貯金ゼロ男が運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

LINE証券と楽天証券を徹底比較!あなたはどっちで始めるべき?

 
LINE証券と楽天証券を徹底比較!あなたはどっちで始めるべき?
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

LINE証券と楽天証券はどっちがいいの?どっちがいいかを知りたいな!

タケ

今回はその2つの証券会社を比較したよ!

もう一人のタケ

LINE証券と楽天証券は一体どっちがいいのか?

今回はこの2つの証券会社を徹底的に比較してみました。

  • LINE証券に向いている人はどんな人?
  • 楽天証券に向いている人はどんな人?
  • 2つの証券会社の具体的な特徴

どの証券会社にすればいいのか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

LINE証券と楽天証券あなたはどっちが向いているのか?

LINE証券と楽天証券あなたはどっちが向いているのか?

LINE証券と楽天証券を比較しました。

LINE証券楽天証券
・簡単に始められる
・国内株に少額投資できる
・本格的な投資ができる
・NISA、つみたてNISA活用可能

LINE証券は国内株に少額投資したい人向けで、楽天証券は本格的に投資を買いしたい人向けの証券会社です。

では、ここからは具体的に2つの証券会社の特徴を見ていきます。

【LINE証券と楽天証券の始め方はこちら】

LINE証券は少額で国内株を始めたい初心者向けの投資だよ。

タケ

楽天証券はNISAやつみたてNISAが使えるから、本格的な投資に向いているね。

もう一人のタケ

LINE証券の特徴

LINE証券の特徴

では、まずLINE証券の特徴を見ていきます。

  • LINEアプリから起動するだけなので簡単
  • 国内株に少額で投資できる
  • LINEポイントで投資可能
  • 投資先が少ない分、選ぶ手間が省ける

という特徴があります。

LINEアプリから起動するだけだから簡単

LINE証券は普段使っているLINEアプリから起動するだけで使えるので、かなり簡単です。

【LINE証券の使い方】

  • LINEアプリを立ち上げる
  • ウォレットをタップ
  • 証券をタップ
  • LINE証券の口座開設もLINEアプリから

普段使っているLINEアプリから簡単にできるのが特徴で、普段使い慣れている分始めやすいです。

LINE証券は使いやすいのがメリット。LINEアプリを起動するだけ。

タケ

使い慣れている画面で操作できるので、初心者向けになっているよ。

もう一人のタケ

国内株に少額で投資できる

有名企業300社の株が1株単位で買えるのもLINE証券のメリットです。

日本の株は基本的に100株単位で買うことになり、数万円〜数十万円必要になることが多いですが、1株単位だと数百円から買うことができます。

【国内株に少額投資できるメリット】

  • 国内株に少額で投資できる
  • 配当金もゲット可能

国内株に少額でチャレンジしたい人はLINE証券向きだと言えます。

LINE証券は少額投資できるのが魅力。

タケ

少額で国内株の投資経験を積みたい人向けの投資になるよ。

もう一人のタケ

LINEポイントで投資可能

LINEポイントで投資することも可能なので、投資に現金をそこまで使いたくない人でも投資することができます。

他の証券会社でもポイントを使った投資はできるようになってきていますが、LINEポイントが余っているという方はLINE証券を活用するのも1つです。

  • LINEポイントの使い道がない
  • アプリで簡単に入金したい
  • LINE payからも入金可能

LINE証券はポイントとの互換性もあります。

LINEポイントで投資できるのも証券会社のメリットだよ。

タケ

現金で投資したくない人もポイントだと投資しやすいね。

もう一人のタケ

投資先が少ない分、選ぶ手間が省ける

LINE証券のデメリットとして、投資先が少ないことが挙げられます。

なので、投資を本格的にしたい人にとっては少し物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、初心者にとってはある程度投資対象が絞られているのが魅力的です。

【初心者と上級者】

  • 投資初心者:投資対象が広すぎると、どこに投資したらいいかわからなくなる
  • 投資上級者:投資対象がある程度広くないと、物足りなくなる

投資対象が狭いLINE証券ですが、投資対象が少ない分、選びやすさはあると言えます。

投資対象がそれほど多くないのがLINE証券の特徴だよ!

タケ

物足りなさを感じるかもしれないけど、選びやすさはある。とにかく初心者向けに設計されている証券会社。

もう一人のタケ

楽天証券の特徴

楽天証券の特徴は

  • NISA、つみたてNISA枠が使える
  • 投資対象が多い
  • 楽天スーパーポイントが投資できる

これらの点が挙げられます。

NISA、つみたてNISA枠が使える

NISA、つみたてNISA枠が使えるのが楽天証券のメリットです。

運用益非課税枠(年間40万円)が使えるので、税制的に有利。

【NISAとつみたてNISA】

  • 初心者はつみたてNISA向け
  • 運用益非課税だとお金的には得
  • NISA枠は上級者向け

NISAやつみたてNISAは楽天証券以外にも使える証券会社がたくさんありますが、楽天証券はその中でも使いやすいです。

その理由に関してはここから解説していきます。

運用益非課税枠が使えるのが楽天証券のメリット。LINE証券では現状使えない。

タケ

運用駅非課税枠が使えるとかなりいいよ。

もう一人のタケ

投資対象が多い

投資対象が多いのも、楽天証券のメリットです。

楽天証券ならほとんどの投資をすることができ、投資先に困るなんてことは相当な上級者でない限りないでしょう。

【楽天証券の投資先】

  • 国内株
  • 外国株
  • 投資信託(つみたてNISA、NISAあり)
  • iDeCo可能
  • ETF
  • プラチナ
  • FX

などなど

先進国などの株を買う場合は楽天証券以外の証券会社も必要になりますが、基本的にはほぼ全ての投資対象に投資できると言っても過言ではありません。

幅広い投資先に投資できるのが楽天証券。

タケ

今から投資を始める人の場合、楽天証券で「投資先がない」なんてことはまずないよ。

もう一人のタケ

楽天スーパーポイントが投資に使える

楽天証券の場合は楽天スーパーポイントが投資に使えるのが大きなメリットです。

【楽天スーパーポイントが使える投資】

  • 投資信託
  • 国内株式

楽天市場や楽天カードなど普段から楽天のサービスをたくさん使っている人は楽天証券だとお得に投資することができます。

LINEポイントより楽天ポイントの方がよく使うという方は楽天証券の方がお得です。

楽天もポイントが使いやすくて、投資をするにはお得。

タケ

楽天市場でネットショッピングをする人にとってはかなり使いやすいよ!

もう一人のタケ

LINE証券と楽天証券両方の口座開設も一応可能

LINE証券と楽天証券両方の口座開設も一応可能

LINE証券と楽天証券は無料で口座開設できるので、両方の口座を開設することもできます。

私の場合は

  • 楽天証券
  • LINE証券

両方の証券口座を開設しています。

基本的には楽天証券をメインに使っていますが、その使い方としては↓

【LINE証券と楽天証券の使い分け】

  • LINE証券:初心者が簡単に投資を始めたい場合に使う
  • 楽天証券:NISA枠を使いたい人や本格的な運用をしたい人向け

このように使い分けをすることができます。

無料で口座開設できますので、そこまで深く考える必要はありませんよ!

基本的な使い分けは上に書いた通りだよ。

タケ

証券口座は案外簡単に開設できる。銀行口座を開設するのと一緒。今はネットだけで完結するよ。

もう一人のタケ

まとめ:LINE証券と楽天証券あなたに向いているのはどっち?

LINE証券と楽天証券向いているのはどっちかをまとめました。

【LINE証券と楽天証券の使い分け】

  • LINE証券:初心者が簡単に投資を始めたい場合に使う
  • 楽天証券:NISA枠を使いたい人や本格的な運用をしたい人向け

自分に合った証券会社を見極めて、よりよい投資をしていきましょう!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。