元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

LINE証券は投資初心者におすすめではない?まず最初にやりたいことはこれだ!

 
LINE証券は投資初心者におすすめではない?まず最初にやりたいことはこれだ!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

LINE証券は投資初心者にオススメなのか?

タケ

LINE証券は投資初心者にオススメかオススメじゃないかをまとめたよ。

もう一人のタケ

LINE証券は投資初心者にオススメなのか?

簡単に始められて、少額で始められるので、初心者向けのように見えるLINE証券ですが、本当に初心者向けなのでしょうか?

今回はLINE証券に関して詳しく解説!

  • LINE証券より初心者向けの証券会社はあるのか?
  • 初心者は何を優先したらいいのか?

このあたりを解説していきます。

投資初心者の方向けの記事になっていますので、参考にしていただけると嬉しいです。

【LINE証券は以下から】

LINE証券よりも楽天証券かSBI証券がオススメ

LINE証券は初心者の方でも始めやすいのが特徴となっていますが、結論としては楽天証券とSBI証券がオススメです。

その理由としては

  • つみたてNISA枠が使える
  • 投資対象が幅広くある
  • 手数料やその他の費用などが総合的にいい

これらの点が楽天証券とSBI証券の強みで、ポイントとの互換性から楽天証券が最もオススメの証券会社です。

ただ、楽天証券とSBI証券はどちらもいい証券会社なので、どちらを選んでも大きな間違いはありません。

【楽天証券とSBI証券で口座開設する方法はこちら】

楽天証券でつみたてNISAを始める方法

SBI証券でつみたてNISAを始める方法

証券会社はこの2つが最もオススメ。

タケ

楽天証券の方がポイントが使いやすいので、楽天証券が安く投資しやすいよ。

もう一人のタケ

大事なのは運用成績

簡単かつ手軽に投資を始めることも重要ですが、最も大事なのは運用成績です。

簡単さよりも運用成績を求めるなら、運用益非課税枠を使うことは重要になってきます。

どの証券会社を使ってもそこまで難しくなく、今は簡単に投資できるので、運用益をしっかり出す投資をすることが大事です。

大事なのは運用実績であり、それが最も大事。

タケ

そこを考えて、楽天証券とSBI証券をオススメしているよ。

もう一人のタケ

LINE証券は初心者向けではないのか?

LINE証券は初心者が始め安い証券会社ではありますが、いくつかデメリットがあります。

そのデメリット面とメリット面を比較して、証券会社を決めてみてくださいね。

NISA枠がない

NISA枠がないのは初心者の方にとっては痛いです。

投資をする上で、いかに支出を減らしていくかがかなり大事になってきて、NISA枠が使えると運用益を非課税にすることができます。

ただ、LINE証券ではNISA枠を使うことができません。

  • NISA枠を使うことができないと運用益に課税される
  • 初心者の人はつみたてNISA枠を使っておきたい

初心者の方はつみたてNISAで淡々と積立投資をすることのが大きな選択肢になりますが、それができないのが痛いです。

NISA枠がないのがLINE証券の弱点になってるよ。

タケ

その弱点をしっかり把握することが大切。つみたてNISA枠をしっかり使いたい

もう一人のタケ

投資対象が限定的

投資対象が他の証券会社と比較して、少ないというのもデメリットです。

投資初心者の方にとっては投資対象が多すぎてもあまり意味がないですが、LINE証券の場合は少し少なすぎるかなという印象です。

  • NISA枠が使えない
  • 投資対象が限定的

このような点からLINE証券は初心者の方にとってオススメの証券会社ではないと言えます。

投資対象が限定的になるので、少し物足りない。

タケ

簡単で投資しやすいメリットはあるけど、NISA枠が使えないのが一番痛い。

もう一人のタケ

初心者が知っておきたい投資手法はこの2つ

初心者が知っておきたい投資手法はこの2つ

「投資初心者で何したらいいのかわからない」という状況の場合の投資手法は

  • つみたてNISA
  • ロボアドバイザー

これらが初心者向けの投資だと言えます。

つみたてNISA

つみたてNISAを使うと運用益非課税枠があるので、手数料や税金などの費用を一番少なくすることができます。

また、つみたてNSIAは毎月淡々と買っていく投資戦略になるので、初心者の方でも始めやすいです。

  • 運用益非課税枠があるので、税金面で優遇
  • 投資信託を長期的に積み立てる投資なので、負担が少ない

基本的にはつみたてNISAから初心者の方は入っていくのが有力な選択肢だと言えます。

【楽天証券とSBI証券で口座開設する方法はこちら】

楽天証券でつみたてNISAを始める方法

SBI証券でつみたてNISAを始める方法

つみたてNISAを活用するのが最も費用を抑えることができる。

タケ

運用益非課税枠があるのが一番いい。非課税枠をしっかり使っいこう!

もう一人のタケ

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーは費用面では少し大きくなってしまうんですが、最も簡単に運用することができます。

LINE証券よりも簡単に運用することができるのがメリットで、

  1. 入金するだけで、あとはロボットが自動で運用してくれる
  2. 投資家がやることは入金していくことだけ

自分でどの投資信託を選べばいいのかを選ばなくていいというメリットがあり、投資対象を選ぶ作業が軽減されます。

どこに投資したらいいのかわからない人や投資に時間をかけたくない人向けのサービスになっていて、シェアNo.1はウェルスナビです。

実際に私も運用していて、基本的には放置で運用しています。

シミュレーションを行うこともできますので、興味がある方は運用シミュレーションをやってみてください!

【ロボアドバイザー運用シミュレーションと詳細は以下から】

つみたてNISAより費用は掛かるけど、簡単にできるのがロボアドバイザー。

タケ

LINE証券よりも簡単にできる。投資先を選ぶ作業がなくなるのがメリットだよ。

もう一人のタケ

私がLINE証券で本格的な運用を行っていない理由

私がLINE証券で本格的な運用を行っていない理由

LINE証券は手軽さ・簡単さがメリットですが、簡単さで言いますとロボアドバイザーですし、費用面ではつみたてNISAを活用したいところです。

となれば、LINE証券での運用は自ずと少なくなってしまいます。

LINE証券で口座開設はしていますが、本格的な運用はしておらず、少額での実験的な運用に留めています。

  • NISA枠が使えない
  • 投資対象がそこまで幅広くない
  • 他の証券会社も簡単にできる
  • ロボアドバイザーもある

という理由から、LINE証券には少額でしか投資していないのが現状です。

LINE証券での運用は少額でしか行なっていないよ。

タケ

投資信託や株は楽天証券とSBI証券でやってるよ。

もう一人のタケ

まとめ:LINE証券は初心者のオススメではない!?初心者が知っておきたいこと

LINE証券はNISA枠が使えないことが最大の弱点です。

NISAやつみたてNISAが使えるようになったら話は別ですが、現状は優先して使う証券会社ではないのかなと思います。

  • 費用をとにかく抑えたい場合:つみたてNISA
  • 投資対象を選ぶ手間を省きたい場合:ロボアドバイザー

というのが初心者の方向けの選択肢です。

手間がないのも大事ですが、費用面などもしっかりと検討して、投資を行っていきましょう!

【楽天証券とSBI証券で口座開設する方法はこちら】

楽天証券でつみたてNISAを始める方法

SBI証券でつみたてNISAを始める方法

【ロボアドバイザー運用シミュレーションと詳細は以下から】

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.