元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

LINEスマート投資は暴落後がチャンス?陥ってはいけない罠を紹介!

 
LINEスマート投資は暴落後がチャンス?陥ってはいけない罠を紹介!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

LINEスマート投資は暴落後がチャンス!?

タケ

陥ってはいけない罠を紹介するよ!安易に投資すると痛い目にあうかも・・・

もう一人のタケ

今回はLINEスマート投資は暴落後がチャンスなのかについてまとめました。

「暴落した後は反発する」と考えて、投資する人も多いかもしれませんが、その時に考えておきたいのはどのタイミングでどの投資をするかです。

自分の性格や投資スタイルによって投資先は変わってきますが、具体的にどこに投資していけばいいのでしょうか?

  • LINEスマート投資は暴落後がチャンスなのか?
  • LINEスマート投資の罠とは何?
  • 他の投資との比較
  • あなたにとって向いている投資はどれ?私タケの運用も解説

このあたりを記事にまとめましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

LINEスマート投資は暴落後がチャンス!?

LINEスマート投資は暴落後がチャンス!?

LINEスマート投資は暴落後チャンスなのか?

結論を言いますと、「株価暴落後は株に関連する投資ならチャンスあり!」です。

ただ、暴落時はチャンスでもありますが、ピンチでもあるということ

  • 長期的には株価は上昇するのがこれまでの歴史
  • 短期的にはさらなる暴落がやってくる可能性がある

要するに、チャンスとピンチが両方ある状態です。

LINEスマート投資は暴落後がチャンスではある!

タケ

ただ、ピンチでもある。「一体どっちなんだ!?」という感じだけど、ここからじっくり解説するよ!

もう一人のタケ

暴落後は上昇してきた歴史(長期で見た場合)

暴落後は上昇してきたのが過去の歴史です。

長期で見た場合は

株価指数

こちらはアメリカのS&P500ですが、ずっと右肩上がりで推移しており、2008年のリーマンショックの後も株価は上昇しています。

つまり、暴落の後にチャンスが眠っているというわけです。

過去の歴史を見てみれば、必ず暴落後に上昇してきていますが、5年ほどの短期でみれば下落している時もあります。

  • 長期的に見れば株価は回復しているのが過去の歴史
  • 5年以内だと回復しきっていないケースもある

長期的なスパンで見れば、株価の上昇を取れるのが過去の歴史です。

長期的に右肩上がりになっているのがこれまでの歴史だよ!

タケ

過去の歴史を振り返るとプラスになっているのが暴落がチャンスと言える理由。

もう一人のタケ

LINEスマート投資のさらなる暴落が待っている可能性もあり?

ここからさらなる下落が待っている可能性もあるのが暴落相場の辛いところ。

長期的にはプラスに転換しているわけですが、下落はじりじりやってきていて、1年程度かけて下落しています。

また、2000年以降を見てみると数年間じりじりと下落していることもわかります。

  • 暴落と言っても数年間かけて落ちていくこともある
  • 2020年のコロナショックでは3月に一気に下落したが、その後ズルズルと下落していく可能性あり
  • 暴落に耐えられるようにしておきつつ、上昇を取っていきたい

さらなる暴落の可能性もあるので、投資しすぎないようにすることも大切です。

LINEスマート投資はさらに暴落していくかもしれない。

タケ

上昇と暴落のどちらの可能性もあるのが暴落後。10年スパンで見ればプラス運用の可能性が高いのが過去の歴史。

もう一人のタケ

LINEスマート投資は暴落後にチャンス地は言えない〜隠れた罠とは?〜

LINEスマート投資は暴落後にチャンス地は言えない〜隠れた罠とは?〜

LINEスマート投資はその投資自体に若干の罠があります。

隠れた罠とは一体何なのかをここからは解説します。

LINEスマート投資とウェルスナビの手数料計算

LINEスマート投資とウェルスナビの手数料を計算しました。

【LINEスマート投資に投資した時の手数料計算】

  • LINEスマート投資の手数料が「月額100円」か「年率1.0%」
  • 高い金額が適用され、10万円の場合は月額100円が適用される
  • 月額100円→年間1200円+消費税で手数料は年率約1.3%

【ウェルスナビに10万円投資した時に手数料計算】

  • ウェルスナビの手数料は年率1.0%
  • 10万円で運用した場合は年間1000円の手数料になる
  • 年間1000円+消費税で手数料は年率約1.1%

10万円投資の場合、LINEスマート投資とウェルスナビではウェルスナビの方が手数料は割安です。

LINEスマート投資は手数料が割高になってしまうのが大きな欠点。

タケ

他のロボアドバイザーは年率1.0%が手数料の相場になっているよ。

もう一人のタケ

LINEスマート投資は約12万円以上投資しないと手数料割高

LINEスマート投資は約12万円以上投資しないと自動運用の中では手数料割高になってしまいます。

少額投資になればなるほど手数料は割高で、仮に1万円を投資したとすると

【LINEスマート投資に1万円投資した場合】

  • 月額100円が手数料になる
  • 年間1200円なので、手数料は12%となる
  • かなり手数料が高い

LINEスマート投資は少額になればなるほど、手数料は割高になるので、少額投資には向いていません。

LINEスマート投資は少額投資に向いていない。少額投資できるけど、手数料が割高。

タケ

LINEスマート投資は12万円以上投資して、その他のロボアドバイザーと同様の手数料になる。

もう一人のタケ

LINEスマート投資のみならず暴落後はチャンスがある

LINEスマート投資のみならず暴落後はチャンスがある

暴落後の投資はLINEスマート投資にこだわる必要はありません。

他にもいろんな投資がありますので、手数料が安めの投資をしっかりやっていきましょう!

手数料が低く預かり資産1位のウェルスナビ

手数料が低く預かり資産1位なのがウェルスナビです。

LINEスマート投資と同様のロボアドバイザーで、私はロボアドバイザーの中心をウェルスナビにしています。

【ロボアドバイザーはウェルスナビを中心にしている理由】

  • 手数料が年率1.0%相場とそれほど変化がない
  • 預かり資産が1位で安定感がある
  • 投資先が明確になっている
  • 世界経済中心に投資できる

上はリーマンショック直前からウェルスナビを運用した際のシミュレーションですが、長期的には資産が増えていることがわかります。

LINEスマート投資よりも手数料が低い点も投資している要員です。

ロボアドバイザーは手数料と投資先が大事。その観点からウェルスナビを運用しているよ。

タケ

預かり資産1位という点もロボアドバイザー投資の中心にしているよ。

もう一人のタケ

SBIネオモバイル証券で少額ウェルスナビと少額国内株投資

SBIネオモバイル証券だと少額でウェルスナビを利用することができます。

「ウェルスナビforネオモバ」というサービスを提供していて、

【通常ウェルスナビとウェルスナビforネオモバ】

  • 通常ウェルスナビ:最低投資資金10万円
  • ウェルスナビforネオモバ:最低投資資金1万円

※ ただし、ウェルスナビforネオモバには運用に工夫の必要あり

SBIネオモバイル証券は少額で投資できるんですが、毎月もらえる期間固定Tポイントを使わないと手数料的に損です。

期間固定Tポイントは国内株投資にしか使えないので、

  • 期間固定ポイントを利用して、国内株を買う
  • 実質手数料負担が毎月20円となる

期間固定ポイントを使うことがウェルスナビforネオモバの手数料を割安にする絶対条件です。

期間固定Tポイントを使わないと手数料が高くなってしまう。

タケ

もらったポイントで国内株を買うことが手数料対策として必要だよ。

もう一人のタケ

株価指数CFDでハイリスク・ハイリターン

私が中心としているのはハイリスク・ハイリターン戦略です。

ロボアドバイザーよりも短期間で資産を増やすことができますが、リスクもおきくなります。

【ロボアドバイザーとハイリスク・ハイリターン投資】

  • 老後に向けてじっくりと資産を増やしたい:ロボアドバイザー
  • 10年ぐらいで資産を一気に増やしたい:ハイリスク・ハイリターン投資

株価指数CFDを使った戦略は以下の記事にまとめてますので、そちらを参考にしてみてください。

利回り10%を狙って早いスパンで資産形成していく方法だよ。

タケ

リスクはそれなりにあるので、その点は注意が必要だよ!

もう一人のタケ

LINEスマート投資運用中に暴落すると結構痛いです。

LINEスマート投資の運用中に投資すると

  • 他の投資より手数料が高めなので、ダメージが大きい
  • 下落幅自体も大きい

となって、かなり痛いです。

少額投資をしている人は特に手数料が痛くなってしまうので、投資額を12万円以上にするかやめてしまった方がいいでしょう。

LINEスマート投資は少額運用だと手数料が痛すぎるのが欠点。

タケ

LINEスマート投資運用中に暴落がきた場合、私だったら手数料が取られる前に他の投資に切り替えます。

もう一人のタケ

まとめ:LINEスマート投資は暴落後がチャンス!?

まとめ:LINEスマート投資は暴落後がチャンス!?

今回はLINEスマート投資は暴落後がチャンスなのかについてまとめました。

投資方法特徴
LINEスマート投資・少額投資だと手数料が高い
・暴落後はチャンスだが、手数料を考えると他の投資もあり
ウェルスナビ・手数料的にはウェルスナビの方が安い
・長期的な(老後に向けてなど)資産形成ができる
ハイリスク・ハイリターン投資・私タケの中心戦略
・10年スパンで資産を急拡大していくのが狙い

暴落後は上昇してきているのが過去の歴史です。

なので、暴落後から長期投資するのは1つの投資手法と言え、チャンスがあります。

短期的な勝負だとさらなる下落に巻き込まれる可能性があるので、暴落後は長期的に運用するのが私のスタイルです。

【参考記事】

【徹底解説】初心者向けロボアドバイザー運用の始め方スタートガイド!

株価指数CFDの長期保有戦略を公開!理由と根拠を解説!

 

元月収10万円でもできる

2020年利回り10%狙いの投資戦略

株価大暴落で、戦略を変更

利回り10%狙いの投資に切り替えました。

無料noteで公開中!

2020年暴落でも動じない利回り10%超えの投資戦術

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

【各投資の運用実績を公開しています】

利回り10%超えのハイリスク・ハイリターン投資「トラリピ」
トラリピの運用記録をブログで全公開!いい点とダメな点はどこ?

毎月分配で年利6%超えのほったらかし運用「クラウドバンク」

クラウドバンクをやってみた!感想と実績を包み隠さず公開!

毎月の価格調整額(配当)メインのハイリスク・ハイリターン投資「株価指数CFD」

株価指数CFDの始め方と運用実績

長期ほったらかしの自動運用「ウェルスナビ」

ウェルスナビをやってみた!運用実績を公開(最新情報更新)

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

 

【Twitter運用中】




Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.