クズフリーターの運用記録

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

オーナーズブックのリスクを徹底解説!投資初心者が注目すべき理由!

 
OwnersBookのリスクは?初心者が注目の理由
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

ソーシャルレンディングを調べてたら、OwnersBookというのが出てきた。

タケ

でも、OwnersBookって、一体どんな会社?

もう一人のタケ

今回はこういった疑問に答えていきます。

主にOwnersBookのリスクについて解説していて、

  • OwnersBookのリスクはどこにあるのか?
  • 他のソーシャルレンディング業者と比べて、OwnersBookはリスクが高いのか?低いのか?
  • ソーシャルレンディング初心者が注目すべき理由

このあたりの内容を中心に、ソーシャルレンディング全体のメリットやデメリットに触れつつ記事にしました。

ソーシャルレンディング投資に興味がある方、OwnersBookに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

OwnersBookにはどんな特徴があるのか?

タケ

リスク面を中心に解説していくよ!

もう一人のタケ

OwnersBook(オーナーズブック)のリスクは?

OwnersBookは1万円からできる不動産投資です。

投資家が投資したお金は利回り付きで償還され、それが利益になります。クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の一種で、主なリスクは

  • 貸し倒れ
  • 運営企業の経営難

OwnersBookのリスクとしては以上の点が考えられますが、これまでの運営からみて、このようなリスクは高いのでしょうか?低いのでしょうか?

過去の実績から見るOwnersBookの実績をここからは解説します。

OwnersBookの過去の運用実績は一体どうなっているんだろう?

タケ

ここからは過去の運用実績から見るリスクを考えていくよ。

もう一人のタケ

OwnersBookのリスクと利回りは低い

過去の貸し倒れに関してはOwnersBook公式サイトのよくある質問の中で回答されています。

最新の回答はないんですが、「2018年11月30日現在、貸し倒れが過去の1件もない」との回答があります。

他業者では貸し倒れが起こっているところもあるので、OwnersBookのリスクは低いと言えます。

また、利回りは4.0%〜6.0%とソーシャルレンディング業者の中では少なめですが、リスクも低め。

  • 全件不動産担保付き
  • 上場企業が運営しているという安定感
  • 過去の運用実績

この3点がリスクを低くしている要因です。ただ、リスクが全くないわけではないので、そこはご注意ください。

【OwnersBookの運営会社に関する記事は以下から】

OwnersBookを運営するロードスターキャピタルを分析

貸し倒れリスクとは一体どういうものか?

OwnersBook(オーナーズブック)を含むソーシャルレンディングという投資ではどうしてもリスクが発生します。

ソーシャルレンディングで最も大きなリスクは貸し倒れリスクですが、その貸し倒れがOwnersBook以外の業者では起こったことがあります。

ここでは過去に起こった貸し倒れについて、紹介します。

ラッキーバンク貸し倒れ事例

ラッキーバンクでは過去に大規模な償還遅延が起こっていて、結果的に貸し倒れとなりました。

「投資家が7割損失する」というとんでもない事態になりましたが、その貸し倒れの流れは以下の通りです。

  • 行政処分を受ける
  • 大規模な遅延を発表
  • 債権譲渡を発表
  • 第二種金融商品取引業の登録取り消し処分を行う

このような流れで、貸し倒れとなり、その内容は極めて悪質。

  • 貸付先の多くが経営者親族が運営する会社であった
  • 審査がしっかりと行われていなかった
  • 担保の内容などを虚偽で発表した
  • 結果、元本が3割しか償還されなかった

ということになり、投資家は大きな損失をすることになりました。

このような悪質なケースもあるので、

貸し倒れを頻繁に起こす企業は信用できない。

タケ

業者選びはソーシャルレンディングで一番と言っていいぐらい大事。

もう一人のタケ

貸し倒れが起こってない業者

貸し倒れが起こってないことが確認できている業者は

  • クラウドバンク(2019年4月時点の情報が最新)
  • OwnersBook(2018年11月末時点の情報が最新)

ソーシャルレンディングの場合は貸し倒れを起こさないというよりも、貸し倒れが起こっても、トータルでプラスになるような運用が大事です。

まだ貸し倒れが起こってない業者に関しても、今後貸し倒れが起こる可能性は大いにあり得ます。

貸し倒れが起こっても、トータルでプラスにするという考え方を知っておいて損はないでしょう。

貸し倒れが起こる可能性は常に想定しておこう!

タケ

今までの実績があっても何が起こるかはわからない。

もう一人のタケ

リスクの観点からOwnersBookに注目する理由

貸し倒れを常に想定していたとしても、リスクの低い業者・案件に投資した方が安定感は増します。

  • リスクの低い業者・案件に投資する
  • 分散投資は徹底する(複数の案件に投資・私は1つの案件につき投資予算の10%以内を目安にしています)

この2点を意識するだけで、ソーシャルレンディングの投資リスクはだいぶ抑えることができます。

このやり方だと仮に1件貸し倒れが起こったとしても、投資予算の10%しかなくなりません。

しかも、もともとリスクが低い業者を選んでいるので、リスクを限りなく小さくすることができます

もちろんこれでも、リスクがなくなることはありませんが、考えなしに投資するよりは断然貸し倒れの確率を低くできます。

そこで、選択肢の一つになるのがOwnersBookです。

過去の運用実績

過去の運用実績がいいのもOwnersBookのいいところ。

貸し倒れが多数発生してる業者もありますが、OwnersBookはまだ貸し倒れが報告されていません。

リスク管理という意味では貸し倒れが起こってない方がいいに決まっています。

ソーシャルレンディングでリスクが小さな運用をしたい場合はOwnersBookは注目しておきたい業者です。

程よい利回り

ソーシャルレンディングの利回りは高いもので、10%以上のものがあります。

そのような案件は利回りがとても魅力的です。ただ、リスク面を考えると高い利回りは怖さもあります。

  • できるだけリスクが低いものに挑戦したい
  • 利回りを抑えつつ、安定感のある投資がしたい

そんな方にはOwnersBookがオススメの投資先になります。

投資の手軽さ

投資をする際の難易度もかなり重要になってきます。ソーシャルレンディングは数ある投資の中でも、投資の仕方が簡単です。

  • 口座開設
  • 口座にお金を入金
  • 案件決めて、投資金額を入力

これだけで投資が完了します。

投資が完了したら、運用期間が終わるまで待っていればいいだけ。

複雑な設定をする必要もなければ、売りタイミングを考える必要もないので、かなり楽です。

リスク最小化で考えるなら、利回りよりも過去の運用実績で考えるべき。

タケ

リスクを抑えるという意味で、OwnersBookはソーシャルレンディングの中でも、一番いい選択肢。

もう一人のタケ

OwnersBook(オーナーズブック)に注目すべき理由はリスク度の低さ

これまでここで書いてきたように、OwnersBookのリスク度はソーシャルレンディング業界の中では低いと言えます。

ただし、今後もずっと貸し倒れが起こらないと断言することはできません。

ソーシャルレンディング業者は

業者特徴
OwnersBook・不動産担保付
・上場企業が運営
funds・1円から運用できる(最も少額)
・2019年1月から投資募集開始
クラウドクレジット・海外に投資する(新興国多め)
・利回りが高い(10%以上もあり)
クラウドバンク・平均利回り6%台後半
・2019年4月現在デフォルト0%
SBIソーシャルレンディング・年間予定利回り3.0~10.0%
・元本償還実績が見やすい
maneo・貸し倒れ・訴訟発生
・業界最大手だが、2019年現在は危険

このように様々あるんですが、リスク度の低さという意味ではOwnersBookは有力な選択肢です。

私の中の分類はこのようになってます。

OwnersBook・クランドバンク・funds・クラウドクレジット全てに投資していますが、体感としてはこのようなイメージです。

こちらを投資の参考の1つにして頂けたら幸いです。

何を重視するのかによって、投資先は変わってくる。

タケ

自分の方針に合った運用をしていこう!

もう一人のタケ

まとめ:OwnersBookのリスクを徹底解説

OwnersBookのリスクを今回は解説しました。

記事の内容をまとめますと

【OwnersBookのリスク】

① 貸し倒れ ② 経営難

→貸し倒れはゼロで、上場企業が運営(安定感あり)

【初心者がOwnersBookに注目の理由】

① 過去の運用実績がいい ② 投資の手軽さ ③ 程よい利回り

過去の運用実績がよく、上場企業が運営している安定感もあります。

1万円から投資が可能なので、ソーシャルレンディングへの投資を考えている方はぜひ投資の選択肢の1つとして、考えてみてください!

【OwnersBook公式サイトは以下から】

自分の方針に合った投資をしよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.