元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

3000円投資生活に失敗するパターン!敵は自分のメンタルにあり!

 
3000円投資生活に失敗するパターン!敵は自分のメンタルにあり!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

3000円投資という素晴らしい手法を見つけたぜ!グハハハ。

タケ

いや待て!失敗するパターンもあるよ!もう一度自分に問いかけてみるのだ!

もう一人のタケ

3000円投資生活をあなたはご存知ですか?

文字通り3000円で投資を始めることで、本も話題になりました。

ただ、メリット・デメリットがあり、失敗するケースもあります。

  • 3000円投資のメリットは?
  • 3000円投資で失敗するパターンは?
  • 初心者が投資を始めていくための方法

これらの点をこの記事では解説していきます。

3000円投資生活は失敗する?

3000円投資生活ははじめての人のための3000円投資生活という本をきっかけに話題になった投資手法です。

この本は2016年に発売されたので、2019年現在この方法をやっていくにはつみたてNISAを活用するのがオススメですが、毎月3000円投資するという根本は変わりません。

で、問題は失敗するのかしないのか?

3000円投資に関して、私が思うことをまとめました。

【3000円投資の特徴】

  • 淡々と積み立て続けた場合、長期で見ればプラスの確率が高い
  • 5年以内の短期で見れば、マイナス局面がやってくる可能性が高い(金融危機の場合はマイナス50%も覚悟)
  • 失敗パターンはある(後ほど解説)

毎月3000円という額が大事なのではない

毎月3000円という額が大事なわけではありません。

毎月一定額を積み立てていく(一定額を投資していく)ことが大切です。

なので、毎月1万円とか10万円とかでも構いません。

  • 3000円という額ではなく、毎月一定額を積み立てることが重要
  • 1000円でも始められる

一定額を淡々と長期間投資していくのが3000円投資のやり方で、短期的に稼ぐのではなく、長期的な資産形成に適しています。

一定額とは言ってるけど、投資予算が増えてきたら、投資金額を増やしてもいい。

タケ

ただ、毎月積み立てする設定だけは変えない。30万資金が増えたとしても、毎月積み立てることが大切。一気にドカンと投資しない!

もう一人のタケ

5年〜10年でなぜリターンを得られるのか?

少なくても10年ほどこのような投資を続けていけば、ほとんどの確率でプラス運用できます。

その理由は世界経済が成長しているから。

基本的に長期投資はこの仕組みで成り立ちます。

こちらは投資信託ではなく、ロボアドバイザーウェルスナビで、リーマンショック前から運用した時のシミュレーションです。

基本的な長期運用がわかるグラフなので、今回は参考にしました。

で、このグラフを見ると短期的な上下動はあるものの、長期的にはプラスになっているのがわかります。

これは世界経済が成長しているからで、多少の金融危機があったとしても、世界経済はそれを乗り越られると考えられているんです。

長期積立運用は知っておきたい投資方法。

タケ

経済成長に投資するから、長い目で見ればプラスになる。世界経済は今後も成長予想になっているよ。

もう一人のタケ

3000円投資生活に失敗するパターンとは一体何なのか?

3000円投資生活自体はいい運用だと思っていますが、それでも失敗パターンはあります。

その原因の99%はメンタルです。

  • 短期的な下落で不安になって運用をやめる
  • 毎月コツコツ投資してきたものの、さらにリターンを大きくするべくギャンブル性の高い投資に手を出す

この2つが失敗の大きな要因になります。この2点について、詳しく解説していきます。

短期的な下落で不安になる

3000円投資にあるような「投資信託コツコツ投資」は長期で継続して初めて効果が大きくなる投資です。

ですが、短期的には損失も考えられます。

つみたてNISAで投資を始めたとして、運用直後に金融危機がやってきたら、しばらくはマイナス運用になる可能性が高いです。

そんな時は以下の図を思い出してください。

運用から数年はリーマンショックの影響で、マイナスの運用になっています。

一番損失が大きい時だと100万円の資産が半分ぐらいになっていて、これを実際に経験すると我慢できない人は多いです。

ただ、下落局面でやめてさえいなければ、2013年頃にはプラスに転じていて、それ以降はずっとプラス。

3000円投資は下落局面でやめるのではなく、10年スパンの長期で運用していく必要があります。

長期スパンであることをしっかり押さえておこう!

タケ

少額でもいいので、淡々と長期間積み立てていくことが大切。

もう一人のタケ

コツコツに飽きて、デカイ投資を始める

3000円投資では大きなリターンを出すことができません。

仮に3000円投資を10年したとしたら、投資元本は36万円になり、運用益と合わせると50万円前後になることが予想されます。

着々と資産を伸ばしていくイメージですが、それに飽きてしまって、「もう少し大きなリターンが得られる投資をしたい」と思ってしまうと・・・

  1. 3000円投資を始める
  2. コツコツお金は増えていくけど、毎年1万円も増えない
  3. デカイ投資をしっかり勉強せずにやってしまう

これが破滅への第一歩。

欲が出てこなければいいんですが、投資信託を毎月買っていく投資手法は簡単であるがゆえにつまらないのが大きなデメリットです。

自分はこんなパターンには陥らないと思っていても、1回ぐらい経験してしまうこの気持ち。

タケ

リターンが得られたからといって、調子に乗らないことが重要。

もう一人のタケ

この2パターンを避ければ問題なし

長期間一定額を投資していく手法自体は投資の基本「長期・積立・分散」に合っているので、オススメできる方法です。

敵は自分のメンタル。

  • 下落した時にやめる
  • リスクの高い他の投資に手を出す

といったことをしなければ、有効な投資です。失敗パターンを避けて、上手に運用していきましょう!

毎月一定額投資信託を積み立てていくのはつみたてNISAでやる。

タケ

国が選んだものだけが選定対象だから、選ぶ手間も若干省ける。

もう一人のタケ

投資初心者はどのように投資経験を積んでいったらいいのか?

3000円投資は投資のきっかけとしてはかなりいい方法だと私も思いますが、長期でやる手法です。

それを踏まえた上で、初心者が投資を始めるパターンは以下のようなやり方が挙げられます。

【投資初心者が少額で投資を始めるパターン】

大事なのは1000円でも2000円でも3000円でもいいので、少額で投資経験を積むということです。

今は1円で始められる投資もあります。

少額投資をきっかけに様々な投資を知って、将来の資産形成に役立てていきましょう!

【さらに詳細を知りたい方は以下の記事】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

コツコツ貯金から、コツコツ投資の時代に変わりつつあるかも?

タケ

将来の不安がある以上、お金の知識はあるに越したことがないよ!まずは少額で経験を積んでみよう。

もう一人のタケ

まとめ:3000円投資生活の失敗パターンを回避しよう!

3000円投資生活の失敗パターンを回避して、少しでも人生の役に立つ運用をしていきましょう。

いろんな運用があり、このブログでもいろんな運用を取り上げていますが、3000円投資は投資のいいきっかけになります。

【投資初心者が少額で投資を始めるパターン】

今は少額でも投資を始められますので、興味がある方は活用してみてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.