貯金ゼロ男が運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

楽ラップで失敗しないためにまず押さえておきたい超重要ポイント

 
楽ラップで失敗しないためにまず押さえておきたい超重要ポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

楽ラップで失敗しないためにまず押さえておきたい超重要ポイントはどこ?

タケ

運用する前、運用時に知っておきたいことをまとめたよ!

もう一人のタケ

楽ラップの運用で失敗しないために知っておきたいこととは一体何なのでしょうか?

ロボアドバイザーの1つである楽ラップですが、運用前に知っておきたいことととは一体どんなことなのでしょうか?

  • 楽ラップと他のロボアドバイザーとの違い
  • 失敗しないための重要ポイント
  • 自分の運用方針と投資先について

投資に役立つ知識を今回はまとめましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

結論:ロボアドバイザーなら、楽ラップではなくウェルスナビ

結論:ロボアドバイザーなら、楽ラップではなくウェルスナビ

結論としてはロボアドバイザーを運用するなら、楽ラップではなくウェルスナビがおすすめ。

その理由としては

  • ウェルスナビの方が海外の幅広い株式に投資できる
  • 楽ラップは日本株式の割合が多い

ロボアドバイザーのような「長期」「積立」「分散」による投資では海外への投資をある程度多くする必要があります。

しかし、楽ラップは国内株式が多めです。

今後の日本を考えると少子高齢化がさらに進み、人口減少が間違いなく起きる状況で経済発展はそこまで大きくは望めません。

一方、世界全体で見ると人口が拡大していて、経済も成長が予想されています。

なので、日本中心の楽ラップより世界経済に幅広く投資できるウェルスナビの方がおすすめです。

投資は世界全体に投資するのが主流。日本の今後は人口などから考えても厳しい予想。

タケ

日本への投資も必要だけど、投資の中心は世界にあった方がいい。

もう一人のタケ

短期運用ならロボアド以外

短期運用ならロボアド以外を運用しましょう。

楽ラップやウェルスナビなどのロボットアドバイザー(ロボアド)は長期運用が前提となっていて、最低でも10年は運用したいところです。

なので、10年以下で運用したい人は別の投資がおすすめ。

私が運用しているほったらかし投資としては

【短期のほったらかし投資一覧】

  • 【少額投資】funds:1円から投資できる。リターン1.5%~6.0%。運用期間は1年ほど
  • OwnersBook:1万円から投資できる。リターン2.0%~6.0%。運用期間は2年前後

1年〜2年ほどの短期で運用できるのがこれらの投資のメリットです。

ロボアドは短期で運用するものではないので、10年以上の長期投資を狙わない場合は上のようなとはもあり。

タケ

数年単位で運用することができるよ。

もう一人のタケ

楽ラップで失敗しないためにまず押さえておきたい超重要ポイント

楽ラップで失敗しないためにまず押さえておきたい超重要ポイント

楽ラップで失敗しないために押さえておきたい運用の重要ポイントは

  • 将来は楽になるけど、今の生活は苦しくなること
  • 含み損はひたすら我慢する投資になること
  • 手数料は自分で銘柄選定するより割高になること

これらの点について、1つ1つ見ていきます。

将来は楽になるけど、今の生活は苦しくなる

将来は楽になるけど、今の生活は苦しくなるというのがロボアド投資の1つの特徴です。

【ロボアドバイザーの運用】

  • 毎月積み立てて投資するのが基本
  • 老後の資金を増やすことは可能だが、毎月積み立てるので、今の生活自体は少し苦しくなる
  • 老後の資産拡大が目的で、現役世代の間の生活をよくすることには向いてないない

将来のために積み立てて、10年後・20年後の資産を増やすのが楽ラップなどのロボアドバイザーです。

なので、今の生活が直接的に楽になるものではないんだということを理解しておく必要があります。

ロボアドバイザーは将来の生活を楽にするもので、今の生活が楽になるわけではないよ。

タケ

あくまで老後のために積立をしていくのがロボアドバイザーの目的。

もう一人のタケ

含み損はひたすら我慢する投資

10年間ほど長期の運用をしていくわけなので、経済的にマイナスになる期間も出てくるでしょう。

その時は含み損を抱えることになりますが、含み損はひたすら我慢していく必要があります。

  • マイナスが出る局面は必ずある
  • マイナス20%~30%ほどのマイナスもあり得る
  • その局面はひたすら耐えて、放置するしか方法がない
  • マイナス局面に買った資産が上昇でプラスになる

マイナスになってしまうと落ち込んでしまったりするかもしれませんが、それでも我慢するしか方法はありません。

マイナスの時にやめてしまうのがロボアドバイザーでは最もダメなことなので、含み損はひたすら我慢するようにしましょう!

含み損は我慢するしかない。そこを我慢しないとロボアドアイザーで運用益は取れない。

タケ

長期投資なので、短期的なマイナスをスルーできるかどうかが大事だよ。

もう一人のタケ

手数料は自分で銘柄選定するより割高

手数料は自分で銘柄選定するより割高になります。

  • 投資信託などを自分で設定:手数料0.5%以内も可能
  • ロボアドバイザー:手数料1%が相場

なので、少し割高にはなってしまいますが、割高な分だけ手間を省くことができます。

手数料が割高でもいいから手間を省きたい投資初心者の方向けの投資が楽ラップです。

手数料は自分で銘柄選定するより割高になっているよ。

タケ

その分手間を省くことができるのが楽ラップの魅力。初心者向けの投資だよ。

もう一人のタケ

楽ラップで失敗しないために確認しておきたい自分の投資方針

楽ラップで失敗しないために運用方針をしっかり決めておくことは大切です。

  • 長期で老後のための資産を形成したいのか?
  • 10年以内にある程度資産を増やしたいのか?
  • どれくらいのリスクを取れるのか?
  • まずは数年で軽く投資したいだけなのか?

このあたりを決めておく必要があります。

この中で、長期で老後のために資産を形成したい人はロボアドバイザー向きで、記事の最初で触れた通り、楽ラップよりウェルスナビがオススメです。

【ウェルスナビ(10万円〜)とウェルスナビforネオモバ(1万円〜)】

老後資産を作るためにはロボアドバイザー。でも、それ以外の目的の場合はどうしたらいいんだろう?

タケ

他の運用方法についても解説するよ。

もう一人のタケ

長期運用目的以外の方法を表にしました。

「私はロボアドバイザー向きではないな」と感じた人向けに他の運用方法に関しても表にしました。

運用方針投資
数年で投資を経験したい【少額投資】funds
10年以内に資産を大きく形成したい
(ハイリスク・ハイリターン)
タケの利回り10%狙いの投資戦術
長期で老後に向け運用ウェルスナビ
SBIネオモバイル証券(ウェルスナビforネオモバ)

このように分類できます。

私タケは10年以内に資産2倍以上が目的なので、ハイリスク・ハイリターン投資が基本戦略です。

もちろんリスクが大きいので、万人におすすめの方法ではありません。

自分の投資方針と合致する投資を選んでくださいね!

運用方針と実際の運用が合っていることが大事。

タケ

そこがずれてると投資はうまくいかないよ。まずは運用方針をしっかり確認しよう!

もう一人のタケ

まとめ:楽ラップで失敗しないために確認しておきたい重要ポイント

楽ラップで失敗しないための重要ポイントを今回の記事ではまとめました。

楽ラップで失敗しないための重要ポイントは

【楽ラップで失敗しないための重要ポイント】

  • 楽ラップは日本株式の比重が大きいので、ウェルスナビSBIネオモバイル証券(ウェルスナビforネオモバ)の運用がオススメ
  • 将来の資産は増えるけど、今の生活は苦しくなる
  • 自分の投資方針に合った投資を選ぶことが最重要
  • 含み損はひたすら我慢する

自分の運用方針をしっかり定めて、方針に合った運用をしていきましょう!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。