元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

投資信託が損ばかりだと言われる理由!損を可能な限り避ける方法

 
投資信託が損ばかりだと言われる理由!損を可能な限り避ける方法
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

投資信託が損ばかりだと言われる理由は一体何?

タケ

損を可能な限り避ける方法を今回は解説するよ!

もう一人のタケ

投資はリスクとリターンがあり、得することだけができないものです。

ですが、ネットニュースなどを見ていると、損しているばかり見かけるのは気のせいでしょうか?

  • 投資信託で損をした老夫婦の末路
  • 銀行の投資信託で退職金2000万が500万円

などといったタイトルのニュースが多いですが、なぜ投資信託が損ばかりだと言われるのでしょうか?

今回は投資信託が損ばかりだと言われる理由と投資による損を可能な限り避ける方法をまとめました。

投資信託は損ばかりだと言われるのは一体なぜなのか?

ネットなどでニュースを調べると、「投資信託は損」というニュースが結構あります。

投資を始めたいという人も、この結果だとゲンナリしてしまうのが正直なところですが、なぜこのような結果になってしまったのでしょうか?

銀行で投資信託を買うとほぼ失敗するから

投資信託を買うために銀行に行く人が結構多いですが、かなり高い確率で失敗します。

というより、銀行の投資信託にはいい商品がないので、銀行に行ってはいけないというのが常識になっていますが、定年退職した人などは銀行に行きがちです。

  • 銀行にオススメされた投資信託は手数料が高い
  • オススメ商品は銀行に利益になる商品

この2点を常に頭に入れておく必要があり、時間と労力を考えても銀行に行くべきではありません。

銀行はATMを使う以外に、用はないのです。

銀行にはATM以外に近づいてはいけない。

タケ

信用していいのは機械だけ。あとは住宅ローンぐらいかな。

もう一人のタケ

オススメされた投資を何も考えずやるケースが多いから

オススメされた投資をそのままの理由でやってしまう人は基本的に損をすると思った方がいいでしょう。

もちろん得をするケースもあるんですが、最終的にはマイナスに落ち着くことがほとんどです。

投資は自分自身で投資内容を理解して行う必要があります。

【投資失敗のメカニズム①】

  • 投資内容を理解していない
  • 損をした時になぜ損をしてないかわからない
  • どんどん損が膨らんでいく

【投資失敗のメカニズム②】

  • 投資内容を理解していない
  • 最初の数ヶ月で、一気に利益が発生する
  • 「この投資信託が儲かる」と思い込む(なぜ利益が出たかわかっていない)
  • 投資を続けていった結果損をする局面に入る
  • なぜ損をしたかわからずに、最終的に損をする

大事なのは

  • どうなったら、リターンが得られるのか?
  • どうなったら、損をすることになるのか?
  • 手数料の高さ

これらをしっかりと押さえておくことです。

どうなったら損をするのか、どうなったら運用益が出るのかをしっかり押さえておこう!

タケ

これを知らないと投資で損をする可能性が高い。逆に、そこを押さえていれば、あまり問題はないよ!

もう一人のタケ

失敗の方がニュースとして、インパクトがあるから

  1. 投資信託で2000万円得した定年後の夫婦の歓喜
  2. 投資信託で2000万円損した定年後の夫婦の悲劇

この2つのニュースを比較した時に、引きが強いのは一般的に②だと言われています。

なので、アクセス数を集めるには損した人を多く取り上げる方が有効で、結果的に損をしたニュースが多くなります。

その結果、損をする人が多いような印象を受けてしまうわけですが、ただ、これは印象論だけではありません。

先ほども書きましたように、銀行の投資信託はかなりの確率で損をしてしまうので、実際に損をしている人は多いです。

では、どのようにすれば損を防ぐことができるのでしょうか?

ここからは損ばかりを避ける方法を取り上げていくよ。

タケ

投資である以上100%の成功はないし、リスクはある。ただ、銀行の投資信託のように、ほとんどダメなんてことはないよ。

もう一人のタケ

投資信託が損ばかりを避ける方法

投資信託を始める場合の絶対条件として、ネットから投資することが挙げられます。

  • ネットは上手く扱えない
  • 人の手助けがないと無理

という人は投資信託に投資すべきではありません。

お年寄りの方はネットが使えないので、銀行に行ってしまう人が多いんですが、ネットを使えないと有意義な投資はできません。

投資信託で損ばかりな状況を避けるにはネット証券を扱えることが第一条件。銀行に行くことが大事なのではありません。

投資信託はつみたてNISAから

2018年からつみたてNISAという制度できて、投資信託の第一歩をつみたて
NISAから始めることができるようになりました。

  • 運用益非課税枠がある(年間40万円)
  • 国が選定した投資信託に投資できる

というメリットがあるので、投資信託を始める場合はつみたてNISAから始めましょう。

ただ、つみたてNISAの投資信託は100本以上あり、その中から何を選ぶかによって、成果が異なってきます。

このあたりの解説やつみたてNISAの具体的な始め方は別記事で解説していますので、そちらを参考にしてください。

【つみたてNISAを始める方法】

SBI証券でつみたてNISAを始める方法

楽天証券でつみたてNISAを始める方法

※ ネットをよく使う場合は楽天ポイントを有効活用できる楽天証券がオススメ

まずはネットを扱えるようになることが重要。ネット証券を使いこなせるようになろう!

タケ

つみたてNISAは国の制度なので、活用していこう!

もう一人のタケ

初心者向けの投資

じゃあ、初心者向けの投資は一体何があるのでしょうか?

少額で始められるものを中心にまとめました。

つみたてNISA

先ほど紹介しましたが、

  • 国が運用している制度
  • 毎月100円単位で投資が開始できる

少額で始められ、国が選定した商品の中から、投資信託デビューができます。

銀行に行く必要もなく、ネットだけで全て完結でき、その上いい投資商品を選ぶ練習にもなります。

私も投資していますが、大事なのは投資の根拠をしっかりと持っておくことです。

根拠があれば、どうなったらリターンを得られて、どうなったら損をするのかわかりますので、投資には根拠を持ちましょう

投資には根拠を持つことが大切。どうなったら運用益が得られるのかも押さえておこう!

タケ

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングも少額で投資を始められる投資です。

ほとんどの業者で、1万円から始められますし、1円から投資できる業者も誕生しています。

ソーシャルレンディング投資の特徴は

【ソーシャルレンディングの特徴】

  • 投資したお金の利息を受け取る投資(お金を貸すイメージ)
  • 運用期間は半年〜1年半ほどのファンドが多い
  • 1円・1万円〜始められる
  • 一気に資産を増やすのではなく、コツコツ増やす

このような特徴があります。

私が投資している業者はクラウドバンク・funds・クラウドクレジットの3つで、それぞれの特徴は以下の通りです。

業者名特徴
クラウドバンク・1万円から投資できる
・リターンは7%弱で高い
・過去の運用実績が最もいい
【少額投資】funds・1円から投資できる(最も少額)
・リターンは1.5%~6%
・運用期間は半年〜1年ほどのファンドが多い
クラウドクレジット・1万円から投資できる
・新興国投資なので、リスクは高いがリターンも大きい

過去の運用実績や投資金額を踏まえると初心者の方は

投資の方法はかなり簡単で、市場の動きを見る必要がない投資なので、初心者向けの投資と言えます。

まとめ:投資信託が損ばかりだと言われる理由

投資信託が損ばかりだと言われる理由は

  • 銀行で投資信託を買うとほぼ失敗するから
  • オススメされた投資を何も考えずにやるケースが多いから
  • 失敗の方がニュースとして、インパクトがあるから

そして、「投資信託で損ばかり・・・」なんて状況を避ける方法もこの記事では紹介しました。

  • つみたてNISA
  • ソーシャルレンディング

など初心者向けの投資を上手く使って、自分に合った投資を始められるように知識を増やしていきましょう!

【参考記事】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.