クズフリーターの運用記録

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

maneoのデフォルトリスク拡大!延滞案件増加の実態!

 
maneoのデフォルトリスク拡大!延滞案件増加の実態!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

maneoのデフォルトリスクが増えている!?

タケ

maneo最近の状況を解説するよ!

もう一人のタケ

ソーシャルレンディング業界最大手として、注目を集めてきましたが、最近は延滞が多くなっています。

  • 延滞案件の急増
  • 訴訟が発生している

良からぬニュースが入ってきています。

今回はmaneoの延滞案件の増加と訴訟問題を踏まえて、maneoのデフォルトリスクについて考えていきます。

maneoのデフォルト案件はだいぶ増えてきている!?

タケ

maneoについて解説していくよ!

もう一人のタケ

maneoのデフォルトリスクが拡大している

maneoでは訴訟が発生しています。

ネットニュースでも取り上げられ、テレビのニュースでも取り上げられました。

  • 募集した時の説明と異なる運用をした
  • その結果、延滞が起こった

という理由での延滞になっています。

延滞のニュースは新聞でも掲載されているので、そちらも参考にしてみてください→maneo延滞ニュース

延滞案件の激増は気になる。

訴訟も起こっているのが気になる。

もう一人のタケ

延滞案件の多さ

maneoの延滞案件はかなり多いのが気になります。

遅延案件についてはmaneo延滞・デフォルト案件から確認することができますが、かなり多いです。

ソーシャルレンディングにおいて、延滞はありえることですが、延滞の数は気にする必要があります。

延滞案件が多くなってきているので、要注意。

タケ

デフォルトが起こらない案件を見極めるのは難しい。

もう一人のタケ

maneoのデフォルトリスクは投資回避してもいい基準

ソーシャルレンディングの投資する際に、最も注意しなければならないのはデフォルトリスクです。

デフォルトが起こってしまうそのデフォルトをソーシャルレンディングで取り返すのは困難。

なので、デフォルトが起こらない可能性が高い案件に投資していくことになります。

そういった観点でmaneoを考えていくとデフォルトリスクが大きいので、投資を回避してもいい基準です。

デフォルトが起こる可能性は回避したい。

タケ

maneoはリスクが高くなってきた。

もう一人のタケ

デフォルトしない案件を探すのは難しい

確率としてはデフォルトしない案件の方が圧倒的に多いですが、デフォルトしない案件を探すのは難しいです。

なので、ソーシャルレンディングは業者選びが重要になります。

  • 過去にデフォルトが起こってない業者
  • 運用実績がいい業者

を選ぶことが大切なので、無理してmaneoを選ぶ必要はありません。

ソーシャルレンディング業者はたくさんある。

タケ

過去のデフォルトが少ない業者かデフォルトがない業者を選ぼう。

もう一人のタケ

ソーシャルレンディングに投資するなら、maneo以外

ソーシャルレンディングに投資するなら、maneo以外の業者が今はいいです。

それぐらい最近のmaneoの状況が良くないということですが、これまでの運用実績がいい業者はどんな業者なのかをまとめました。

過去の運用実績を見ているので、未来を保証するものではありませんが、参考にしてみてください。

OwnersBook

OwnersBookは

  • 全件不動産担保付き
  • 上場企業が運営している

これに加えて、過去の運用実績もよく、募集案件は投資が集まってすぐに募集終了になります。

安定した運用したい場合はOwnersBookの案件は大きな選択肢の1rつになりますが、デメリットとしては運用期間が長めです。

2年前後の案件が多いので、資金が拘束されてしまいますが、安定感を求める人はOwnersBookが有力です。

OwnersBookは不動産に特化したソーシャルレンディング業者。安定感が人気で、募集案件の受付終了も早い。

タケ

安定感はあるけど、運用期間も2年前後と長いものが多いよ。

もう一人のタケ

クラウドバンク

クラウドバンクは2019年5月現在デフォルト0%で、運用期間も短めです。

半年〜1年の案件が多いので、OwnersBookよりも短い期間で運用したい場合はクラウドバンクに向いています。

利回りもOwnersBookより高いですし、安定感もあります。

全件担保がついているわけではないので、安定感的にはOwnersBookですが、運用期間を短くしたい場合はクラウドバンクを検討してみてください。

OwnersBookより運用期間を短くしたい場合はクラウドバンク。

タケ

半年〜1年ぐらいのコンパクトな運用期間案件が多い。

もう一人のタケ

funds

fundsの長所は1円から投資できることです。

OwnersBookとクラウドバンクは1万円からですが、それをはるかに下回る金額で投資を開始できます。

2019年に運用が開始されたばっかりなので、運用実績はまだありませんが、少額で運用していきたい方にオススメの業者です。

最初は投資を少額で始めたい人はfundsが向いています。

少額投資するなら、funds。

タケ

一円から始められるので、最初お試しでやりたい人でもできる。

もう一人のタケ

まとめ:maneoのデフォルトリスク拡大!延滞案件増加に注意

maneoのデフォルトリスクは拡大しているといっても過言ではありません。

特に訴訟問題は注目しておかなければならない案件です。

ソーシャルレンディング業者はたくさんありますので、過去の運用実績がいい業者を選ぶようにしていきましょう。

maneoは今は投資を控えています。

がソーシャルレンディング業者の中ではこれまでの運用実績がいいです。

は1円から投資できるメリットがあるので、ソーシャルレンディングに興味がある方はこれらの業者にも注目してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.