元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

NISAはどうなの?個人的には好きじゃないと言い切れる理由!

 
NISAはどうなの?個人的には好きじゃないと言い切れる理由!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

NISAを活用するのは本当にいいの?初心者向けだと聞いたけど・・・

タケ

タケはそんなに好きじゃない。その理由を解説するね!

もう一人のタケ

運用益非課税枠があるNISA。

非課税をいう響きで、思わず使ってみたくなるような制度ですが、投資初心者がNISAを使うのにデメリットはないのでしょうか?

「個人的には好きじゃない」NISAについて、今回はまとめました。

「NISAはどうなの?」に対する答えは「好きじゃない」

NISAは運用益非課税のメリット面が強調されますが、初心者にとって大きなデメリットもあります。

それはNISA口座で損をした場合。

NISA口座は「運用益」非課税で、運用で利益を出した時にしかメリットを受け取ることができません。

  • 運用で損をすると、運用益非課税のメリットを受け取れない
  • 他の口座で利益が出た時に損益通算できない

この2つがデメリットになります。

NISAは運用で利益を出さないとメリットがない。

タケ

しかも、損益通算できないというデメリットあり。これは絶対に押さえておこう!

もう一人のタケ

損益通算できないのは痛い

損益通算できないのは大きなデメリットです。

NISA口座でできる投資以外に興味がある投資が出てきて、そこで投資を行ったとします。

その投資で年間10万円の利益が出て、NISA口座で10万円損をしたケースで考えてみますと・・・

  • NISA口座で10万円損、他の口座で10万円利益→損益通算できないので、10万円の利益に課税
  • 特定口座で10万円損、他の口座で10万円利益→損益通算でき、プラスマイナスゼロになるため課税なし

複数投資をしている場合に、損と利益を合算できるシステムが損益通算ですが、NISA口座では損益通算ができません。

投資初心者の場合、取引で損をする確率はそれなりに高く、損益通算できないのは痛いと言わざるを得ません。

損益通算できないのはかなり痛いね。

タケ

投資初心者がいきなり投資で利益を上げるのは簡単じゃない。損益通算はできた方がいい。

もう一人のタケ

NISAが好きじゃない理由は他の投資の方が合うから

NISAがあまり好きじゃない理由は損益通算ができないというのもありますが、もう一つつみたてNISAと併用できないという点があります。

投資初心者の場合、つみたてNISAの方が始めやすく、私もつみたてNISAを運用しています。

両者の制度の違いは

  • NISA:非課税枠120万円×5年
  • つみたてNISA:非課税枠40万円×20年

つみたてNISAの方が長期でコツコツ運用でき、投資初心者の方はこのような長期運用の方が成果は出やすいでしょう。

取引で大きな成果を出したい場合はNISAになりますが、10年後・20年後を見据えるとつみたてNISAの方が難易度が低いと言えます。

つみたてNISAという制度が新しく誕生したよ!

タケ

つみたてNISAの方がなんで難易度が低いと言える解説するね!

もう一人のタケ

なぜつみたてNISAの方が難易度が低いと言えるか

つみたてNISAの方がNISAより難易度が低いと言える理由は

  • 取引の回数が少なく、長期的に投資する性質があるから
  • 長期・積立・分散が投資の基本だから
  • 売却する時だけを決めればいいから

投資の基本は長期・積立・分散で、10年以上積立投資をしていれば、かなり成果が出る確率が高いと言われています。

短期的な売買では損をしてしまう可能性がありますが、長期だとその確率を減らせるんです。

また基本的に買ったり売ったりする必要がないので、初心者向けだと言えます。

売買を繰り返して、利益を狙っていくのは初心者にとってはかなり難しい。

タケ

長期的に積み立てていく投資は初心者向けだよ。

もう一人のタケ

初心者は値動きが気になる投資以外がいい

株式投資をしてるサラリーマンが毎日株価をチェックしてる姿を見たことはありませんか?

スマホのアプリを毎日見て、株価が気になってしょうがないという感じの人をたまに見かけますが、初心者向きではありません。

【初心者が投資で疲弊する要因】

  • 毎日の値動きに左右される
  • 損をして、取引したくなくなる
  • 利益が出た時にすぐ利益確定してしまう

毎日の値動きを気にして、普段の生活がおろそかになってはいけませんし、利益が出た時にすぐ利益確定するのもよくありません。

株式投資の場合、損切りは素早くし、利益は取れるだけ取った方がいいので、売る理由がなければずっと保有するのが基本です。

しかし、値動きを気にしすぎてしまうと冷静な判断ができにくくなりますし、負担になります。

初心者の方はできるだけ普段気にしなくてもいいような投資からスタートしていくのがオススメです。

毎日株価の動きを見たりするのは初心者にとっては大変。

タケ

長期的に積み立てをしていく投資かあまり値動きを気にしなくていい投資が初心者向け。

もう一人のタケ

初心者が知っておきたい投資

初心者が知っておきたい比較的運用を放置できる投資をまとめました。

つみたてNISA

つみたてNISAは先ほど書いたように積み立てを長期間行っていく投資で、運用益非課税枠もあります。

積立設定をするだけで、あとは毎月(毎日にも設定できる)積み立てが行われるので、放置可能です。

つみたてNISAで大事なのは損をした段階でやめないこと。

【つみたてNISAで大事なこと】

  • 損をした時に止めるのではなく、あくまで淡々と積み立てる
  • 毎月一定額、またはそれに近い額を積み立てる(1万円→3万円→1万円などというように金額の変化をつけない)
  • 5年・10年スパンで運用する

基本的に長期運用になるので、最初の3年ほどは成果が出ない可能性があります。

それがつみたてNISAの弱点で。長期的に積み立てていくことが前提になります。

つみたてNISAは長期的に積み立てるのが大前提。

タケ

短期的には成果が出ない可能性があるので、注意が必要だよ。

もう一人のタケ

クラウドバンク

タケが一番最初に投資したのがクラウドバンクで、最初の投資額は1万円でした。

この投資のメリットは投資したあとは運用期間が終了するまでほったらかしにできること。

投資したあとは何もしなくていいのがクラウドバンクの特徴です。

その他の特徴もまとめると

【クラウドバンクの特徴】

  • リターンは6%台〜7%台の案件から選べる
  • 過去の運用実績がいい(2019年8月現在元本回収率100%)
  • 1万円という少額から投資できる
  • 運用期間は1年前後の案件が多い

運用実績も記事にまとめてますので、そちらも参考にしてみてください。

1万円から投資できて、運用期間を放置できるメリットがあるよ。

タケ

投資の第一歩としては始めやすい投資。

もう一人のタケ

funds

fundsも運用期間終了後までほったらかしができる投資ですが、クラウドバンクよりも安く始めることができます。

fundsの主な特徴は

【fundsの特徴】

  • リターンは1.5%~6.0%
  • 運用期間は1年ほどの案件が多い
  • 1円から投資できる

1円から投資できるのがfundsの特徴で、安く投資できます。

1000円単位で投資したい方にオススメの投資です。

fundsは安く始められるのがポイント。

タケ

1000円単位で投資したい人向け。1円でできるけど、投資してもあまり運用益が得られないから注意。

もう一人のタケ

まとめ:NISAはどうなの?個人的には好きじゃない理由

NISAは個人的には好きじゃありません。

理由としてはこの記事で書いた通りで、損をした時に大変だから。

運用益を出すことができればいいんですが、出せなかった時が大変なので、NISAを運用していません。

この記事では初心者向けの投資も紹介してますので、参考にしてみてください。

【参考記事】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.