元月収10万フリーターが300万以上運用

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略(無料note)

クラウドクレジットの安全性を徹底分析!リスク分散の方法はあるのか?

 
クラウドクレジットの安全性を徹底分析!リスク分散の方法はあるのか?
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

クラウドクレジットの安全性はどんな感じ?実際にクラウドクレジットの安全性を見てみよう。

タケ

投資先として信頼してもいい業者なのかな?運用実績とともに見ていくよ!

もう一人のタケ

クラウドクレジットは安全性の高い投資なのか?

ソーシャルレンディング業者はたくさんあり、過去には大規模な貸し倒れを起こした業者も数多く存在しました。

貸し倒れが起こる=損失になってしまうわけですから、できる限り貸し倒れがない業者に投資しておきたいところ。

そこで、今回は

  • クラウドクレジットに貸し倒れはあるのか?
  • どのような運用をすれば安全性が高められるのか?
  • ソーシャルレンディングの中で、安全性が高い業者は?

このあたりの点を解説していきます。

クラウドクレジットの安全性はめちゃくちゃ高いわけではない

クラウドクレジットの安全性はめちゃくちゃ高いわけではない

クラウドクレジットの安全性はめちゃくちゃ高いわけではありません。

絶対安心だと言える投資は世界中どこを探してもないんですが、ソーシャルレンディング業者の中で安全性が高いかと言われれば、そうではありません。

  • 新興国投資であること(東欧諸国・ペルー・カメルーンなどの案件あり)
  • リターンは高いが、その分リスクを取ること

これらがクラウドクレジットの特徴となっているので、リスク面では低いとは言えません。

クラウドクレジットの運用は新興国というある程度リスクの高いところに投資して、その分高いリターンを受け取る投資なのです。

クラウドクレジットの安全性は高いとは言い切れない。リターンを重視した人向けの投資先。

タケ

安全性が高いわけではないから、敬遠するという考え方もある。全体の運用成績も含めてここから見ていくよ。

もう一人のタケ

クラウドクレジットの安全性をタケの運用実績から分析

クラウドクレジットでの運用実績は以下の通りです。

【クラウドクレジット2019年年間運用実績】

クラウドクレジット

2018年の11月に投資した案件が2020年の1月に償還されました。

約1年2ヶ月の運用期間でしたが、しっかりと償還が行なわれ、利回りは税引き後でも7%ほどを獲得できています。

  1. 5万円→5万2686円
  2. 5万円→5万4780円

となっていて、私のクラウドクレジットでの投資は成功したと言える数字です。

ただ、全員が全員元本を増やしているわけではありません。

全体のリターンは一体どのようになっているのでしょうか?

【クラウドクレジットの詳細は以下から】

タケが投資した案件に関しては投資が上手くいって、プラスの運用成績になったよ。

タケ

でも、大事なのは全体の数字。全体の投資実績敗退どうなっているのかを見るね。

もう一人のタケ

全体の損益分布図

クラウドクレジットでは損益分布図を公開しています。

クラウドクレジット

これがこの記事が書いた段階で公開されている損益分布図です。

最新の運用実績を見るには

  1. クラウドクレジットへアクセス
  2. 「CROWD CREDIT」をクリック
  3. 「運用状況・実績」→「お客様全体の損益分布図」

で確認することができますので、気になる方は確認してみてください。

この損益分布図を見ると利回りの平均値は4.67%となっていて、全体的にはプラスの運用になっていることがわかります。

ですが、グラフの元本割れの部分を見てみると、実際に元本割れを起こしている人がいるということも同時にわかります。

元本割れは起こってしまうものだから、そこは仕方がない。その可能性をゼロにはできない

タケ

大事なのは損失が起こってしまっても、その損失額をゼロにする方法だよ。

もう一人のタケ

損失を最小限にすることが最も重要

損失になることもあり得るのがクラウドクレジットの損益分布図からもわかりますが、投資で元本割れはあり得る話です。

では、何が大切なのかと言うと損失を最小限にすること。

損失をゼロにはできないと最初から予測して、損失を最小限にする方法を実行していくのが大切です。

【損失を最小限にするための考え方と方法】

  1. 損失は起こるものだと考える
  2. 損失を少なくすることが最も重要だと心に刻み込む
  3. 投資金額30万円以下の場合は1案件につき1万円しか投資しない

クラウドクレジットでは分散の必要性が書かれており、クラウドバンク以外のソーシャルレンディングではどれも分散が重要です。

目安として30案件程の分散投資をするのが有効だとされていますが、最初からいきなり30個も投資するのは大変なので、1案件につき1万円投資するとこからスタートするのがオススメ。

まず1万円で投資していって、30件ほど投資した時に2万円に投資金額を増やすというのが基本的なやり方です。

1つの案件に高額を投資するのは危険なので、それはやらないようにしましょう!

分散投資をめんどくさがって、痛い目を見るのは自分。

タケ

一気に高額を投資したほうが楽だけど、リスクがありすぎる。一気に高額ではなく、少しずつ投資する方がいいよ。

もう一人のタケ

クラウドクレジットと他のソーシャルレンディング業者の安全性を比較

クラウドクレジットと他のソーシャルレンディング業者の安全性を比較

クラウドクレジット以外にもソーシャルレンディング業者は多数ありますが、その中でも現状運用実績がいいのは

  • クラウドバンク
  • funds(貸付投資でややソーシャルレンディングとは仕組みが違う)

実際に私も運用している投資で、運用実績もあわせて紹介していきます!

クラウドバンク

クラウドバンクは2019年8月現在まで、元本回収率100%となっているのが長所です。

貸し倒れが起こってしまう可能性がある点がソーシャルレンディングの欠点ですが、クラウドバンクはその貸し倒れを起こしたことがありません。

  • 運用実績のよさ
  • 実際にタケの運用実績もプラスになっている

この点からクラウドバンクは比較的安全性が高い業者だと言えます。

もちろん今後も元本回収率100%を維持できるかどうかはわからないので。クラウドクレジットと同様分散投資は心掛けるようにするのが大切です。

【クラウドバンク2019年運用実績】

クラウドバンク

分配金は毎月入ってきていて、プラスの運用になっています。

投資実績は毎月更新していますが、この記事では更新していません。

全ての記事で運用実績を更新することはなかなかできないので、以下の記事でクラウドバンクの投資実績についてはまとめています。

毎月の運用実績が見たいという方はそちらを参考にしてみてください。

過去の運用実績を見ると、クラウドバンクの運用実績はかなりいいよ!その運用実績もしっかりと考慮していこう!

タケ

ただ、今後もいい運用実績が続くかどうかはわからない。だから、分散投資をしっかりしていこう!

もう一人のタケ

funds

fundsは1円から投資できるというのが魅力的な投資で、少額で運用を始めることができます。

少額で運用を始めることができるので、初心者の方でも始めやすい投資となっていますが、案件が少ないのが欠点です。

  • 投資案件自体は少ない
  • 利回りもクラウドバンクよりは低い
  • 少額で投資を始められるメリットがある
  • ソーシャルレンディングとは少し違う仕組みだが、やる作業はほぼ一緒

こんな特徴があり、ソーシャルレンディングとそこまで大きな違いはありません。

利回りは低くてもいいから、まずは少額で運用を始めたいという人向けの投資です。

fundsには少額で投資していて、

利回りはそれほど高くないけど、安くで始められるのが長所だよ。

タケ

実際にどれくらいの値段で始められるのかをしっかり見ていこう!

もう一人のタケ

クラウドクレジットと比較して

クラウドクレジットは高い利回りの案件を取り揃えてはいますが、リスク的にはクラウドバンクやfundsの方が現状低いと言えます。

このような分類をすることができます。

最初は少額で投資していくと、だんだん慣れていきますので、いきなり高額を運用するのではなく。徐々に慣らしていきましょう。

実際にリターンを受け取れたりするようになると、投資の楽しさが実感できるようになりますよ。

各業者に特徴があるから、それをしっかり理解してやっていくことが重要。

タケ

特徴をしっかり理解して、自分に合った投資を始めていこう!

もう一人のタケ

まとめ:クラウドクレジットの安全性を徹底分析!他の業者よりもややリスクは高い

今回はクラウドクレジットの安全性についてまとめました。

クラウドクレジットはややリスクが高いソーシャルレンディング業者ではありますが、リターン的には高いです。

安全性を優先するならクラウドクレジット以外の業者がいいですが、ハイリターンを狙っていきたい人はクラウドクレジットへの投資もあり。

【投資経験のあるソーシャルレンディング業者】

それぞれ特徴があるので、自分に合ったものを選んでいきましょう!

投資実績記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。

【運用実績記事】

クラウドバンクをやってみた!感想と実績を包み隠さず公開!

fundsの運用実績をブログで公開!超少額で運用中!

クラウドクレジットは損をする!?年間運用実績と特徴を公開!

 

★元月収10万円フリーターが在宅収入情報発信★

月収10万円から在宅収入生活!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

苦しい人生を脱出し、一緒に人生逆転しませんか?

登録者特典あり!

友だち追加

LINEで在宅収入情報発信中!質問・メッセージも可能です!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

元月収10万円でもできる

2020年利回り10%狙いの投資戦略

株価大暴落で、戦略を変更

利回り10%狙いの投資に切り替えました。

無料noteで公開中!

2020年暴落でも動じない利回り10%超えの投資戦術

 

【各投資の運用実績を公開しています】

利回り10%超えのハイリスク・ハイリターン投資「トラリピ」
トラリピの運用記録をブログで全公開!いい点とダメな点はどこ?

毎月分配で年利6%超えのほったらかし運用「クラウドバンク」

クラウドバンクをやってみた!感想と実績を包み隠さず公開!

毎月の価格調整額(配当)メインのハイリスク・ハイリターン投資「株価指数CFD」

株価指数CFDの始め方と運用実績

長期ほったらかしの自動運用「ウェルスナビ」

ウェルスナビをやってみた!運用実績を公開(最新情報更新)

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

 

【Twitter運用中】




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.