クズフリーターの運用記録

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

【超重要】20代の投資と貯金の割合!将来1000万変わるお金の知識!

 
20代の投資と貯金の割合
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

20代の投資と貯金の割合はどうしたらいいの?

タケ

投資にどれくらい投入していけばいいのか?その考え方をまとめたよ。

もう一人のタケ

今回は投資と貯金の割合について。

基本的には給料を貯金している人が多いと思いますが、それを続けているとお金の面で苦しくなることがあります。

20代の投資に関しての考え方は

  • 投資の知識があるだけで、将来1000万円変わる
  • ただし、最低限の貯金を確保してから、投資を増やす
  • 投資はいつでも引き出せるものをすることが大切
  • いろんな投資の経験を積んで、知識を得る

最終的には自分に合った投資を選ぶ必要がありますが、その前段階として、知識を蓄える段階があります。

将来の資産に大きく影響するので、ぜひ投資の知識を蓄えてみてください!

20代の投資と貯金の割合は投資8割でOK

貯金をしているとお金を増やすことができません。

お金は増えるものではなく、貯めるだと思うかもしれませんが、長期的に利回りを得ていくことは可能です。

  • 投資を理解しておくこと
  • 自分で商品を選べること

この2点を知っておけば、投資を有効に活用できます。

そして、投資の割合は8割ほどがいいですが、最低でも50万円〜100万円の貯金は必要です。

あるいは投資をしていきつつ、50万〜100万円貯金する必要があります。では、なぜ投資が多めの方がいいのでしょうか?

日本にはあまり浸透していない投資の基本。

タケ

貯金がよくない理由も絡めながら解説していきます。

もう一人のタケ

貯金がよくない理由

現金をそのまま持っておくというのは一番損する方法です。

理由はお金が増えないから。

政府やいろんな企業の政策によって、貯金を続ける人は気づかない間に損をしていることになります。

  • 家賃の上昇
  • 固定費の増大(スマホ代・ネット代)
  • 消費増税(5%→8%→10%)

直近の20年間貯金をしていた場合、お金はほぼ増えませんが、支出はこれだけ増えることになり、上の3つだけでも3万円ほどになるのではないでしょうか?

固定電話のみだった20年前と比べて、スマホ代・ネット代だけで1万5000円も増えていて、増税になっているにも関わらず、貯金ではお金が増えない。

給料も日本では全然増えていないので、生活はどんどん圧迫されていることになります。

給料は増えないのに、支出はどんどん増えていってる。

タケ

このまま増えていったらかなり危ない。

もう一人のタケ

投資の基本:長期投資を!

このように、貯金をしていると気づかぬうちに生活を圧迫してしまうのです。

給料が増えることはあまり期待できないので、今後は持っているお金をいかに増やしていくかが重要になります。

そこで投資です。

投資というと

  • 大損して借金を抱えそう
  • リスクが怖い

というイメージがありますが、それは短期的に一気に稼ごうとする投機だから。投資の基本は長期・積立・分散であり、10年・20年・30年とかけて増やしていくものです。

このことさえ知っていれば、かなり高い確率で、お金を増やしていくことができます。

長期で運用する方法を知っておくことが重要。

タケ

時間を掛ければ、投資の効果は徐々に出てくる。

もう一人のタケ

20代で投資の割合を増やすとなぜ1000万円増えるのか?

20代で投資を月2万円ずつしたとします。

10年で240万円・20年で480万円を投資できますが、毎月2万円を20年間投資した場合のシミュレーションが以下の数字です。

毎月2万円の場合は約440万円のリターンをゲットすることになります。

このような計算をしていくと、毎月4万5000円を積み立てていくと20年で1000万円増えるシミュレーション結果が出ます。

毎月2万円の積み立てでも、30年弱かければ1000万円増やせる計算です。

長期・積立・分散をしっかり知ろう

投資の基本は長期・積立・分散です。

  • 長期:10年・20年・30年という長期スパンで投資をする
  • 積立:毎月一定金額を積み立てて投資すること
  • 分散:投資先を分散させること

この3つが基本になります。

基本をしっかり守って投資していけば、お金を増やせる可能性は高くなります。

長期・積立・分散の考えをまずは知ることが大事。

タケ

一気に稼ごうとするのは投機・ギャンブル。それは投資とは言えない。

もう一人のタケ

リターン6%は可能か?

1000万円増える理屈は理解して頂けたかと思いますが、ここで1つ疑問が湧き上がったと思います。

「本当にリターン6%は可能?」

この点が一番引っかかると思いますが、過去の運用実績から考えるとリターン6%は絶対とは言えませんが、それなりの確率で可能です。

毎月20万円を投資した際の長期投資のシミュレーションをしている記事もありますので、参考にしてみてください。

20万円と額は大きいですが、全て10分の1計算して頂ければ、毎月2万円のシミュレーションになります。

【参考記事】

毎月20万円投資すると約10年で1000万円増える仕組みを公開!

20代は長期投資の始め方を知ろう!

長期投資はいくらか始め方がありますが、代表的なのは

  • ロボアドバイザー
  • つみたてNISA(投資信託購入)

この2つです。

つみたてNISAは年間40万円まで運用益の非課税枠があり、国が選んだ投資信託の中から、自分で商品を選んで積み立てていきます。

具体的にはここから詳しく説明します。この2つの投資の始め方を見ていきましょう。

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーは投資初心者向けの自動で運用できる投資です。

メリットとデメリットは

  • メリット:口座に入金するだけで運用できるので、とても簡単
  • デメリット:手数料が高い

手数料は1%弱ぐらいですが、つみたてNISAで運用する投資信託に比べると手数料は割高です。(つみたてNISAのインデックスファンドは0.2%前後)

なので、手数料的には少し負担があるんですが、どの株式を買うか、どのETFを買うかなどをロボットが適切な割合を割り出して、自動運用してくれます。

  • 手数料が高い分、運用の手間を省いてくれるロボアドバイザー
  • 手数料は安いが、投資信託の選定は自分で行うつみたてNISA

という分類になります。

ウェルスナビTHEOが代表的なロボアドバイザーです。

つみたてNISA

ロボアドバイザーのところでも触れましたが、つみたてNISAは安く運用できるという特徴があります。

投資信託を最初に選ぶ際の面倒な設定や勉強をしても、安く運用したいという場合はつみたてNISAで運用を始めましょう。

つみたてNISAには

  • 運用益非課税(年間40万円まで)
  • 国が選定した投資信託から選べる
  • 手数料が安い

という特徴があるので、ロボアドバイザーと比較して検討してみてください。

2つの投資を始める方法

2つの投資はどちらも初心者向けなので、簡単に始めることができます。

各投資の特徴や始め方は詳しく別記事で解説してますので、そちらも参考にしてみてください。

各投資の割合〜失敗できる20代の強さを生かせ

各投資の割合は

  • 1つに集中投資しない
  • 多少の失敗はしておくべき

この2つを念頭に置いて、検討していくのがオススメです。

20代のうちはまだ投資も少しの失敗はできます。運用初期はあまり大金を動かさないですし、早い段階での失敗は問題ありません。

ただ、運用額が大きくなってきてしまってからの失敗は危険です。

  1. 投資を少額で始める
  2. 上手く運用できる
  3. どんどん投資額を増やす(身の丈に合ってない投資もやりだす)
  4. 失敗した時の額が大きくなる

この流れにならないように、失敗するなら少額のうちに失敗を経験しておきましょう。

まずは知識を得ることが重要です

経験は知識を増やします。

あまりにも経験が少ないと幅の狭い人生を送ってしまうことになりますが、投資でも同じことが言えます。

「いろんな投資をやれ!」とは言いませんが、少額でいろんな投資を早い段階で知っておくことは将来の役に立ちます。

株式投資など10万円を超えるようなものはやらなくても大丈夫ですが、1万円以内で始められるものだったら、それほど大きなダメージにはなりません。

どの投資にどんなリスクとリターンがあるのか肌感覚で理解するためにも、いろんな知識を蓄えておきましょう。

失敗は少額でしよう!

タケ

舞まずはいろんな経験を積むことが大事。

もう一人のタケ

知識を得る→自分にあった投資へ

ある程度いろんな知識を得た上で、最終的には自分にあった投資へ集中投下していきましょう。

  1. いろんな投資を経験する
  2. 自分に合った投資を見つける
  3. 見つけた投資に集中する

最終的に自分に合っている投資に集中することが大事ですが、自分に向いているかどうかをしっかり知ることが大事。

「集中投資」→「他に自分に向いている投資があるかも?」→「いろんな投資に手を出す」

これが最悪の流れなので、これだけは避けるようにしましょう!

少額でまずは経験を積んで、自分に合った投資を判断してみよう。

タケ

少額であることが大前提。投資資金が膨らみすぎないように気をつける!

もう一人のタケ

まとめ:20代の投資と貯金の割合

投資のリターンを得ながら、生活していくことが将来的には大切です。

ただ、最低限の貯金は必要なので、私の場合は50万円ほどの貯金をしてから、投資の割合を一気に増やしていきました。

お金に対する知識がどれだけあるかによって、将来は大きく変わっていきますので、ぜひ20代のうちに知識を蓄えていきましょう。

失敗するなら、少額のうちに!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.