元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

LINEスマート投資で損?初心者必見の自動運用を解説!

 
LINEスマート投資で損?初心者必見の自動運用を解説!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

LINEスマート投資は損をする?初心者必見の自動運用はどれ?

タケ

最初の選び方を間違ってしまうと、大きなマイナスになってしまうかも?

もう一人のタケ

LINEスマート投資は損をしてしまう?

今はいろんな自動運用がありますが、その中でもLINEスマート投資がどんな投資なのかについてまとめました。

  • LINEスマート投資で損をしてしまうのはなんで?
  • 自動運用はどんな基準で選べばいいの?
  • 少額投資の罠に気をつけないといけない話

このあたりの点についてまとめましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

LINEスマート投資は少額だと損をする可能性大

LINEスマート投資は少額だと損をする可能性大

LINEスマート投資は少額だと損をする可能性大です。

その理由は手数料にあり、運用実績を手数料が上回ってしまう可能性があります。

【運用実績を手数料が上回ってしまう例】

  1. 運用利回りが年間3%出たとする
  2. 手数料が4%になった
  3. 運用実績はマイナス1%になってしまう

このようなパターンで損をしてしまうわけですが、LINEスマート投資で少額投資をする場合、手数料が高くなってしまいます。

  • 5万円の少額運用をしたとする
  • 月額100円の手数料で、年間1200円
  • 2.4%の手数料になる
  • 自動運用の手数料は1%前後が相場

相場よりも1%以上高い手数料になってしまい、少額になればなるほど手数料負担の割合は増えてしまうんです。

少額になればなるほど手数料の負担は大きくなってしまう。

タケ

手数料の負担を小さくするためにはある程度まとまった金額を運用しないといけないよ。

もう一人のタケ

少額自動運用なら別の方法がオススメ

少額で自動運用するなら、別の方法がオススメです。

SBIネオモバイル証券の「ウェルスナビforネオモバ」は手数料月額220円掛かりますが、期間固定Tポイントが毎月200ポイントゲットできます。

そして、最低運用金額は1万円で、運用しやすい金額です。

【ウェルスナビforネオモバの手数料】

  • 年率1%+月額220円が手数料
  • 国内株式に使える期間固定Tポイントが200ポイント分毎月手に入る
  • その Tポイントを使って国内株式に投資すると実質手数料負担が月額20円
  • ロボアドバイザー運用+国内株式の運用で手数料的にお得

もらったTポイントを使ってお得になるので、Tポイントで国内株式に投資するようにしましょう!

【LINEスマート投資とSBIネオモバイル証券はこちら】

SBIネオモバイル証券の自動運用を活用すると手数料が抑えられて、少額で運用できる。

タケ

もらったポイントを国内株式に投資することが大切だよ。これをやらないとお得にならないよ。

もう一人のタケ

LINEスマート投資で損をするメカニズム

LINEスマート投資で損をするメカニズムをもう少し詳しく解説します。

自動運用の運用利回りは5%あればいい方

自動運用はプラスとマイナスを繰り返して最終的にはプラスを目指していくものですが、平均利回りは5%あればいい方です。

そこに手数料負担が掛かってくるわけで、手数料が高いと運用実績が減っていきます。

  • 利回り5%、手数料1%:4%のリターン
  • 利回り5%、手数料2%:3%のリターン
  • 利回り5%、手数料3%:2%のリターン
  • 利回り5%、手数料4%:1%のリターン
  • 利回り5%、手数料5%:0%のリターン
  • 利回り5%、手数料6%:-1%のリターン

というように、手数料の分だけリターンが落ちていってしまいます。

投資における手数料=運用実績に直結してきますので、手数料は見逃せない数値です。

手数料は運用実績に直結するのでしっかり見ておく必要があるよ!

タケ

LINEスマート投資の手数料を詳しく見ていこう!

もう一人のタケ

少額運用だと手数料で損をしてしまう

LINEスマート投資の手数料は

  1. 月額100円
  2. 年率1.0%

この2つのうち高い方が適用されます。

例えば、10万円を運用する場合、

  1. 月額100円→年間1200円
  2. 年率1.0%→年間1000円
  3. ①の年間1200円が適用される

というような手数料の決め方です。

自動運用の手数料水準は年率1%なので、①が適用されている間は手数料が割高になります。

なので、LINEスマート投資は12万円以上投資しないと手数料が割高です。

LINEスマート投資は少額で運用すればするほど手数料が割高になる。

タケ

少額で運用していても手数料が割高だったら元も子もない。それだったらやらない方がいい。

もう一人のタケ

一気に大損する投資ではないけど、じわじわ損をする可能性あり

一気に大損する投資ではないですが、じわじわ損をしてく可能性があるのがLINEスマート投資です。

  • 手数料分がじわじわ減っていく
  • 経済が低迷してじわじわ減っていく

ということが起こり、特に少額投資では手数料負担の割合が大きくなるので、かなり厳しい運用が想定されます。

LINEスマート投資は一気に資産が減るのではなく、じわじわ減っていくのがきつい。

タケ

手数料をしっかり管理しないとじわじわ資産が減って、投資する意味がなくなっちゃうよ。

もう一人のタケ

手数料で損する可能性が低いLINEスマート投資以外の自動運用

手数料で損する可能性が低いLINEスマート投資以外の自動運用

手数料で損をする可能性が低いLINEスマート投資以外の自動運用をまとめました。

いろんな運用がありますが、

  • ウェルスナビ
  • ウェルスナビforネオモバ

のどちらかを使うのが自動運用の手数料としては安めです。

10万円用意できるならウェルスナビ

ウェルスナビの手数料は年率1.0%となっているので、初期投資金額10万円を用意できる人はウェルスナビがオススメ。

ウェルスナビの特徴は

【ウェルスナビの特徴】

  • 手数料が年率1.0%で固定になっている
  • 10万円から運用でき、積立は毎月1万円から可能(積立しないことも可能)

手数料と運用の安定感(預かり資産ロボアド1位)という点が魅力です。

ウェルスナビの魅力は安定感。

タケ

手数料も年率1.0%だから、ロボアド業界の平均値。

もう一人のタケ

10万円未満ならウェルスナビforネオモバ

先ほども紹介したウェルスナビforネオモバが少額自動投資の大きな選択肢です。

もらったTポイントを国内株式に投資しないといけないという点がありますが、それさえしっかりできれば、手数料低めに少額投資できます。

  • もらったポイントの活用を忘れない
  • 少額で運用を始めたい人時限定

この2つを満たせる人はウェルスナビforネオモバでの運用がオススメです、

【ウェルスナビとウェルスナビforネオモバはこちらから】

[btn]ウェルスナビ
[/btn]

自動運用の手数料相場は1%なので、そこに近づけることが大事。

タケ

Tポイントでの国内株式投資は絶対!もらったポイントを使わないと手数料割高。

もう一人のタケ

まとめ:LINEスマート投資は少額だと損!初心者必見の自動運用を紹介!

今回はLINEスマート投資は少額だと損をする点についてまとめました。

月額100円の手数料が安そうに見えて、案外高いというのがポイントです。

【この記事のポイント】 

  • 月額手数料100円が適用されているうちは損になる
  • 少額運用をすればするほど手数料が割高になる
  • 他のロボアドバイザーの方が優先順位は高い
  • 10万円ある場合はウェルスナビ、10万円未満の場合はSBIネオモバイル証券
  • SBIネオモバイル証券はもらったTポイントで、国内株式を購入

手数料負担は超重要なので、手数料は意識して投資するようにしましょう!

【ロボアドバイザーに関する詳細解説記事はこちら】

【徹底解説】初心者向けロボアドバイザー運用の始め方スタートガイド!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.