元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

fundsの利回りは高い?初心者が始めやすい3つの理由

 
fundsの利回りは高いか低いか
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

fundsの利回りは高い?低い?

2019年に投資運用を開始したばかりの新しい投資ですが、その利回りは他と比較して、高いのでしょうか?

  • fundsの利回り
  • 初心者が始めやすい理由
  • fundって、一体どんな投資?

このあたりに焦点を当てて、fundsについて解説していきます。

fundsの利回りは一体いくら?

タケ

2019年に投資募集が開始されたfundsを解説していくよ!

もう一人のタケ

fundsの利回りは高いわけではない

fundsの利回りはソーシャルレンディング業者と比べると高いとは言えません。

公式HPでは年利回り1.5%〜6%となっていて、利回りは同様の投資と比べて低い方と言っていいでしょう。

ただ、「利回りが高い=リスクも高い」と考えるのが自然で、利回りが高いデメリット面も知っておく必要があります。

fundsに関して言いますと、利回りが高いわけではありませんが、他にはない長所も。

それは一体どのような点なのでしょうか?

fundsの利回りは同様の投資と比較して、高いわけではない。

タケ

投資全般で見れば、それなりの利回り。でも、利回りだけで判断するのはやめよう!

もう一人のタケ

fundsの利回りは低いけど、初心者が始めやすいワケ

fundsの利回りは低いですが、投資初心者にとっては始めやすい投資でもあります。

  • 運用期間が決まっている
  • 利回りが決まっている
  • 1円という少額で始められる

この3点が大きいです。

これらの点について、解説していきます。

運用期間が決まっている

fundsの運用期間はあらかじめ決まっていて、投資前に確認することができます。

この画像のような感じで、投資案件を確認することができ、投資する前にチェックしておくことができます。

また、fundsへの口座開設を終わらせておけば、メールで新規案件のお知らせも届きます。

そのメールで運用期間がわかるので、運用の計画を立てやすいです。

投資は売却を自分で決めたりするものも多く、運用期間が決まってないものも多いですが、fundsは運用期間が決まっているのが強みです。

運用期間は明記されている。

タケ

終わりの期間がわかっているのは強み!

もう一人のタケ

利回りが決まっている

運用期間と同様、利回りもfundsでは決まっています。

株式投資などで損をしてしまう人が多いのは「利益を大きくできず、損切りができないから」

利益が出た瞬間に利益確定してしまい、損をしたのに損切りできない。それをズルズル引きずっていった結果、損が大きくなるのがありがちなパターンです。

ですが、fundsの場合は利回りが決まっているので、売買時期を考えたりする必要がありません。

投資の知識がそれほどない人にとっては大きなメリットです。

投資で損をするのは売買タイミングを逃してしまうから。

タケ

「損切りできない」は損の大きな原因。fundsでは損切りなどはない。

もう一人のタケ

1円〜という少額で始められる

fundsの最低投資金額はなんと1円から。

ソーシャルレンディングは基本的に一万円から投資できるので、もともと少額ですが、fundsはそれ以上に少額です。

元本が少ないとリターンが少なくなってしまいますが、少額で勉強がてら投資したいという場合に、fundsは活用しやすいと言えます。

1回投資すると感覚が変わる。

タケ

1円で投資できるので、投資のきっかけとして、活用するのもアリ!

もう一人のタケ

fundsと他のソーシャルレンディング業者利回り・特徴比較

fundsはソーシャルレンディングとは厳密には違いますが、投資する側がやることは一緒です。

なので、fundsと他のソーシャルレンディング業者を比較していきます。主なソーシャルレンディング業者は

  • OwnersBook
  • クラウドバンク
  • クラウドクレジット

などのソーシャルレンディング業者がありますが、fundsの特徴として挙げられるのは少額投資。

ソーシャルレンディングは1万円から投資できて、それも少額ですが、それよりさらに少額で投資できるのがfundsです。

ソーシャルレンディング業者比較

fundsは2019年1月に投資案件の募集が始まったばかりの新しい投資です。

なので、運用実績がまだないんですが、OwnersBookとクラウドバンクには運用実績があり、いずれもデフォルトがありません。

これらのソーシャルレンディング業者について、表で比較しました。

ソーシャルレンディング業者特徴
OwnersBook・不動産担保付
・上場企業が運営
・利回り4~6%
funds・1円から運用できる(最も少額)
・2019年1月から投資募集開始
・利回り1.5%~6%
クラウドクレジット・海外に投資する(新興国多め)
・利回りが高い(10%以上もあり)
クラウドバンク・平均利回り6%台後半
・2019年4月現在デフォルト0%
maneo・貸し倒れ・訴訟発生
・業界最大手だが、現在は危険

このように様々な業者があります。

表の中のリンク先には参考記事も用意してますので、そちらの記事も参考にしてみてください。

利回りで見るとクラウドクレジットが高い。

タケ

安定感ではOwnersBook・クラウドバンク。fundsはやはり少額でできるメリット大!

もう一人のタケ

利回りの高い低いでソーシャルレンディングの投資先を決めない!

ソーシャルレンディングに投資する際に、少しでも利回りがいいものに投資したい気持ちが出てきますが、利回りで投資先を決めるのは危険です。

その理由は

  • ソーシャルレンディング最大のリスクデフォルトを避けるのが優先
  • 業者の安定感・安心感が何より重要

この2点で、業者によっては貸し倒れが相次いでいたりします。

このブログでも、デフォルトが多い業者は随時追記していく予定ですが、今のところmaneoのデフォルトが気になります。

maneoは利回りがいいものも多数ありますが、延滞やデフォルトが多いのが2019年の状況です。

利回りだけで、業者の運用実績・安定感を見ていかないと思わぬリスクをを取ってしまうことがあります。

利回りだけで、投資先を選ばないようにしましょう!

利回りが高いという理由で投資先を選ぶのは正直危険。

タケ

利回りが高いのは良さげだけど、大事なのは安定感。デフォルトのリスクを小さくしていくことが大切。

もう一人のタケ

まとめ:fundsの利回りは高い?低い?初心者が始めやすい3つの理由

fundsの利回りは高いのか?低いのか?

その結論は

  • 同様の投資を行う業者の中では低い
  • 投資全般を見るとFXや株式投資に次いで高い(結構高め)

この位置付けです。

fundsのサイトにあるリスク度の図ですが、預金や国債よりもリターンが大きいことが伺えます。

fundsを含めたソーシャルレンディングに関しては別の参考記事も用意していますので、そちらも参考にしてみてください!

【fundsを公式サイトで見る】

【ソーシャルレンディング関連記事】

ソーシャルレンディングってどう?フリーターでもできた運用の始め方

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.