元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

NISAでほったらかしはNG!つみたてNISAでほったらかしはOKな理由!

 
NISAでほったらかしはNG!つみたてNISAでほったらかしはOKな理由!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

NISAでほったらかし投資は可能なの?

タケ

NISAでほったらかしがNGな理由とつみたてNISAのほっらかしがOKな理由をまとめたよ。

もう一人のタケ

NISAでほったらかしはNG?

ある程度ほっらかしで運用したい人にとって、NISAはやや難しい制度になります。

初心者向きと言われることもあるNISAですが、意外と簡単ではありません。

  • NISAでほっらかしがNGな理由
  • つみたてNISAでほったらかしがOKな理由
  • 初心者はどのように考えればいいのか?

このあたりを中心に記事をまとめましたので、参考にして頂けると嬉しいです。

NISAでほったらかしがNGな理由

NISAでほったらかしがNGな理由は長期投資じゃないからです。

では、長期投資じゃないことがなぜほったらかしNGになるのでしょうか?

長期投資は向いてない

NISAの新規投資は2023年までになっています。

その期間までに運用益を出さないといけないので、ほったらかしの運用をすることはマイナスを生み出してしまう可能性があるんです。

  • 長期投資をするには5年という期間はあまりに短い
  • 2023年に投資したものは2027年まで保有できるが、それでもやや短め
  • NISAをやる場合は取引による運用益を出さないとメリットがあまりない

長期投資じゃないので、売買を通じて利益を出していくのが基本的な活用法になり、ほったらかしするのはあまりいい方法とは言えません。

しかし、つみたてNISAの方はほったかしできます。それは一体何故なのでしょうか?

NISAでほったらかしはあまり考えにくい。

タケ

つみたてNISAでほっらかしがOKな理由をここからは解説するよ。

もう一人のタケ

つみたてNISAでほったらかしがOKな理由

つみたてNISAはほったらかしでもOKな投資です。

実際は完全にほったらかしというよりは半年に1回か1年に1回は見直していきたいところですが、それぐらいのペースで見れればOK。

その理由をここでは解説していきます。

投資が長期積立スタイルだから

つみたてNISAの非課税枠への投資は2037年まで。

今からだと17年ほどあるので、かなり長期間だと言えます。

長期投資に目安としては10年以上で、10年以上保有できるのであれば、投資の基本と言われる「長期・積立・分散」による投資が可能。

  • 運用期間が10年以上にできるので、長期積立のスタイルで運用可能
  • 毎月(あるいは毎日)の積立設定さえ終われば、あとは基本的いほったらかしでOK

ある程度ほったらかしで運用できるのがつみたてNISAのメリットです。

タケ

つみたてNISAはほったらかしにできるのがメリット。最初の設定だけしたら、ある程度放置でOK。

もう一人のタケ

国が選んだ投資信託が投資対象だから

つみたてNISAは投資信託に投資するものですが、投資信託自体はいい商品から悪い商品までピンキリです。

  • 手数料が高すぎる商品
  • 金融庁からも指摘されるようなよくない商品

などがあるんですが、つみたてNISAの投資信託は国が選定したものから選べるので、そこまで悪い投資信託を掴まなくて済みます。

【つみたてNISAのメリット】

  • 長期投資できる
  • 国が選定した投資信託の中から投資できる

この2つの理由から、つみたてNISAはほっらかしでも大丈夫だと言えます。

ある程度長い期間ほっらかしできるのがつみたてNISAのメリット。

タケ

つみたてていることを忘れないようにだけしよう!

もう一人のタケ

補足:なぜ長期投資だとほったらかしできるのか?

補足として、なぜ長期投資だとほったらかしできるのかを解説していきます。

まずは以下の図をご覧ください。

ウェルスナビ運用診断に基づく資産シミュレーション

これはロボットアドバイザーと呼ばれるものを使って、世界全体に投資した時の資産額を示しています。

2008年はリーマンショックが起こり、最初の数年はマイナス運用になってることがわかりますが、時が経ってくるとだんだん総資産が元本を上回ってきていることがわかります。

これは世界経済が成長し続けているからです。

【長期投資がほったらかしにできる理由】

  • 世界経済は成長し続けている
  • 今後も世界の人口は増加し、世界経済は拡大傾向になる見込み
  • そこに長期的に投資することによって、運用益を得られる
  • ただ、短期的に見れば、金融危機が起こるリスクがあるので、それを長期投資で回避する

金融危機が起こったとしても、世界経済全体は成長していて、そこに長期投資するので、ほったかしにできるという仕組みです。

成長する世界経済に長期投資することで、運用益を得ていくのが長期投資。

タケ

短期投資だと金融危機が起こった時にかなり厳しくなるよ。

もう一人のタケ

初心者が知っておきたいほったからし投資は?

初心者が知っておきたい投資は

  • つみたてNISA
  • ほったらかしできる少額投資

この2つは知っておきたい投資です。

最初から長期投資に場合はつみたてNISA

最初から長期投資をしていきたい場合はつみたてNISAからが大きな選択肢。

  • 毎月積み立てることに抵抗がない(積み立てる余裕がある)
  • 長期的に投資していくことに抵抗がない

このようなケースの場合はつみたてNISAが大きな選択肢になります。

【つみたてNISAを始める方法は以下から】

楽天証券でつみたてNISAを始める方法

SBI証券でつみたてNISAを始める方法

※ 楽天ポイントを活用したい場合は楽天証券、Tポイントを有効活用したい場合はSBI証券がオススメ

少額・短期運用から始めたい場合に使いやすい投資

長期の運用ではなく、短期で運用したい場合・毎月積み立てしたくない場合はつみたてNISA以外の投資の活用も選択肢の1つ。

ほったらかしでできるかつ短期・少額で運用できる投資としては

【少額かつ短期でできるほったらかし投資】

これらの投資は投資をした後、運用開始期間が終了するまでほったらかしで運用できるます。

取引などをする必要がないので、ほったらかし運用をしたい初心者の方にとっては始めやすい投資と言えます。

少額投資を経験→長期投資に移行という流れで投資を経験でき、初心者にとっては始めやすいです。

これらの少額投資に関する詳しい記事は別に記事も用意してますので、そちらも参考にしてみてください!

ほったらかしで投資できるのは大きなメリットだね。

タケ

短期で始める場合はこれらの投資で始めてみるのも手。自分に合った方針で投資していこう!

もう一人のタケ

NISA・つみたてNISA・少額投資にしても最初の金額は慎重に

最初から本格運用というよりは最初は少額で運用を始めていって、だんだん運用金額を上げていくと経験を積みつつ運用額を上げていくことができます。

経験値が最初は少ないので、

  • 少額投資で経験を積む
  • 経験を積んでいくと同時に、投資金額も本格化していく
  • ほったらかしできる設定を作って、あとはほったらかし

知識がない最初は大金ではなく、少額から始めていくのがいいでしょう。

これからの時代、投資は活用しておきたいものになるので、将来的に資産を拡大していく手段を知っておくことはとても大事になります。

貯金だけでは将来的に資産が拡大していくことはない。

タケ

どうやって将来的な資産を拡大していくかを考えておこう!そして、経験しておこう!

もう一人のタケ

まとめ:NISAでほったらかしがNG、つみたてNISAがOKな理由

NISAのほったらかしがNGな理由は

  • 長期投資できないから(運用期間の期限が迫っている)
  • つみたてNISAの方がほったらかしに向いている
  • 短期でほったらかしできる投資も登場している

これらの理由から、NISAのほったらかしはNGで、NISAへの投資はOKとなります。

今は少額・短期でほったらかし投資できるものも登場してますので、それらの投資も選択肢の1つです。

【少額かつ短期でできるほったらかし投資】

【少額でできる投資の始め方】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.