1円・1万円でできる初心者向け少額投資

元月収10万円フリータータケの投資実績(2022年1月)

 
元月収10万円フリータータケの投資実績(2022年1月)
この記事を書いている人 - WRITER -
28歳まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2022年には投資金額800万円超え。 お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開中。

はじめまして。

2017年まで、元月収10万円だったタケです。

毎月の投資実績をブログで公開していて、運用額・運用推移を報告しています。

  • どの投資が好調なのか?
  • マイナスが出ている投資はどの投資なのか?

などを確認できますので、投資に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

【記事に関する質問はこちら】

運用金額多めの投資

→少額で始めたい方は【超初心者向け】今すぐにできる少額投資厳選!10分・1万円以内できる運用

仮想通貨の運用実績

【2021年12月】

【2022年1月】

  • コインチェック積立:62万6851円
  • コインチェック(積立以外):0円
  • bitbank:41万1342円
  • OKコイン:21万8269円
  • バイナンス:約20万円

合計145万6462円となっています。

ビットコインやイーサリアムは長期保有分があるので、これからどうなるか注目です。

コインチェック積立を行いつつ、ビットバンクで指値注文を入れているのが現状です。

トラリピの運用実績

【過去出金分】

【2021年12月】

【2022年1月】

「売買損益」から「スワップ損益」を引いたものが実際の損益になるので、4万9310円の決済益です。

入出金合計293万円に対し、預託証拠金が407万円なので、合計114万円運用益が出ていることになります。(2019年1月から運用)

株価指数CFDの運用実績

2019年12月から株価指数CFDの運用も開始しました。

【2021年8月】

一旦全額引き出し。

【2021年12月(30万円出金)】

【2022年1月全額引き出し】

短期的な売買をしており、どうなるか注目です。

株価指数CFDの戦略はS&P500戦略に全てまとめています。

トライオートETFの運用実績(2021年6月運用開始)

【2021年11月(12月も変化なし)】

【2022年1月】

ロボアドバイザーの投資実績(2021年2月運用終了)

ロボアドバイザーはウェルスナビとTHEO運用しています。

ウェルスナビの運用実績は以下の通りです。

【2021年1月運用終了(投資額10万円)】

ウェルスナビ2021年1月

ウェルスナビの運用は2021年1月で終了しました。

パフォーマンスとしてはよく、自動運用としての役割は果たしてくれましたが、私自身が他の運用に資金を回したいと思うようになったのがやめた理由です。

運用利回りは12月12.27%→1月15.89%になりました。

個別株・トラリピ・投資信託を中心に運用しているので、ロボアドバイザーの運用額は少なめで行う方針です。

THEOの運用実績(2020年11月運用終了)

もう一方のロボアドバイザーTHEOの運用は2020年11月に終了しています。

【2020年11月(運用終了)】

引き出し時は+443円。

出金した理由はもっといいパフォーマンスの運用が他でできるからです。

FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)の運用実績

【2021年12月】

【2022年1月】

  • 2021年2月:10万7415円
  • 3月:11万1463円
  • 4月:11万4804円
  • 5月:11万7536円
  • 6月:11万5911円
  • 7月:11万5725円
  • 8月:11万6671円
  • 9月:11万4113円
  • 10月:11万9992円
  • 11月:11万6459円
  • 12月:11万9879円
  • 2022年1月:11万9476円

2020年7月20日から、「FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)」を10万円で運用開始しました。

運用開始からほったらしで運用しており、上記の金額になっています。

市場予測をするロボアドバイザーという他にはない性質を持っているので、長期的に運用を続けていく予定です。

ソーシャルレンディングの運用実績

ソーシャルレンディングは

  • クラウドバンク
  • クラウドクレジット
  • funds

に投資しています。

クラウドバンク

【2021年12月】

【2022年1月】

ドル建てに投資すると為替の影響を受けるので、それが嫌な方はドル建てに投資しない方がいいでしょう。

まだ投資したばかりの案件が多いので、ここからの償還を待つ形になります。

最初の投資金額が10万円で、少しずつ増えている状況です。

クラウドクレジット(2020年1月運用終了)

【2020年変化なし】

2020年1月10日に運用が終了し、10万円が10万7466円となりました。

次の投資をしたとしても、償還は先の話になるので、しばらく変化はありません。

海外への投資なので、リスクはやや高まりますが、リターンが大きいのがこの投資の特徴です。

※ クラウドバンク優先に切り替えたため、口座残額は一度引き出しました。

funds

【2021年5月】

funda2021年3月

【2021年12月(1月も変更なし)】

fundsは少額で運用しています。

初期投資額は1万500円です。

かなりのコツコツ投資ですが、銀行に預けているよりはいいという印象。

小さい金額から運用を始めたい人向きの運用です。

【funds詳細解説記事あります】

fundsの運用実績をブログで公開!超少額で運用中!

【公式サイトは以下をクリック】

つみたてNISA+投資信託の投資実績

つみたてNISAの積立設定を変えました。(2019年6月上旬)

毎月1万円ほどを積み立てていましたが、余裕が出てきたので、積立額を2019年6月に毎月約5万円の設定にしました。

また、

  • 三菱UFJ国際-eMAXIS slim米国株式(S&P500)
  • 楽天全世界株式インデックスファンド
  • 楽天全米株式インデックスファンド

この3つのファンドを絞りました。

楽天全米株式インデックスファンドを多めに積立していて、積立全体の75%ほどを占めています。

投資実績は↓↓

【2022年12月】

【2022年1月】

投資信託は毎月積立を継続しています。

投資信託は長期投資なので、マイナスになったとしてもずっと継続積立です。

株式投資の運用実績

2019年に個別株投資を始めました。

取引がそれほど多くないので、年間の運用実績を掲載します。

【2019年年間実績】

日本株2019年

プラス1万3295円が2019年の実績でした。

それ以降、日本の個別株はほとんど取引していません。

米国株取引開始

【2021年6月(8月も変わらず)】

【2021年9月(10月も変わらず)】

【2021年12月】

【2022年1月(取引なし)】

米国個別株の取引もスタートしました。

「円換算実現損益合計」が運用損益です。

2021年9月に、含み損銘柄を売り出しました。

イークラウド

上記案件に10万円を投資しました。

新規の投資なので、どうなるかわかりませんが、しばらくは様子見しようと思います。

元月収10万フリーター現在の投資額

元月収10万円フリーター現在の投資額をまとめました。

今月から預貯金はなしです。(さすがに金額が増えてきたので、投資資金だけにします)

【最新運用実績】

金融機関資産
SBI証券(株・投資信託保有分資産)168万6734円
楽天証券64万4881円
ウェルスナビ0円
トライオートETF41万697円
FOLIO ROBO PRO11万9476円
クラウドバンク11万8820円
【少額投資】funds1万998円
トラリピ362万9420円
株価指数CFD0円
仮想通貨145万6462円
イークラウド10万円
全投資資金817万7288円

 

【基本的な戦略記事】

→少額で始めたい方は【超初心者向け】今すぐにできる少額投資厳選!10分・1万円以内できる運用

今後も投資実績を更新していきますので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

★超少額1円〜でも可能な投資★

1円〜1万円でできる超少額投資をまとめました。

投資を小さく始めたい方向けの記事です。

 

★もう乗り遅れない!仮想通貨講座開始★

初心者向け仮想通貨講座記事更新

次の上昇を捉えるための知識を講座形式で紹介します。

この記事を書いている人 - WRITER -
28歳まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2022年には投資金額800万円超え。 お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開中。




関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© サイドFIRE.com , 2022 All Rights Reserved.