程度で使うのがSBIネオモバイル証券の使い方。

本格的な資産形成には向いていません。

本格的な投資には向いていないのがSBIネオモバイル証券。

タケ

あくまで少額勉強用。投資の最初の一歩としては始めやすいよ。

もう一人のタケ

NISA・つみたてNISAが使えない

NISAやつみたてNISAは使えないのがSBIネオモバイル証券のデメリットです。

運用益が非課税になる制度で、NISA枠を使うことによって、税制的にお得になります。

  • 運用益非課税枠を使いたい
  • まずはNISAかつみたてNISAで運用を始めたい

少額で運用するにはいいですが、NISA・つみたてNISAが使えないのはSBIネオモバイル証券のデメリットです。

NISA枠が使えないのがSBIネオモバイル証券のデメリットになるよ。

タケ

少額で投資体験はできるけど、NISA・つみたてNISAを活用したい人は別の証券口座になるね。

もう一人のタケ

SBIネオモバイル証券は少額でリスク少なく運用したい初心者向けの理由

SBIネオモバイル証券は少額でリスク少なく運用したい初心者向けの理由

SBIネオモバイル証券は少額でリスク少なく運用したい初心者向けだと言える理由は

  • 少額でロボアドバイザー運用ができる
  • Tポイントで国内株式を運用できる
  • 定額制で取引し放題

が挙げられます。

1つずつ見ていきましょう!

少額でロボアドバイザー運用ができる

SBIネオモバイル証券では「ウェルスナビforネオモバ」というロボアドバイザーのサービスがあります。

このサービスを使うと・・・

【ウェルスナビforネオモバのメリット】

  • ウェルスナビに1万円から投資できる(通常は10万円〜)
  • 積立金額も安くできる

→ロボアドバイザーを通常より安く運用できるメリットあり

10万円からとなると「うっ、厳しい・・・」と思ってしまうかもしれませんが、1万円からだと比較的始めやすいです。

「ロボアドバイザーって何?」という方は詳しい解説記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。

少額でロボアドバイザー運用ができるのがSBIネオモバイル証券のメリット。

タケ

10万円からしかできない運用が1万円からできる。参考記事にも詳しく書いてるよ!

もう一人のタケ

Tポイントで国内株式を運用できる(ロボアドバイザーはポイント不可)

国内株式をTポイントで運用することができます。

SBIネオモバイル証券では毎月期間限定で投資に使えるポイントが200ポイントもらえるので、それを使って投資可能。

  • Tポイントが貯まる
  • そのポイントで株式を買う
  • ポイントだけで投資体験ができる

SBIネオモバイル証券の場合、1株単位で取引できるので、少額から投資することができます。

安い株の場合は現金を出すことなく、Tポイントだけで投資することが可能です。

SBIネオモバイル証券は少額で投資することができる。だから、比較的簡単に投資できるよ!

タケ

Tポイントだけで投資することもできるのがお得だね!

もう一人のタケ

定額制で取引し放題(約定代金50万円未満ならお得)

定額制で取引し放題なのがメリットです。

何回取引しても定額制なので、手数料が大きくなる心配はありません。

なので、最初の勉強でガンガン取引したい人はお得なんですが、約定代金が50万円を超えると割高になります。

【SBIネオモバイル証券がお得なケースと損なケース】

  • 月間約定代金が50万円以下の場合はお得
  • 50万円以上取引したい場合は他の証券会社の方がいい
  • 1株単位で投資できるので、少額でガンガン取引したい人向け

数百円〜1000円単位で株を取引していきたい場合はSBIネオモバイル証券がお得です。

本格的な投資は他の証券会社の方がやりやすい。SBIネオモバイル証券はあくまで少額運用。

タケ

少額でたくさん取引できるのがSBIネオモバイル証券の魅力。

もう一人のタケ

本格運用はSBIネオモバイル証券ではなく楽天証券がオススメ

本格運用はSBIネオモバイル証券ではなく楽天証券がオススメ

本格運用はSBIネオモバイル証券ではなく、楽天証券がオススメです。

楽天証券が向いている人は

【楽天証券が向いている人】

  • 株式投資を本格的に始めていきたい人
  • 外国株に投資したい人
  • NISA、つみたてNISAを活用したい人
  • 楽天スーパーポイントを投資に活用したい人

外国の株も含めて、ガッツリ投資を始めていきたい人は楽天証券が向いています。

【楽天証券の口座開設方法はこちら】

楽天証券でつみたてNISAを始める方法

楽天証券での口座開設する方法をまとめたよ。

タケ

つみたてNISA口座も同時に開設しておくと便利だよ。

もう一人のタケ

ロボアドバイザーの本格運用は通常のウェルスナビ

ロボアドバイザーの本格運用は通常のウェルスナビで行うと長期割を活用できます。

50万円以上を運用し続けると手数料が最大0.1%安くなるプランなので、最低投資資金が10万円以上ある場合は通常のウェルスナビを活用するのがオススメです。

ただ、割引が最大0.1%なので、そこまで無理して活用する必要はなく、

この分類でOK。

「ウェルスナビ」と「ウェルスナビforネオモバ」に関しては以下から詳細を見ることができますので、そちらも参考にしてみてください。

【ウェルスナビとウェルスナビforネオモバの詳細】

ウェルスナビとウェルスナビforネオモバは投資金額の違いだけ考えておけばOK。

タケ

10万円以上資金があるならウェルスナビ、10万円未満ならウェルスナビforネオモバ。

もう一人のタケ

まとめ:SBIネオモバイル証券に投資するリスク

今回はSBIネオモバイル証券に投資するリスクについてまとめました。

投資するリスクとしては

【SBIネオモバイル証券に投資するリスク】

  • 少額投資なので、比較的リスクは少ない
  • 株の損失が大きなリスク
  • NISA、つみたてNISAが活用できないのはデメリット

これらの点が挙げられます。

自分に合った投資をしっかり把握して、いい投資ができるようにしましょう!

【投資先の特徴】

  • SBIネオモバイル証券:少額で国内株式、ウェルスナビを運用したい人向け
  • 楽天証券:本格的に投資したい場合。NISA・つみたてNISAを使いたい場合
  • ウェルスナビ:10万円以上の投資資金があり、本格的に運用したい人向け

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.