月収10万フリーターが運用額500万円突破

たった1年で5倍以上!0から学ぶ仮想通貨講座

米国株急落気配!当ブログの戦略は変わらずでいいのか?【2021年3月5日】

 
米国株急落気配!当ブログの戦略は変わらずでいいのか?【2021年3月5日】
この記事を書いている人 - WRITER -
28歳まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額600万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開中。 資産構築ロードマップ無料プレゼント中

米国株が急落気配を見せています。

2月中旬から3月上旬にかけて、株価が落ちていますが、この時期はかなり落ちやすいです。

では、今はどうしたらいいのでしょうか?

株価急落局面!各戦略の現状を解説

2021年3月のアメリカの状況はワクチン接種によって、現状が収束に向かいつつあります。

NYダウが3万ドル付近まで下落してきた場合は買っていきたい局面です。

3万1000ドルを下回った今でも積極的に買い増しています。

米国30の戦略は4月中旬まで

株価指数CFDはGMOクリック証券で行っています。

米国30が下落したので、買いを入れていく局面ではあります。

ただ、リスクの高い戦略なので、ゆるやかな運用をしたい方はおすすめできる戦略ではありません。

また、5月以降に持ち越すのはあまりおすすめしないので、4月のどこかでポジションをなくす準備はしておいてください。(中旬をめど)

よりリスクを取る米国NQ100短期戦略

そして、よりリスクを取る場合は米国NQ100です。

下落幅が大きく、今後の需要が不透明なのがその理由。

急回復は取れるかもしれませんが、マイナスリスクも高い戦略です。

1つの建玉につき、10万円以上掛かりますので、かなりリスクを取れる人だけが挑戦した方がいいでしょう。

こちらは米国30よりも短いスパンでサクッとやります。

トラリピ・投資信託積立・仮想通貨積立

このあたりの投資は継続です。

何もする必要はありませんので、そのまま継続していきましょう。

ちなみに、この2月・3月上旬はトラリピが絶好調です。

1つの投資に固執せずに、分散することで、リスクを下げることもでき、好調な投資と不調な投資を分けることもできます。

仮想通貨積み立ては今年に起こる可能性がある仮想通貨バブル、もしくは2024年頃に起こるビットコインの半減期に向けて積み立てます。

仮想通貨積み立ては老後に向けてやるものではないので、ご注意ください。

投資初心者は一体何をすればいいのか?

初心者はどんな戦略がいいのかということになってきますが、少額で始められる投資がリスク少なく始められます。

少額でできる投資

最初はなくなっても大丈夫くらいの小さい金額で必ず始めてください。

いきなり人生逆転を狙って、大きく投資するケースがありますが、危険です。

最後に:投資について考えること

なんで、お金持ちの人は投資をやっているのでしょうか?

その理由を考えたことはありますか?

現状は自分自身の選択の積み重ねであり、その選択を変えないとなかなか生活は、人生は変わっていきません。

まずは普段の選択から少しずつ変えていきましょう。

今までと違う選択をするだけで、人生は少しずつ変わっていきますよ。

【少額投資の一例】 

 

★超少額1円〜でも可能な投資★

1円〜1万円でできる超少額投資をまとめました。

投資を小さく始めたい方向けの記事です。

 

★もう乗り遅れない!仮想通貨講座開始★

初心者向け仮想通貨講座記事更新

次の上昇を捉えるための知識を講座形式で紹介します。

この記事を書いている人 - WRITER -
28歳まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額600万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開中。 資産構築ロードマップ無料プレゼント中