元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

NISAを初めてやる人は絶対に投資で損してはいけない理由

 
NISAを初めてやる人は絶対に投資で損してはいけない理由
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

NISAを初めてやる人は絶対に投資で損をしてはいけない!?

タケ

その理由と初心者向けの投資を解説するよ。

もう一人のタケ

NISAを初めてやる人は絶対に損をしてはいけない!?

初心者向けの投資制度としてオススメされるNISAですが、実はデメリットもあるので注意が必要です。

  • NISA実は初心者向けの制度ではない?
  • NISAとつみたてNISAの違い
  • 初心者向けの投資はどれか?

このような点を今回は解説していきます。

投資を考えている方は参考にして頂けたら嬉しいです。

NISAは初めてやる人にとってハードルが高い

NISAは初めてやる人にとって、かなりハードルが高いです。

それはなぜか?

  • NISA口座で損をすると損益通算ができないから

損益通算がわからないという方もいるかと思いますので、説明いたしますと・・・↓↓

【損益通算の例】

  • A口座:10万円の損益損失
  • B口座:10万円の利益

→損益通算で0にできる

  • NISA口座:10万円の損失
  • B口座:10万円の利益

→損益通算できないため、10万円の利益に課税

このようにNISA口座で損をすると税金が大きくなる可能性があるんです。

また、2018年に5万円損失、2019年に5万円利益というケースでも損益通算はできますが、NISAではできません。

いろいろあって難しいですが、簡単に言いますと、NISA口座で損をした場合、NISA以外の口座で損をした場合より税金が掛かるということです。

NISAをやって損するケースもあるということを知っておこう!

タケ

メリットだけじゃないよ!

もう一人のタケ

NISAは損をしちゃいけない

NISAで非課税枠を勝ち取るためには利益を出す必要があります。

反対に損失を出してしまうと先ほど書いたように、損益通算できないなどの欠点を被ってしまうことになります。

なので、NISAで損失を出してはいけないのです。

  • NISAで損失を出してしまうとメリットが受け取れない
  • 場合によってはデメリットになってしまう可能性もある

そのことしっかり押さえた上で、NISAを運用していくことが大切です。

NISAの運用は以外とハードルが高い。

タケ

メリットは運用益を出して初めて受け取れるよ。

もう一人のタケ

NISAを初めてやる人が損しない運用をするのは難しい

始めて運用する人が損をしないのはかなり難しいです。

初心者の方の場合はある程度放置していても、少しずつ資産が増えていくような投資がいいんですが、それには10年〜20年という長い期間が必要。

  • NISAの新規投資は2023年までと長くない
  • つみたてNISAという2037年まで投資できるものが誕生

初心者にとってはつみたてNISAの方が運用しやすく、NISAの方がややテクニックが問われる投資になります。

NISAはある程度限られた期間で、成果を出す必要がある。

タケ

基本的には投資は長いスパンで成果を出していく。短期で成果を出すのは難しい。

もう一人のタケ

初めての運用はぶっちゃけNISA以外がいい

これらの点を踏まえると、初めての運用はNISA以外の方がいいと考えます。

初心者が投資を始める場合

  • 少額で始められる投資
  • 取引回数をそれほど増やさなくていい投資

このような投資を始めるのがよく、NISAよりつみたてNISAまたは少額で始められる投資が始めやすいと言えます。

最初の投資がNISAなのは少しハードルが高い。つみたてNISAや他の少額投資の方が初心者にとっては始めやすいよ。

タケ

大きく増やしたいならNISAがいいけど、その分リスクも大きくなるよ!

もう一人のタケ

つみたてNISAとNISAは分けて考えよう

NISAとつみたてNSIAは全くの別物です。

名前が似ているので、同じように考えられることもありますが、全く違うので注意しましょう!

【NISAの特徴】

  • 非課税枠は年間120万円まで
  • 新規投資は2023年まで
  • 投資対象が多い
  • 個別株に投資できるため、大きく利益を出したい人に向いているが、損失リスクも大きい

【つみたてNISA】

  • 非課税枠は年間40万円まで
  • 新規投資は2037年まで
  • 国が選定した投資信託が投資対象
  • 長期的に運用できるので、初心者向け

NISAは売買を繰り返して利益を出したい人向けで、つみたてNISAは長期間毎月(あるいは毎日)積み立てることによって着々と資産形成していく運用です。

名前は近いけど、結構違うNISAとつみたてNISA。

タケ

両方とも非課税枠がある制度だけど、違いがあることを押さえておこう!

もう一人のタケ

NISAとつみたてNISAはどちらか1つしかできない

NISAとつみたてNISAはどちらか1つしか運用できません。

ただ、1年ごとに口座を変更することは可能で

  • 2019年はNISA口座
  • 2020年はつみたてNISA口座

といったように変更することができます。

ただ、その手続きが面倒なので、基本的にはどちらか1つを活用していくことになります。

両方運用していくことはできないということを押さえておきましょう!

NISAとつみたてNISAを両方運用するのは無理。

タケ

片方ずつの運用になることを押さえておこう!

もう一人のタケ

NISA・つみたてNISA以外の初心者向け投資

NISAやつみたてNISA以外の初心者向け投資としては

  • 少額で運用を開始できる
  • 取引回数が少なく、ほったらかしで運用できる
  • 比較的短期でコンパクト

この条件を満たしているものが比較的始めやすいです。

少額かつほったらかしで運用できる投資

少額かつほったらかしで運用できる投資としては

【少額かつほったらかしで投資できる】

このような投資があります。

細かい特徴を表にまとめました。

投資特徴
【少額投資】funds・1円から投資できる
・運用期間が終了まで待つだけの投資
・運用期間は1年前後の案件が多い
・リターンは1.5%~6.0%
クラウドバンク・1万円から投資できる
・運用期間が終了するまで待つだけの投資
・運用期間は1年前後の案件が多い
・リターンは平均6.99%(2019年8月現在)

これらの投資の運用実績記事もありますので、参考にしてみてください。

少額で調子をしていく方法もある。

タケ

売買をしたり、市場の動きを見たりする必要がないよ!

もう一人のタケ

まとめ:NISAを初めてやる人は絶対に損してはいけない理由

NISAをやる人が損をしてはいけない理由が

  • NISAで損失を出してしまうとメリットが受け取れない
  • 場合によってはデメリットになってしまう可能性もある(損益通算できないなど)

初心者の方にとってはNISAよりもつみたてNISAや他の少額投資が投資しやすいです。

【参考記事】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.