元月収10万フリーターが300万以上運用

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略(無料note)

長期投資のレバレッジは株価下落時の株価指数CFD戦略を採用する理由

 
長期投資のレバレッジは株価下落時の株価指数CFD戦略を採用する理由
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

長期投資のレバレッジは株価下落時に株価指数CFDで行う!?

タケ

タケはそのやり方を採用しているよ。理由を見ていくね!

もう一人のタケ

長期投資のレバレッジは株価下落時の株価指数CFD戦略を採用!?

「何を言ってるのかよくわからない・・」という人もいるかもしれませんが、長期投資のレバレッジについてこの記事でできる限りわかりやすくまとめました。

私自身、長期でのレバレッジ投資は株価指数CFDを採用しています。

その理由は一体なぜなのでしょうか?

  • 下落時に株価指数CFDを採用するのはなぜか?
  • レバレッジ型投資信託を採用しない理由
  • 暴落時に長期投資レバレッジを始めるメリット・デメリット

このあたりを解説していきますので、参考にしていただけると嬉しいです。

長期投資のレバレッジはリスク大だが、暴落時は始めやすい

長期投資のレバレッジはリスク大だが、暴落時は始めやすい

長期投資でレバレッジありだとリスクは大きくなります。

ただ、下落時に長期投資のレバレッジだと様相が少し変わってきまして、私の株価指数CFDの保有建玉は↓↓

ほとんどマイナスなんですが、一番下の安く買った銘柄に関しては拘束証拠金がかなり安くなっていることがわかります。

暴落時にはかなり安くで買うことができるので、始めるタイミングとしては悪いものではありません。

もちろんさらなる下落がある可能性もありますが、それもリスク許容度の中に入れておけば対処できる範囲内です。

暴落時に始めるとどのようなメリット・デメリットがあるの?

タケ

暴落時に始めるレバレッジ長期投資を見ていくね!!

もう一人のタケ

長期のレバレッジ投資を暴落時に始めるメリット

長期のレバレッジ投資を暴落時に始めるメリット

長期投資のレバレッジを暴落時に始めるメリットは

  • 下落幅が限定されている
  • 長期で見れば上昇の可能性が高い

この2つがメリットです。

下落幅が限定されている

私はイギリス100というものを中心に投資していますが、リーマンショック時の下落幅は約50%です。

そして、過去5年のイギリス100が以下のようなチャートになっています。

株価指数

今はさらに下落していますが、2020年2月までは7500前後で推移していました。

ここからわかることは

【暴落時の下落幅について】

  1. リーマンショックの時は約半分まで下落した
  2. 7500から半分に下落すると3750前後になる
  3. 2020年3月24日のイギリス100は5000前後を往復している
  4. 下落幅は1500あるかないかぐらい
  5. 下落幅が少ないので、投資しやすい

7500から3750ぐらいまで下落するのに比べ、5000という今の状況は下落幅が限定されているのがわかります。

リーマンショック以上がくれば、3000ぐらいまで下がる可能性も捨て切れないんですが、それでも下落幅は高値の頃に比べると低いです。

ロスカットレートを設定しやすいというメリットがあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-03-25-5.13.01-1024x436.png です

ロスカットレート3500〜4000の間に設定。拘束証拠金を見ると、一番直近に買った建玉は前に買ったものの2分の1程度の証拠金になっているから、かなり安くなっているよ。

タケ

下落後に買った方が同じロスカットレートでもお金が掛からない。1つのメリットだね。

もう一人のタケ

長期で見れば上昇の可能性が高い

長期で見れば上昇の可能性が高いのは過去のチャートが示しています。

イギリスのFTSE100のチャートですが、過去の何回か暴落があるものの、そこから上昇に転じているのがわかります。

なので、暴落した時にしっかり買うことができれば、値上がり益を得ることができ、なおかつ価格調整額が3ヶ月に1回入ります。

もちろん暴落がいつ終わるのかを見極めるのが難しいんですが、私の場合は下がったタイミングで積立回数を増やして、下落時はずっと積み立てていく方針です。

イギリス100に投資している理由は価格調整額が大きいから。

タケ

下落時は安く建玉を買えるので、利回りが良くなる。そこに期待して購入しているよ!

もう一人のタケ

長期投資のレバレッジは暴落で開始→上昇でストップの繰り返し

私タケの場合は1つの投資だけをやっているわけではないので、株価下落時に株価指数CFDへの投資額を増やし、上昇時は他の投資への投資資金を増やします。

  • 2020年の暴落前:株価高値圏のため株価指数は月1回の積立
  • 2020年暴落後:株価急下落のため積立回数増やす

という投資方針です。

約定日時を見ていただければ、2月以降だんだん投資回数が増えているのがおわかりいただけるかと思います。

株価指数CFDに関しては安いところで積極的に投資して、価格調整額のプラスを受け取りながら、値上がり益も狙っていくというのが基本的な手法です。

そして、株価が高値圏まできたら、積立回数を減らしていきます。

どこが底になるかは予想できないので、積立方式で淡々と買い増していく。1回の購入金額を一気に増やさない。

タケ

1つずつ買っていく。2つも3つも同じ日に買わないというルールは決めてるよ。

もう一人のタケ

長期的に上昇か価格調整額を狙う

株価指数CFDは値上がり益狙いか価格調整額狙いかの2つです。

そして、下落時には両方狙いやすいという点も注目です。

  1. 下落時には配当利回りが大きくなる
  2. 下落の後の上昇を掴める可能性がある

下落の後の上昇を掴むなら、アメリカへの投資の方が結果はいいんですが、私は値上がり益を上手に掴む自信がそこまでないので、価格調整額狙いの投資にしています。

このあたりは好みの問題です。

今回の暴落がいつまで続くのか、どこまで続くのかなどが全くわからないので、価格調整額の上積みが期待できるイギリス100が積立の中心にになります。

株の上昇を上手に掴む自信がまだないので、価格調整額がの利回りが大きいイギリス100を中心に投資しているよ。

タケ

3ヶ月に1回配当金のように受け取れる。

もう一人のタケ

レバレッジ型投資信託での運用を長期でしない理由

レバレッジ投資信託での運用を長期でしない理由はレバレッジを自分で設定できないからです。

基本的にレバレッジ型の投資信託は2倍ほどのレバレッジですが、株価指数CFDはレバレッジ10倍までは自由に設定できます。

  • 2倍以上のレバレッジにしたい
  • 下落時に掴んだものはレバレッジを5倍ほどにまで持っていける
  • 証拠金を自由に変更できる(上昇したら証拠金を減らすなども可能)

今の下落局面が終わって、回復傾向になった時に証拠金を操作できます。

株価指数CFDはレバレッジの自由度があるので、積極的に投資しています。

レバレッジをかなり上げることもできるし、かなり極端に下げることもできるよ!

タケ

株価指数CFDはこの自由度があるのが好み。

もう一人のタケ

株価指数CFDは常に現金余力が必要(超重要)

常に現金余力が必要で、これは重要です。

例えば、さらなる下落が起こって、ロスカットレートを拡張したいとします。

その時には追加で証拠金が必要になるので、絶対に現金を残しておかないといけません。

  • 現金余力は常に残しておく
  • ロスカットレートをどこに設定するのかが重要なポイントになる

常に現金余力が必要になるので、現金が尽きるまで投資するのはやめましょう!

【株価指数CFDの長期保有戦略具体的な内容はこちら】

株価指数CFDの長期保有戦略を公開!理由と根拠を解説!

株価指数CFDのロスカットレートや積立の基準などは上の参考記事で解説しているよ。

タケ

私タケの戦略は結構長期。短期は不確定要素が多いので苦手。

もう一人のタケ

まとめ:長期投資は株価指数CFDレバレッジ戦略

まとめ:長期投資は株価指数CFDレバレッジ戦略

長期投資は株価指数CFDを採用しています。

株価指数CFDにしている理由は

【株価指数CFDを採用している理由】

  • レバレッジを自由に操作することができる
  • 10倍までレバレッジをかけられる

これが大きな理由です、

株価下落時には安く買うことができるので、頃合いを見つつ積立投資をしています。

具体的な始め方に関する参考記事などもありますので、参考にしてみてください。

 

★元月収10万円フリーターが在宅収入情報発信★

月収10万円から在宅収入生活!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

苦しい人生を脱出し、一緒に人生逆転しませんか?

登録者特典あり!

友だち追加

LINEで在宅収入情報発信中!質問・メッセージも可能です!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

元月収10万円でもできる

2020年利回り10%狙いの投資戦略

株価大暴落で、戦略を変更

利回り10%狙いの投資に切り替えました。

無料noteで公開中!

2020年暴落でも動じない利回り10%超えの投資戦術

 

【各投資の運用実績を公開しています】

利回り10%超えのハイリスク・ハイリターン投資「トラリピ」
トラリピの運用記録をブログで全公開!いい点とダメな点はどこ?

毎月分配で年利6%超えのほったらかし運用「クラウドバンク」

クラウドバンクをやってみた!感想と実績を包み隠さず公開!

毎月の価格調整額(配当)メインのハイリスク・ハイリターン投資「株価指数CFD」

株価指数CFDの始め方と運用実績

長期ほったらかしの自動運用「ウェルスナビ」

ウェルスナビをやってみた!運用実績を公開(最新情報更新)

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

 

【Twitter運用中】




Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.