元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

ポイント投資は儲かるのか?およその利回りを分析!

 
ポイント投資は儲かるのか?およその利回りを分析!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

ポイント投資って、儲かるものなの?どんな感じか知りたい!

タケ

儲かるというほどではないかな。勉強にはなるね。

もう一人のタケ

ポイント投資って、儲かる??

実際にポイント投資をやっていく上で、気になるのはそのポイント投資が儲かるものなのかどうかです。

  • 運用実績をプラスにしたい
  • 投資で損をするのは嫌だな。

など、投資初心者の方はいろんなことを考えてしまうと思いますが、今回はポイント投資のリターンについてまとめました。

ポイント投資は儲かると言えるほど儲からない

ポイント投資は儲かると言えるほど儲からない

結論から言いますと、ポイント投資は儲かると言えるほどではありません。

みなさんが思う「儲かる」はどのようなイメージなのかにもよるんですが、おそらくは・・・

  • 10万円を1年で20万円にしたい
  • 毎月1万円ぐらい増えたらいいな・・・

という感じなのではないでしょうか?

実際はそれほどポイントは増えず、1万ポイント投資したとしたら、増えたとしても1年後には1万500〜1万1000ポイントほどでしょう。

よほど経済状況が良ければ話は別ですが、基本的には1年で5%増えればいい方です。

それに加えて、2020年は経済状況がかなり悪くなることが予想されますので、ポイント投資でマイナスの可能性はかなり高いと言えます。

ポイント投資は1年で5%ぐらい増えればいい方。

タケ

2020年以降は厳しい状況も予想される。完全に下がった後、買えればいいんだけどね。

もう一人のタケ

当然マイナスのケースもある

投資である以上、ポイントがマイナスになるケースもあります。

2020年は大暴落がやってきたので、マイナスになっている人も多いのではないでしょうか?

プラスとマイナスを積み重ねて、最終的にプラスになることを目指しています。

  • ポイント投資はプラスだけではない
  • マイナスになることも覚悟しておく必要がある

投資なので、プラスもあればマイナスもある。

それを繰り返して、トータルでプラスになればいいんです。

過去のNYダウはその歴史を示してくれています。

株価指数

アメリカへの投資が人気な理由はこのグラフ。

タケ

マイナスもあるけど、全体的にプラスもある。これが運用の基本形。ちなみに、日本はあまりいい実績ではないよ。

もう一人のタケ

基本的には投資の勉強用

ポイント投資は基本的には投資の勉強用です。

本格的な資産形成を目指していくというよりは投資を勉強していくためにやるものなので、運用益はそこまで期待しない方がいいでしょう。

  • いきなり現金で投資するのは怖いから、ポイントで経験を積みたい
  • 投資というものがどんな感じか知りたい

こういった人向けの投資がポイント投資です。

ポイント投資で本格的な資産運用するのではなく、あくまで勉強用。

タケ

ポイント投資で勉強して、本格投資へ移行が基本的な流れ。

もう一人のタケ

ポイント投資で儲かるのが難しい理由

ポイント投資で儲かるのが難しい理由は

  • 投資するポイント数が多くない
  • 一気に儲かるような投資スタイルを取っていない

これらが大きな理由です。

投資するポイント数が多くない

投資は運用額が大きくなればなるほど、運用益も大きくなります。

1万円を運用してる人より、100万円を運用している人の方が運用益は大きくなるわけですが、ポイント投資で100万円投資してる人はいないはずです。

ポイント投資の場合、多くても数万ポイントでしょうから、運用益を高望みすることはできません。

【ポイント投資の運用益】

  • 多くの人が数千〜1万ポイントほどの運用をしている
  • 1万ポイントの運用益は年間500ポイントあればいい方
  • 儲かると言えるほどのものにはならない

放置でポイントが増えると考えればかなりいいですが、儲かるという意味では少し違いますよね?

1万ポイントほどの運用では年間運用益が500ポイントぐらいが限度だと覚えておきましょう!

経済状況が史上空前の絶好調でも1万ポイント投資なら、1年で1000〜1500ポイント。

タケ

1ヶ月で100ポイントは増えないよ。でも、放置で増えるのはいいね(減る可能性もあるけど)。

もう一人のタケ

そもそも一気に儲かるような投資スタイルではない

ポイント投資はそもそも一気に儲かるような投資スタイルを取っていません。

投資は大儲けか大損かと思っている人も中にはいるようですが、そんな感じではなく案外コツコツです。

一気に儲かるような投資もありますが、ポイント投資はそうではなく、

  • 長期間運用でプラスを目指すような運用方針
  • 短期間で大儲けすることはできない
  • 5年〜10年かけて資産を着実に増やすような設定になっている

ギャンブル的な資産拡大を狙うものではありません。

一気に儲かるような投資スタイルではないから注意する必要があるよ。

タケ

儲けたいと思う人は大損覚悟でやらないといけない。その難しさはあるね!

もう一人のタケ

将来に向けた運用とリターンを上げる投資は違う

将来に向けた運用とリターンを上げる投資は違う

将来に向けた運用とリターンを上げる投資は違います。

一気に資産形成したいという人はリスクを上げた運用をする必要がありますし、私タケはリスクを上げた運用をしています。

リスクとリターンは一対

まず投資はリスクとリターンが一対です。

リスクだけが小さくてリターンが大きいということはありません。

  • リターンを大きくとるにはある程度のリスクが必要
  • リスクとリターンは一対になっている

これらの点をしっかりと把握することが重要です。

なので、リターンを上げたい場合はリスクも上げて、投資する必要があります。

リスクを上げたい場合はリターンを大きくとることが重要。

タケ

ローリスク・ハイリターンはない。あると思っていると騙される原因になるから注意。

もう一人のタケ

長期的な運用と若干利回りを上げ気味の運用を紹介

私が運用している長期的な運用はつみたてNISAによる運用です。

一方、利回り10%以上を狙う手法は株価指数CFDに投資する手法です。

それぞれの特徴をまとめました。

【つみたてNISAの特徴】

  • 10年後・20年後を見据えて、毎月積み立て投資する
  • 短期的な利回りは追わずに、老後資金を増やすのに有効
  • 長期的に運用するのが条件
  • 利回りを上げるための運用ではない
  • 運用益非課税枠があるのでお得

【株価指数CFD投資の特徴】

  • ハイリスク・ハイリターン投資
  • タケの場合は利回り10%以上を狙っている
  • 短期間でできる投資ではないが、5年間程度で年リターン10%平均を狙っている
  • やり方自体は簡単で、ロスカットレートの設定だけをしっかりしておく

将来に向けてしっかりと運用するならつみたてNISA、ややリスクを取っていくなら株価指数CFDです。

それぞれのやり方、戦略に関しても別記事で解説していますので、そちらも参考にしてみてください。

リターンの高い投資にはリスクがつきもの。

タケ

リスクをしっかり把握していれば、ハイリスク・ハイリターンな投資もできるよ!

もう一人のタケ

まとめ:ポイント投資は儲かるのか?おおよその利回りを分析

ポイント投資は儲かるのかについて今回はまとめました。

ポイント投資は儲かるとは言えず、少しずつポイントを増やす投資です。

【この記事のポイント】

  • ポイント投資は一気に増えるものではない
  • あくまで勉強用としてやるもので、本格的な運用には不向き
  • リスクとリターンは一対
  • 早く資産形成するなら、リスクとリターンを上げないといけない

タケが実際にやっている投資に関しても、別記事にまとめてますので、そちらも参考にしていただけたら嬉しいです。

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.