元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

NISAが面倒だと思っている人が知っておきたい投資まとめ!

 
NISAが面倒だと思っている人が知っておきたい投資まとめ!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

NISAって結構面倒なの?

タケ

開設は面倒だし、その割にメリットはない。つみたてNISAは初心者にメリットを感じるけどね。

もう一人のタケ

今回はNISAが面倒だと思ったら、他の投資を知っておきたいという話。

「NISA口座を開設するには面倒だけど、開設した方がいいのかな・・・」と思っている人が多いと思いますが、そこまでして開設する必要はありません。

  • NISA口座が初心者に向いていない点とは?
  • NISAとつみたてNISAは別物と考えるべきる理由
  • 初心者が知っておきたい投資とは何?

このあたりについて解説していきます。

※ NISAとつみたてNISAは分けて考えることが大切!一緒じゃないよ。

N

NISAいろいろと面倒で、そんなにメリットがない!

NISAはやろうとするといろいろと面倒なことがあります。

  • 口座開設までに時間が掛かる
  • 投資初心者にとってはあまりメリットがない

これらが大きな理由です。

口座開設までには数週間ほど掛かることが多いのがデメリットですが、それ以上に投資初心者にとってそれほど大きなメリットがないのが痛いです。

NISAは口座開設が面倒な割に、投資初心者にとってメリットがあまりない。

タケ

初心者にはなぜメリットがないのかを解説していくよ。

もう一人のタケ

投資初心者にメリットがない理由

NISAは投資初心者向けと言われますが、そんなことはありません。

NISAは投資で利益を上げた人にとってはメリットになり、運用益非課税枠を使うことができます。

ただ、利益を上げれない人はそのメリットを使うことができません。

【NISA損失の際のデメリット】

  • 投資で利益を上げない限り、運用益非課税メリットを受けることができない
  • 損益通算できないので、損をしてしまった場合はNISA口座以外の方がいい
  • 繰越控除もできない

これらが大きなデメリットになり、投資初心者の方にオススメできる制度と言い切れません。

初心者が損をしないことなんてあるのだろうか?

タケ

損をしてしまうとメリットを受けることができないのが欠点。

もう一人のタケ

損益通算・繰越控除とは?

先ほど上げた損益通算や繰越控除について、解説します。

【損益通算の例】

  1. A口座で5万円損失、B口座で5万円利益→両方を合算して、利益ゼロにできる(課税されなくなる)
  2. A口座5万円損失、B口座で10万円の利益→利益を5万円にすることができ、5万円が課税対象になる
  3. NISA口座で5万円損失、B口座で10万円利益→NISA口座は損益通算できないので、10万円が課税対象

→NISA口座で損をすると、課税が大きくなるケースあり

【繰越控除の例】

  • 損益を3年間繰り越しできる制度(確定申告が必要)
  • 2018年に5万円損失、2019年5万円利益→課税額を0にできる
  • 2018年にNISA口座で5万円損失、2019年NISA口座以外で5万円利益→5万円に課税

長々と難しい例を出しましたが、NISA口座で損を出した場合、結果的に多く課税される可能性があるということです。

また、NISAは非課税期間が終わると税が発生するため、NISA口座で損をするとデメリット面が多いということを押さえておきましょう!

難しく考える必要は無くて、NISA口座では損をするとデメリット面があるということ。

タケ

初心者向けとは一概に言えないよ。

もう一人のタケ

NISAとつみたてNISAは別物と考えよう

NISAとつみたてNISAは全く別物で、つみたてNISAの方が初心者向けの投資だと言えます。

  • NISA:投資取引で非課税枠を受けたい人
  • つみたてNISA:淡々と将来に向けて、積み立てていきたい人

に向いていて、つみたてNISAの場合は取引するというより、長期的に積み立てるという要素の方が強め。

国が選定した投資信託に10年〜20年積み立てていくのがつみたてNISAで、NISAとは全く別物です。

NISAは取引をしっかりするイメージ。つみたてNISAは毎月積み立てていくコツコツ投資。

タケ

NISAかつみたてNISAかなら、初心者はつみたてNISA。

もう一人のタケ

NISAは面倒だと思っている人でも簡単にできる投資

NISAは面倒だと思っている人でも比較的簡単に始められる投資をまとめました。

  • 少額でできる
  • 取引の負担が少ない

といった投資が初心者向けの投資だと言えますが、どんな投資があるのでしょうか?

少額でできる投資

今は1万円で投資ができる時代になりました。

私も今は100万円単位での運用になっていますが、最初の投資は1万円。1万円で投資をしたのがきっかけで、投資金額がどんどん上がっています。

いきなり大金を動かすのは怖いので、最初は少額で運用し、徐々に投資金額を上げていくのが王道です。

このような少額投資も今はあり、投資した後は運用期間終了を待つだけなので、取引の負担もそれほどありません。

もちろん投資なので、リスクもあるわけですが、1万円で始められるので、それほど大きなリスクを取らずに済みます。

投資の最初の経験として、始めやすい投資です。

少額投資に関しては別に詳細記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。

投資は運用額が大きい方が成果が出る。でも、最初は少額から始めていきたいところ。

タケ

少額から始めて、いろんな投資経験を積んでいこう。そして、自分の投資スタイルを確立しよう!

もう一人のタケ

つみたてNISAや他の投資をやるために開いておきたい証券口座

つみたてNISAやその他様々な投資をするために証券口座も開いておきたいところです。

口座開設は無料ですし、実際に取引するまでは手数料も掛からないので、開いておいて損はありません。

投資を本格化していく上では証券口座は欠かせない存在

  1. 少額投資を経験してみる
  2. 証券口座を開く
  3. いろんな投資を経験する

この順番で投資を始めていくと少額で徐々に投資を経験していくことができます。

初心者の方の場合、楽天証券を使うとネットショッピングなどとポイントが共有できるので、使い勝手がいいです。

【証券口座に関する参考記事】

楽天証券でつみたてNISAを始める方法

投資を本格化していく上で、証券口座は必須。

タケ

口座開設だけでもしておくとあとが楽。

もう一人のタケ

まとめ:NISAが面倒だと思っている人が知っておきたい投資

NISAが面倒だと思っている人が知っておきたい投資は少額投資。

株式投資やFXは有名ですが、いきなり10万円〜数十万円のお金がどうしても必要になってきます。

それは少し大変なので、最初は少額で投資を始めて、だんだん投資金額を高めていくと無理なく投資経験を積むことが可能です。

最初から無理をして大きな損失を出してしまうことが一番やってはいけないことで、投資は長くやっていくことが大切。

欲を出しすぎずに、少しずつ経験を積んでいきましょう!

【参考記事】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.