元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

クラウドバンクのリスクと利回り!過去の元本割れを検証する!

 
クラウドバンクのリスクと利回り!過去の元本割れを検証する!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

クラウドバンクのリスクは一体どんな感じ?リターンはどれくらいあるの?

タケ

ククラウドバンクを始めようか悩んでいる人に向けて解説していくよ!

もう一人のタケ

クラウドバンクのリスクと利回りを今回は解説!

  • maneo
  • OwnersBook
  • クラウドクレジット

などソーシャルレンディングである系の業者は多くがありますが、それらと比較した時にクラウドバンクのリスクと利回りはいいのでしょうか悪いのでしょうか?

ソーシャルレンディングにおけるクラウドバンクのリスクと利回りを今回の記事では見ていきます。

クラウドバンクは他のソーシャルレンディング業者と比べてどうなの?

タケ

クラウドバンクの位置付けと評判・特徴を分析していくよ!

もう一人のタケ

クラウドバンクの利回りはどう?

ソーシャルレンディング事業者の中には

  • 利回りの大きさを重視し、多少のリスクを気にしない業者
  • 利回りよりもリスクの少なさを重視する業者

があります。

クラウドバンクはちょうど中間あたりの利回りで、6%〜7%台の利回り案件が多いです。

利回りが10%前後の案件をかなり扱っているソーシャルレンディング業者もいますし、4〜6%ほどの利回り案件を多く扱っている業者もあります。

【利回りの高低を代表する業者】

  • 利回りが高い業者の代表例:クラウドクレジット(利回り10%前後の案件もあり)
  • 利回りが低い業者の代表例:OwnersBook(利回り4.0%~6.0%ほどの案件が多い)

利回りが高ければ少しリスクが上がり、利回りが低ければ多少リスクは下がります。

では、各業者のリスクはどのようになっているのでしょうか?

クラウドバンクより高い利回りの業者も低い利回りの業者もある。

タケ

ちょうど真ん中付近のバランス型。大事なのはリスクを考えることだよ!

もう一人のタケ

クラウドバンクのリスクは?

ソーシャルレンディングの主なリスクはデフォルトです。

デフォルトは投資元本が減ってしまうことですが、このデフォルトを避けることができれば、ソーシャルレンディングにおけるリスクはほぼほぼ回避したことになります。

クラウドバンクのデフォルト率は↓↓

クラウドバンク
クラウドバンク回収率(2019年4月現在)

この画像の通りです。

これまでの実績で言えば、過去のデフォルトはないので、リスクは低いと見ることができます。

他のソーシャルレンディング業者を見てもデフォルトがない業者はほとんどありません。

※ 2019年9月地点での情報です。最新の情報が必ず公式サイトで確認してください。

クラウドクレジットはリスクを取って、高いリターンを得る業者で、OwnersBookは安定性はあるものの利回りが低め。

クラウドバンクはその間で、過去のデフォルトも確認されていません。

私はソーシャルレンディングに投資する時、まず最初にクラウドバンクに投資しました。

将来のリスクは誰にも予想することができませんが、過去の実績は見ることができます。

リスク面での過去の実績を見てみると、クラウドバンクとOwnersBookがデフォルトが確認されておらず、実績がいいと言えます。

過去の実績を考えると、クラウドバンクとOwnersBook。

タケ

将来のことはわからないけど、過去の実績は投資する上で重要だよ。

もう一人のタケ

リスクマネージメントの例

投資をする際によく言われる言葉で、「分散投資」という言葉があります。

一つの投資先に大量の資金を入れすぎないようにして、多くの投資先に分散することですが、ソーシャルレンディングでもこの分散投資をする必要があります。

分散投資を利回り6%・運用資金100万円を例にしてみると↓↓

【利回り6%、運用資金100万円で分散投資する場合】

  • 100万円の利回り6%は106万円
  • 1つのファンドへの投資額を6万円にすると1つの案件がデフォルトしてもプラスマイナスゼロ
  • 1つの案件に6万円前後を投資するとデフォルトが起こっても対応できる

これはあくまで例ですが、私の基準は1つのファンドへの投資資金が全体の投資資金の6~7%ぐらいになるように設定しています。

分散投資の効果が現れるのは30の投資先に投資した時だとも言われており、リスクを抑えるには分散することが大切です。

分散投資は知っておきたい知識!

タケ

どの投資でも重要だから、絶対に押さえておきたいポイント。

もう一人のタケ

最悪なのは大量投資先でデフォルト

1つの案件に70万円投資して、あとは10万円ずつ投資したとします。

この状態で70万円の案件がデフォルトした場合、残り資金は30万円ということになります。

30万円で利回りが6%なら、年1万8000円の利回りしか得ることができないので、70万円を取り返すのは不可能です。

これが一番最悪な状態。

「分散しすぎると、デフォルトに遭遇する確率が高まるのでは?」

と思う方もいるかもしれませんが、確率的にデフォルトはそんなに起こるものではないので、分散した方がダメージは少なくできます。

分散投資は徹底しておきましょう!

過去の実績がいくらいいものでも、油断は禁物。

タケ

常にリスクを想定して行動することが大切。

もう一人のタケ

クラウドバンク以外で起こった元本割れリスク

ソーシャルレンディングでは元本割れが起こることがあります。

確率としてはかなり低いんですが、投資できるファンドの数も最近は増えてきたので、元本割れが散見されるようになりました。

maneoの訴訟を伴った元本割れ案件も発生しており、決していい状況とは言えません。

maneoの訴訟案件

2019年にソーシャルレンディング業者maneoが訴訟を起こされました。

内容を簡単にまとめると、投資家から集めたお金が開示されていた使用意図とは別のところに使われていたという内容です。

償還が滞っているという事態に発展しており、訴訟という形に。

新聞でもこの訴訟は報道され、ソーシャルレンディングを知っている人にとっては大きな出来事となりました。

ラッキーバンクの元本割れ

ラッキーバンクは過去に悪質な元本割れを起こしました。

論ずるに値しないほど悪質なものだったのですが、当時はラッキーバンクに投資は集まっていました。

元本の3割ほどしか返ってこなかったため、かなり損をした人もいます。

このような元本割れですが、ソーシャルレンディング事業者に問題があるケースが多く、投資する業者選びはしっかり行っていく必要があります。

過去に訴訟などが起こった業者は注意。

タケ

このブログでも取り上げているよ。むやみやたらに投資するのはやめよう!

もう一人のタケ

クラウドバンクより利回りとリスクを抑えるならOwnersBook

クラウドバンクも過去のデフォルトがないので、かなり安定感のある業者ではありますが、さらに安定感を求めるなら、OwnersBook

利回り的にはクラウドバンクを下回ってしまうものの

  • 全件不動産担保付き
  • 上場企業が運営

という大きな特徴があり、安定感があります。

利回りがやや低めではありますが、上場企業が運営しているという基盤の強さがウリです。

投資の安定感を重視する場合はOwnersBookが大きな選択肢になります。

OwnersBookは運用の安定感があるよ!

タケ

利回りが低めだけど、上場企業が運営しているという点でいい。

もう一人のタケ

クラウドバンクより利回りを上げるならクラウドクレジット

クラウドバンクより利回りを上げるなら、クラウドクレジットという業者があります。

新興国ファンドに投資する会社で、その分リスクは高いですが、利回りも高いです。

  • 新興国投資
  • 利回りが高く、10%ほどのリターン案件もあり
  • リスクは高い

初心者の方がいきなり投資するには若干リスクが大きすぎるかなと思いますが、リターン重視の方は投資の選択肢になります。

クラウドクレジットは利回りとリスクが高い。

タケ

運用方針に従って、投資したい業者を選んでね!

もう一人のタケ

クラウドバンクは過去のリスクが少なくリターンも中間

将来のリスクまで予想することはできませんが、過去の運用実績はいいと言えるクラウドバンク。

利回りも7%台の案件がそれなりにあるので、クラウドクレジットほどではないですが、高水準だと言えます。

  • 過去の運用実績良好
  • リターンは比較的高め

となっているので、クラウドバンクは投資先としては使いやすい業者かくと思います。

ソーシャルレンディングへの投資で、最も投資額が大きいのがクラウドバンクで、次にクラウドクレジットに投資しています。

ただ、クラウドクレジットは新興国投資でリスクもあり、初心者にはあまりオススメできないという欠点があるため、リスク管理の点から最初の投資はクラウドバンクかOwnersBookの方が安全だと言っていいでしょう。

どの投資にもリスクはあるけど、1万円で始めれば損失しても1万円。

タケ

運用の経験を気軽に積むことができるのが長所。それぞれの業者のいい点と悪い点を比較して、投資に生かしてね!

もう一人のタケ

まとめ:クラウドバンクのリスクと利回り!過去の元本割れは?

クラウドバンクのリスクと利回りはちょうど中間ぐらいに位置していて、過去の運用実績もいいです。

ソーシャルレンディングの投資先としては大きな選択肢の一つになります。

最後に代表的なソーシャルレンディング業者を比較した表も載せますので、そちらの表で比較してみてください↓↓

業者特徴
クラウドバンク・1万円から投資できる
・利回りは6%~7%の案件が多め
・過去のデフォルトは0%(2019年8月現在)
OwnersBook・1万円から投資できる
・利回りは4.0%~6.0%の案件が多め
・過去の元本割れはない(2019年5月時点)
クラウドクレジット・1万円から投資できる
・利回りは10%前後のものもある
・新興国投資なので、リスクは高め

ソーシャルレンディングは1万円から始められる投資なので、気軽に始めることができます。

運用しつつ勉強して、ソーシャルレンディングの知識と経験をどんどん増やしていってみてください!

【参考記事】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.