月収10万フリーターが運用額500万円突破

上昇チャンスを掴め!0から学ぶ仮想通貨講座

ほったらかし投資記録をブログで公開!放置運用できるものは何?

 
ほったらかし投資記録をブログで公開!放置運用できるものは何?
この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

ほったらかし投資って一体どんなもの?

タケ

ほったらかし投資の運用記録をこの記事では書いていくよ。

もう一人のタケ

ほったらかし投資の運用記録を今回は公開!

  • ほったらかし投資に興味があるけど、まだやったことがない
  • 実際に運用してる記録を見てみたい
  • ほっらかし投資のメリット・デメリットはどんな感じ?

などといったようなほったらかし投資で気になる点をこの記事ではまとめました。

ほっらかし投資に少しでも興味がある人や実際に運用を始めてみたい人向けにまとめてますので、参考にして頂けると嬉しいです。

ほったらかし投資の2019年投資記録が出ました

ほったらかし投資の2019年投資記録が出ました。

私タケのほったらかし投資の定義は

【私タケの定義】

  • 半年から1年に1回以下のペースでしか投資を見直さなくていい

ほったらかし投資とは言っても、永遠に放置できる投資はありません。

1年に1回や半年に1回ぐらいは見直さないといけないんですが、半年や1年に1回ペースだとほとんど投資のことを気にしなくていいので「ほったらかし投資」としています。

半年に1回ぐらいしか投資を気にしなくていいものもあるよ。

タケ

ほったらかし投資の記録は一体どんなものなんだろう!?

もう一人のタケ

ほったらかし投資記録をブログで紹介〜年利回り5%達成の投資も〜

ほったらかし投資記録をブログで紹介〜年利回り5%達成の投資も〜

2019年に投資していたほったらかし投資は

  • クラウドバンク
  • funds
  • クラウドクレジット

これらの運用記録をこのブログ記事で公開してきます。

クラウドバンク

クラウドバンクの2019年運用実績は以下の通りです。

クラウドバンク

10万円を投資していて、毎月500円ほどの運用益が出ています。

1年間で税引き後の利益が5120円なので、税引き後でもリターン5%以上を記録している好実績です。

  • 1万円から投資できる
  • 運用期間は1年前後

という特徴があり、運用期間はほったらかしで運用することができます。

ガツンと増やすようなものではありませんが、少しずつお金を増やしていく投資で、ほったらかし投資は基本的にこのような運用スタイルです。

【クラウドバンクの詳細は以下から】

投資はドカンとお金を増やすものだという認識を改めよう。

タケ

投資は長期的に少しずつ増やしていくもの。貯金よりも増えればOKぐらいの感覚で!

もう一人のタケ

クラウドクレジット

クラウドクレジットの2019年の運用実績も出ました。

クラウドクレジット

クラウドクレジットの運用実績は10万円→10万7366円です。

ただ、2018年11月に運用したファンドが2020年1月に償還となっているので、14ヶ月分の償還実績になります。

それでも年間で税引き後の利回りは7%ほどとかなりの高利回りでした。

  • 1万円から投資できる
  • ハイリターン案件が多い
  • 新興国投資なので、ややリスクもある

こちらもほったらかし投資なので、投資したあとは運用期間終了を待つだけになります。

【クラウドクレジットの詳細は以下から】

クラウドクレジットはリターンが大きめの案件が多いのが特徴。

タケ

新興国投資なので、リスクもある。1つの案件に集中させるのではなく、分散投資させるのが基本的な運用方法だよ。

もう一人のタケ

funds

fundsもクラウドバンクと同様にほったらかしで運用できます。

クラウドバンクで本格的な運用をしているので、fundsへの運用資金は少なめです。

funds

fundsに関しては1万500円を投資していて、それが1万747円になりました。

投資金額が少ないので、運用益はわずかになっていますが、運用額を上げればもう少し大きな運用益になってきます。

fundsの特徴は

  • 1円から投資できるので、少額で経験が積める
  • 利回りは3%前後
  • 運用期間中はほったらかしで運用することが可能

クラウドバンクは最低投資金額が1万円で、fundsは1円から。

つまり、少額で投資したい人にとってはfundsとなります。

【投資先の目安】

fundsの方は投資金額が少なく、投資案件もそれほど多くないので、金額的な動きはそれほど大きくないよ!

タケ

ほんの少しだけ増えてる。少額で運用の経験を積みたい人にオススメ。

もう一人のタケ

ほったらかし投資のメリット・デメリットは?

ほったらかし投資のメリット・デメリットは?

ほったらかし投資のメリットとデメリットは

  • メリット:運用が楽チン
  • デメリット:売買を行う投資よりもリターンが少ない

これらの点についてここから詳しく解説していきます。

何と言っても運用が楽チン

何と言っても運用が楽チンなのがほったらかし投資の一番のメリットです。

私はほったらかし投資以外にも

  • 個別株投資
  • FX

といった売買が必要となる投資も行なっているんですが、ほったらかし投資の方が圧倒的に運用は楽チンです。

投資初心者の方は売買を繰り返して利益を出す投資よりも、ほったらかし投資の方が心理的な負担を抑えることができるでしょう。

運用が楽にできるのが一番のメリット。

タケ

基本的に運用期間が終了するまで何もしなくていいのが長所。

もう一人のタケ

売買を行う投資よりもリターンが少ない

売買を行う投資よりもリターンが少ないというのがほったかし投資のデメリットになります。

実際にリターンだけを考えれば、株式投資やFXのような売買を繰り返すものの方がいいリターン。

ですが、その分リスクも大きくなり、大きな損失を出すのはほとんどが売買を行うタイプの投資です。

  • 株式投資やFX:リターン・リスクともに大きい。市場の動きを観察し続けないといけないので、心理的負担がある
  • ほったらかし投資:リターンは小さめ。ただ、市場の動きを見なくていいので、心理的負担が少ない

売買を行う投資は中級者・上級者向けなので、初心者がいきなり挑戦すると苦戦するケースがほとんどです。

ほっらかし投資は投資初心者向けの運用方法と言えます。

売買を繰り返す投資はかなり難易度が高いよ。

タケ

気をつけてやらないとあっという間に損失するから、初心者の方はほったらかし投資が向いているよ。

もう一人のタケ

ほったらかし投資でリターンを大きくするには運用額を大きくする

投資全般そうですが、投資でリターンを大きくするためには運用額を大きくする必要があります。

【運用益とリターンの関係】

  • 1000円のリターン5%→50円
  • 1万円のリターン5%→500円
  • 10万円のリターン5%→5000円
  • 100万円のリターン5%→5万円
  • 1000万円のリターン5%→50万円

リターンを大きくするためには運用額を大きくする必要がありますが、まずは少額での運用をオススメします。

いきなり大金で運用すると心理面でも負担も大きいですし、常にお金の動きを気にする生活になってしまいかねません。

いきなり高額運用は心理的負担が大きいよ。

タケ

将来的に運用額を大きくしていく必要はあるけど、まずは少額でOK。投資の感覚と知識を身につけよう!

もう一人のタケ

ほっらかし投資の3ステップ

ほったらかし投資のステップとしては

【ほったらかし投資の3ステップ】

  • まずは少額でほったらかし投資を経験する
  • 徐々に運用資金を上げていく(決して無理はしない)
  • だんだん運用益が大きくなっていくと同時に、投資に関する知識が上がっていく

最初は小さく始めていかないと、思わぬリスクに遭遇してしまうかもしれません。

まずは経験が大事なので、少額で経験した後に、だんだん運用額を増やしていきましょう!

いきなり高額は少し危険です。

投資は運用額を大きくしていくことによって、リターンが増えていくよ。

タケ

だけど、最初から運用額を増やしていくのは怖い。最初は少額からでOK。まずは知識と経験。

もう一人のタケ

ほったかし投資は運用年数が長い方が効果アップ

ほったかし投資は運用年数が長い方が効果アップ

投資には複利効果があり、投資年数が長くなった方が運用益が増していきます。

毎月3万円を20年間投資し続けて、リターン5%だとすると元本720万円が1233万円になります。

513万円増える計算になり、長期で運用する効果はバカになりません。

  1. 毎月3万円を1年・5%運用→年間36万円運用で1.8万円の運用益
  2. 毎月3万円を20年・5%で運用→720万円で運用で、513万円の運用益

この2つを比べた時に、長期で運用した方が効果が大きいことがわかります。

運用期間を長くするためには早く投資した方がよく、金融庁の報告書でも若い世代からの投資の効果が示されています。

ほったらかし投資の運用年数は長い方が運用実績が上がっていく。

タケ

複利効果は運用益を再投資することで得られる。長期的な投資で効果が上がっていくよ。

もう一人のタケ

1万円でも大きな経験

私は100万円単位で投資をするようになりましたが、最初は1万円で投資をしました。

  • 投資で失敗したくない
  • 大損したくない
  • でも、将来の資産はかなり危なそう

という意識の中で、投資を始めましたが、みるみるうちに投資金額が増えていきました。

たった1万円でも実際に投資してみると、自分のメンタルの動きや投資知識が格段に上がっていきます。

老後2000万円問題など、将来のお金にはかなり不安があると思うので、資産運用の知識を早めにつけておくことは決して悪いことではありません。

無理のない範囲で、投資をしてくことが大事で、投資で「大きな怪我」をしないようにまずは少額始めてくださいね!

投資でいきなり大怪我はダメ。いきなりブレーキなし自転車で自転車の練習するようなもの。とても危険。

タケ

自転車でもまずは補助輪付きから。投資も補助輪付きでスタートするイメージ。そこから本格運用!

もう一人のタケ

まとめ:ほったらかし投資の運用記録をブログで公開

ほったらし投資の運用記録を今回はまとめました。

初心者でも始めやすいほったらかし投資ですが、最初は少額から始めて知識と経験を積んでいきましょう。

  • 思っていたのと違う
  • 自分のやりたい投資はこんな感じじゃなかった

なんていう可能性もあるので、最初は少額で運用していって、「この投資がいい」と思ったら運用額を増やすとスムーズに運用できますよ。

【公式サイトと参考記事】

 

★サイドFIRE目指しませんか?★

運用実績や記事更新情報を見れるチャットを開始。

最新の実績やブログ記事に関する質問を受け付けています。

 

★もう乗り遅れない!仮想通貨講座開始★

初心者向け仮想通貨講座記事更新

次の上昇を捉えるための知識を講座形式で紹介します。

この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA