クズフリーターの運用記録

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

なぜ資産運用が必要なのか?預貯金中心主義を脱さないといけない理由

 
資産運用なぜ必要
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/
  • 資産運用がなぜ重要だって言われてるの?
  • 資産しなくても大丈夫じゃないの?

そんな資産運用に関しての疑問を持っている方が多くいるではないでしょうか?

私も疑問だらけで「???」な状況でした。2年前までは。

なぜ、2年前から考えが変わったのか?こちらの図をご覧ください。

ウェルスナビ運用診断に基づく資産シミュレーション

こちらはロボアドバイザーウェルスナビの長期運用シミュレーションです。

100万円から毎月1万円を積み立てた時の運用シミュレーションですが、元本に対しての総資産はプラスのシミュレーションになっています。

今の日本は

  • 仕事だけじゃ生活できない
  • 将来の年金不安

など今後の不安がかなり大きな状況です。資産運用の必要性はかなり高まっています。

  • 今回は資産運用がなぜ必要なのか?
  • そして、キーとなる長期投資ができるサービスは?

その点をこの記事で解説していきます。

資産運用の重要性はなぜ増しているのでしょうか?

タケ

その理由と長期運用ができるものについて解説していきます。

もう一人のタケ

資産運用が必要な理由

資産運用が最近注目されるようになった理由は単純に言いますと「普通に生きていくとお金がなくなるから」です。

就職して、給料を貯金して、結婚して・・・というようないわゆる普通の生活は金銭的に苦しい時代に突入しました。

お金がなくなるようになった背景としては

  • 預貯金の金利がほぼゼロになった
  • 退職金の減少

が挙げられます。

では、この2点を具体的に掘り下げていきます。

預貯金の金利がほぼゼロになった

定期預金の金利はほぼないと言っても同然です。

昔は定期預金の金利が5%以上の時代もありましたが、今は金利が全くないので、定期預金のメリットが全くありません。

預金をしている場合は資産が増やせません。

それゆえに資産運用の必要性が高まってきているんです。

退職金の減少

大手企業の退職金は年々減少しています。

2003年から2013年で約500万円退職金が減少しており、2000万円を切ってきているのが現状です。

このペースで退職金が減ってきているとなると、今後退職金が1500万円以下になってしまう可能性も大いにあり得ます。

今の日本の経済状況を踏まえると、今後の退職金の減少は現実的な問題としてあり得るので、必然的に資産運用の必要性が高まっていきます

いわゆる「普通」の生活では今は厳しい時代になってきた。

タケ

資産運用の重要性が見直されてきているよ!

もう一人のタケ

資産運用で金融資産が伸びる

資産運用をすることによって、金融資産を伸ばすことができます。

家計資産に関して金融庁が出しているレポートですが、注目すべきは「増加率」「株・投資信託の割合」

アメリカは株や投資信託の保有が多く、預金の割合が13.7%と日本に比べてかなり低いです。

ですが、金融資産の増加率で見るとアメリカは3.32倍と圧倒的に資産を増やしているのがわかります。(日本は1.54倍)

投資によって金融資産を増やすことを示しており、資産運用の重要性を示しています。

資産運用の基本は「長期・積立・分散」

ウェルスナビ運用診断に基づく資産シミュレーション

投資というと日本では

  • 株式投資で資産を2倍
  • FXたった1年で100万稼ぐ

みたいな感じに捉えられることが多いですが、それは違います。

資産運用の基本は「長期・積立・分散」です。

この基本を軸としながら、そのついで程度でやっていくのが株式投資やFXなどの運用です。

では、具体的に長期・積立・分散の3つについて解説していきます。

長期

長期とは文字通り長い期間運用を続けていくことを指します。

15年・20年ほどの運用をしていくことによって「リスクを抑えながら、長期的にじっくり資産形成する」という目的が達成されます。

時間は掛かりますが、コツコツ資産を増やしていくことができます。

積立

積立は毎月コツコツ投資金額を積み立てていくことで、時間的な分散を行うことができます。

例えば、100万円を一気に投資したとして、その翌月に大金融恐慌が起こった場合、投資金額はかなり減ってしまいます。

しかし、その100万円を毎月3万円ずつ分散して、3年ほど積み立てていくと大きなリスクは避けられます。

分散

分散はいろんな資産に分散して投資することです。

株式・不動産・金・国に分散して投資することによって、リスクを分散することができます。

その分リターンも分散することにはなりますが、長期運用する上ではリスクを分散して、少しずつ運用益を上げることが大切になります。

分散は投資において大切な考え方です。

長期・積立・分散はかなり大切な考え方。

タケ

では、具体的にどのような長期投資があるのかここから解説します!

もう一人のタケ

初心者向けの長期資産運用3パターン

では、ここからは具体的な長期運用を解説していきます。

長期・積立・分散をしっかり行うことで、安定した長期運用が可能になります。

この3つを意識した運用が大切です。

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーは口座にお金を入れておくだけで、自動的に分散投資をしてくれるので初心者にとってはかなり扱いやすいです。

自分で分散する必要がなく、全自動で運用してくれます。

  • ウェルスナビ
  • THEO

といったロボアドバイザーがあり、それぞれ特徴があります。

私はウェルスナビを中心に運用しています。

ウェルスナビは45万円を入金していて、少し運用益が出ている状況で、THEOは2万円を入れていて、500円ほどの運用益です。

今はウェルスナビに毎月1万円を自動積立していて、THEOは余剰資金で口座に入金しています。

いろんな投資に挑戦している関係上、積立は1万円ずつですが、今後はもう少し投資資金を増やしていきたいと考えています。

最新の運用実績は資産運用と預金の割合は?フリーターが分散投資額・預貯金を全公開!(随時更新する)で更新していますので、そちらを参考にしてください。

つみたてNISA

つみたてNISAも長期運用になるものですが、分散は自分自身で行わないといけません。

自分自身でどの金融商品を買うのか決めるので、ロボアドバイザーよりも作業が増えますが、少額で運用できるのが魅力です。

月100円単位での運用ができますし、毎日100円ずつ買うという方法もあります。

つみたてNISAの始め方については以下の記事が参考になりますので、ぜひご覧になってください。

ソーシャルレンディング複利投資

ソーシャルレンディングに関しては1回の運用期間が1年前後なので、それを複利で運用することによって、運用益を上げていきます。

簡単に言いますと

「運用→運用期間終了→再び運用」

この流れを繰り返していきます。

こちらも分散していくことによって投資でき、分散・毎月投資(積立)を繰り返していくことになります。

自動積立の仕組みはありませんので、自分で案件に毎月投資です。

詳しいソーシャルレンディングの特徴と始め方は以下の記事にまとめましたので、参考にしてみてください。

まとめ:資産運用はなぜ必要?預貯金主義からの脱出

これからの日本の経済はかなり厳しい予想が立てられています。

  • 金利の減少
  • 退職金の減少

によって、将来の生活が苦しくなってきており、年金制度の今後もどうなっていくのか不透明です。

そんな時代だからこそ「長期・積立・分散」の運用を行っていくことが重要視されています。

長期運用の方法もこの記事に掲載したので、資産運用をまだしていない方は選択肢の一つとして検討してみてくださいね!

【参考記事】

資産運用と預金の割合は?フリーターが分散投資額・預貯金を全公開!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.