元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

トラリピ維持率は無視してロスカットレートだけ把握すべき理由

 
トラリピ維持率は無視してロスカットレートだけ把握すべき理由
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

トラリピの維持率は一体どれくらいがいいんだろう?

タケ

実は維持率じゃなくて、もっと大事なことがあるよ。

もう一人のタケ

トラリピを運用していく時に気になるのが維持率。

ログイン画面に大きく書かれているので、気になってしまう数字ですが、私はその数字を参考程度にしか見ていません。

参考程度どころか、今の維持率がいくらなのかちゃんと把握はしてないです。

では、何に注目しているかと言いますと、それはロスカットレート。

ロスカットレートはGoogleスプレッドシートでしっかりと記録しています。

維持率を無視してロスカットだけ注目していればOKの理由は一体どこにあるのでしょうか?

トラリピ維持率は無視して、ロスカットレートだけ注目でOK

トラリピ維持率は無視して、ロスカットレートだけ注目でOK

トラリピの維持率が気になるところですが、基本的に無視してOK。

大事なのはいくらでロスカットされるかをしっかり把握しておくことです。

「維持率気にしなくていいの?大丈夫なの?」

と思う人がいるかもしれませんが、実際に維持率を気にすると次のような罠にハマってしまいます。

  • リスクの高い設定をしているにも関わらず、ポジションを保有してないので、維持率が高くなる
  • 急落がやってきた時に一気にポジションが多くなり、維持率が急下落する

維持率は100%を下回るとロスカットされますが、維持率は思った以上に変動が激しい数値です。

一気に下落したり一気に上昇したりする可能性があり、対応に苦慮するケースもあります。

そこで注目しておきたいのがロスカットレートです。

基本的にはロスカットレートに注目しているよ。維持率は参考程度。

タケ

維持率の動き方はかなり激しい。ロスカットレート基準に判断しているよ。

もう一人のタケ

ロスカットレートを把握しておく

「今の運用設定だといくらでロスカットするか?」を正確に把握しておくことが最も重要です。

例えば、ドル円が100円でロスカットすると分かっていれば、為替相場を見ながら手を打つことができます。

  • ロスカットレートを正確に把握する
  • ロスカットレートを参考に対処していけば、ロスカットを防ぐことができる
  • 維持率は変動が激しい数値なので、動きが急すぎて対応できないケースも

維持率が300%だったのに、夜寝て朝起きたら150%になっていたなんてこともあり得ます。

世界の相場は日本時間の深夜でも動くので、寝ている間に維持率激減なんてことは普通にあるんです。

為替の動きは1日で3円以上動くことはほぼない(たまにある)ので、ロスカットレート基準で判断していきましょう!

実は維持率を把握してないんだ。何%あるかはあまり見ないからね。

タケ

ロスカットレートに対して、十分足りている金額かどうかをチェックするだけだよ。

もう一人のタケ

トラリピ維持率だけではいくら追加したらいいのか見えにくい

トラリピ維持率だけではいくら追加したらいいのか見えにくい

トラリピの維持率が300%を切ってきて、追加資金を投入しようと思った時に、維持率だけだといくら投入したらいいのかわかりません。

  • 維持率が300%を切って、200%に近づいてきている
  • 追加の資金を投入しよう
  • ん?いくら投入したら維持率が300%になるんだ?

なんてことになりかねません。

維持率の計算方法はあるんですが、ロスカットレートに注目しておくとトラリピ運用試算表で簡単に計算することができます。

ロスカットレートを割り込まなければ、ロスカットされることはありませんので、ロスカットレートを知っておくことが最重要です。

口座維持率は毎分ごとに変動するし、相場が急変した時には大きく変動する。

タケ

ロスカットレートは資金追加をしなければ、ほぼ変わることがないよ(少々の誤差はある)。

もう一人のタケ

維持率は数字が大きいので勘違いする

維持率500%と聞くとかなりたくさんあるように聞こえますが、維持率5倍と聞くとそれほど多く感じないと思いませんか?

実際は同じことなので、数百%という数字を出されることによって、「まだまだ大丈夫だろう」という錯覚を起こしがちです。

でも、実際はそんなことありません。

数字が大きいと勘違いしがちなので、口座維持率はほぼ見ないようにしています。

ロスカットレートを把握していれば、維持率は見なくても問題ない。

タケ

ロスカットに近づいてきているかどうかを判断すればいいだけだよ。

もう一人のタケ

トラリピのロスカットレートの確認は運用試算表で確認する

ロスカットレートは運用試算表で確認することができます。

【運用試算表での確認】

  1. 今自分が運用している設定を運用試算表に入力する
  2. 運用金額の欄の金額をいろいろ変えてみる
  3. ロスカットレートが入力した金額によって変動する
  4. そのロスカットレートにしたがって、投資判断をする

運用試算表は絶対に使っておかないといけないツールなので、どんどん活用しましょう。

具体的な使い方に関しては動画や別記事で詳しく解説しています。

そちらを参考にしてみてください。

トラリピ運用試算表の使い方はしっかり押さえておこう。

タケ

運用試算表をしっかり操作できるようにならないとトラリピの運用は難しいよ。

もう一人のタケ

トラリピの維持率は「100%切ったらロスカット」だけ覚えておけばOK

維持率が100%を切ったらOKということだけ押さえておけば、あとは問題ありません。

ロスカットレートを把握していれば、維持率が下がるということも防ぐことができます。

  1. ロスカットレートに近づく
  2. 口座に入金するなどの対策を行う
  3. 維持率も自然と上がる

という流れになるので、ロスカットレートをしっかり見ていれば、維持率が低くなりすぎることはありません。

とにかくロスカッレート、ロスカットレート、ロスカットレート。

タケ

ロスカットレートを把握していないなら、今すぐ把握しよう。

もう一人のタケ

ロスカットになるのを防ぐには入金しかない

すでに設定を組んで運用を始めてしまっている場合はロスカットを防ぐ手段が入金しかありません。

設定を組む前だったら、手立てがありますが、実際に運用が始まってある程度ポジションを持っている状態だと入金額を増やすことぐらいしか策がないので、追加資金は用意しておいた方がいいです。

また最初に設定を組み時に余裕のある設定を組んでおくこともポイント。

  • ロスカットが近づいてきたら、入金する
  • 設定の段階である程度余裕のある運用をしておく

この2つをしっかり押さえておくことが重要。

ロスカットが目と鼻の先にあるような設定はやめて、設定は余裕のある設定にしておくのがオススメです。

設定が狭いとロスカットしやすい設定になってしまうよ。それには気をつけよう!

タケ

危ないと思った時は入金。いくら入金するかは運用試算表を活用する。

もう一人のタケ

まとめ:トラリピは維持率よりロスカットレート

維持率も大事じゃないことはないですが、大きな変動があったりして、すぐに動いてしまいます。

500%→300%→500%などといったような動きが1週間以内に起こることもありますし、一夜で急下落なんてことも・・・・

なので、ロスカットレートを大事にして、その値を中心にトラリピを考えていくようにしましょう。

  • 維持率はかなり上下動する
  • ロスカットレートは運用試算表で計算でき、動かない数値
  • 基本的にはロスカットレートを見ておく

大事なのは「ロスカットレート」です。

【トラリピの運用試算表に関する記事以下から】

トラリピトレード画面・運用試算表の使い方を解説!注文まで全てわかる

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.