元月収10万フリーターが300万以上運用

元月収10万円フリーターの投資実績全公開(月末更新)

ひふみ投信で損した人が最初に知っておきたかった投資の知識!

 
ひふみ投信で損した人が最初に知っておきたかった投資の知識!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

ひふみ投信で最初に知っておきたかった知識を今回は紹介するよ!

タケ

損したとしても勉強し直すチャンスだと捉えよう!何が甘かったのかを知れば、悪い経験もいい経験になる!

もう一人のタケ

今回はひふみ投信で損した人が最初に知っておきたかった知識についてです。

ひふみ投信は絶好調の時期がありましたが、2018年は一転して不調の年となりました。

2019年は持ち直してきましたが、損をしてしまったという人もいるはずです。

そこで、今回は

  • ひふみ投信で損をする前に知っておきたかった知識
  • 投資初心者の方は何からやれば良かったのか?

という点をまとめました。

ひふみ投信で損した人が最初に知って置きたかった投資の知識

ひふみ投信で損した人が最初に知っておきたかった知識をここでは紹介します。

投資で損をするもの1つの経験です。

生活ができなくなるほどの大損さえしなければ、失敗もいい経験になりますので、ぜひ嫌な思い出をいい経験に変えていきましょう!

アクティブファンドの運用実績は悪い

ひふみ投信はアクティブファンドですが、インデックスファンドの方が運用実績はいいです。

アクティブファンドはファンドマネージャーが運用することになりますが、手数料が若干高め。

その手数料が大きな痛手になってしまうんです。

【手数料比較】

  • インデックスファンド:安いもので0.1%台
  • ひふみ投信:0.98%

手数料だけで0.8%も差がついてしまい、この差を埋めるのはかなり大変。

インデックスファンドとアクティブファンドを比較した時に、相当不利になるという点は重要ポイントです。

ひふみ投信はアクティブファンドなので、インデックスに勝てる可能性はあまり高くない。

タケ

投資信託なら、インデックスファンドに投資するのが基本。

もう一人のタケ

短期的な利益を追ってはいけない

ひふみ投信は一時期かなりいい運用実績を出していました。

そのような好調ぶりから投資した人も多いかと思います。

しかし、投資は1年〜2年の短期的な利益を追っていてはいけません。

【短期的な利益を追ってはいけない理由】

  • 経済には必ずサイクルがある
  • ずっとプラス運用を続ける投資などない
  • マイナスとプラスを繰り返しながら、総合的にプラスにするのが投資

プラスもあればマイナスもあるのが投資なので、直近1年のプラスがすごいからという理由で安易に投資しないようにしましょう!

1年だけすごい運用益を出す投資も中にはある。

タケ

だけど、それはずっと続くものではない。絶対にマイナスが来ることを心得よう。

もう一人のタケ

売買を繰り返す投資は初心者向きではない

長期的に保有する方針で、ひふみ投信を運用していた場合はまだいいんですが、マイナスになって損切りしてしまった人もいるかと思います。

それは短期的な運用になりますよね?

そのような売買を伴う短期的な運用は初心者には向いていません。

初心者向けの投資は

【初心者向けの投資】

  • 売買を伴わずに運用するだけでいいもの
  • 売買の必要はあるものの、長期運用できるもの

ひふみ投信で長期運用すると決めている場合はいいんですが、そうじゃない場合はとても難易度が高い投資になります。

売買は投資の中でもかなり難しいことだよ!

タケ

売るタイミングは結構難しい。そして、そこを外してしまうと損をしてしまうよ!

もう一人のタケ

ひふみ投信で損をした人が知っておきたい投資

ひふみ投信で損をしてしまった人の多くは「直近の運用実績のよさ」に気を取られてしまった可能性が高いです。

2017年は絶好調だったので、かなりの運用益となり、その報告がSNSやネット上に溢れました。

その報告から運用を始めてしまった人は反省して、また1から勉強し直すことが大切です。

まずは少額ほったらかし投資から

投資の第一歩は少額ほったらかし投資から始めると負担が少なくて済みます。

売却できないような投資を運用すれば、心理的負担も少なくなるでしょう。

  1. 売却できない
  2. 運用中は何も操作できない
  3. 投資に関して考える必要がない
  4. 楽に運用できる

このような初心者向けの投資も存在し、その代表的なものが

【少額ほったらかし可能な投資】

これらの投資は運用期間が終了するまで放置できる投資なので、運用が楽です。

1万円以下で運用できるので、最初の投資としてハードルも低め。

リスクもありますが、1万円の運用なので損をするとしても最大で1万円。

クラウドバンクに関しては2019年段階では元本保証率100%となっています。

これらの投資に関しては運用実績記事や詳細解説記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事が少し多いけど、興味がある人は読んでみてね!

タケ

運用実績は2019年の5月以降毎月出してるよ!両者の比較記事もあり!

もう一人のタケ

投資信託はインデックスファンドから(つみたてNISA)

少額ほったらかし投資に慣れてきて、だんだん投資の感覚を掴んできたら、投資信託も視野に入るかと思いますが、その時はインデックスファンドから始めましょう。

基本的にアクティブファンドよりインデックスファンドなのは先ほど解説した通りです。

【投資信託を始める時は】

  • つみたてNISA口座で投資信託(運用益非課税枠あり)
  • インデックスファンドを選ぶ

これがオススメですが、大事なのは損が出てすぐに解約しないこと。

つみたてNISAは長期で運用するスタイルなので、5年〜10年ほど程度は運用するようにしましょう!

【つみたてNISAの詳しい始め方は以下から】

楽天証券でつみたてNISAを始める方法

ほったらかし投資に慣れてきたら、つみたてNISAで投資信託。

タケ

アクティブファンドよりインデックスファンド。手数料(信託報酬)にはかなり気をつけてね。

もう一人のタケ

「儲かった!」という報告こそ注意が必要

大きな運用益を出した記事を見てしまうと、どうしても大きく運用益を出したくなってしまします。

ですが、そんな甘いものではありません。

  • 驚異の運用益
  • めちゃくちゃ儲かった!
  • 100万円が〇〇○

などといった表現に出会ったら、厳重に警戒しましょう。

その報告自体は嘘ではないと思いますが、プラスとマイナスが巡り巡っているのが投資です。

プラスの次はマイナスになるかもしれないと常に感じておいてくださいね!

儲かったという報告こそ注意が必要になってくるよ。気をつけて!

タケ

運用益がかなり出ている報告を見かけたり、実際に自分が運用益をかなり出した時は警戒することも大事。そこを意識するだけでだいぶ変わるよ!

もう一人のタケ

まとめ:ひふみ投信で損した人が最初に知っておきたかった投資の知識

今回はひふみ投信で損した人が最初に知っておきたかった投資の知識を紹介しました。

損をしてしまって落ち込んでいる人もいるかもしれませんが、それで人生が狂ったわけじゃないのであれば、また勉強すればいいだけです!

この記事で書いた点に気をつけて、また1からやり直しましょう!

初心者向けの少額ほったらかし投資は

【少額ほったらかし可能な投資】

1から知識を積み上げて有意義な投資をしていきましょう!

【参考記事】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

クラウドバンクとfundsどっちがいい?少額投資2つを比較・検証!

 

★元月収10万円フリーターが在宅収入情報発信★

月収10万円から在宅収入生活!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

苦しい人生を脱出し、一緒に人生逆転しませんか?

友だち追加

LINEで在宅収入情報発信中!質問・メッセージも可能です!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

 

【Twitterもあります】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.