元月収10万フリーターが300万以上運用

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略(無料note)

Funds運用をブログで公開!意外と投資できない欠点発覚!

 
Funds運用をブログで公開!意外と投資できない欠点発覚!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

fundsの運用をブログで公開中!でも、運用金額が少ない。それには理由があるよ。

タケ

なんで運用金額が少ないの?その理由を教えて欲しい!

もう一人のタケ

少額で投資できるfunds。

たった1円から投資できることで注目されているfundsですが、今回はそのfundsの運用をブログで公開します。

  • fundsを運用すると運用益は出る?
  • fundsにあまり投資できてない理由
  • 他の業者と比較した時のfundsの立ち位置

このあたりを解説しましたので、参考にしていただけると嬉ししいです。

fundsは一体どのような投資なのでしょうか?

fundsの運用はブログで全公開!それほど投資できない理由は?

fundsの運用は毎月ブログで更新しています。

2019年にの運用して、運用額は合計で1万500円

2020年1月の段階で、1万747円と少しずつ運用益が出てきています。

funds(ファンズ)

ただ、fundsに実際投資して見た結果思ったことは「思ったよりも投資できないこと」

一件に対する運用額を増やすこともできるんですが、正直投資しようと思ってもなかなか投資できてない現状があります。

【毎月月末更新のfunds運用実績はこちら】

fundsは少額で投資できるのがメリット。安くで投資が始められるのがかなりいい。

タケ

し投資のスタートとしては始めやすいけど、実際に投資をやってみてわかったこともあるよ。

もう一人のタケ

投資案件の人気がすごくて投資できない

fundsに投資するのはかなり難しいのが現状です。

実際にfundsに投資するためには口座開設をした後に

  • 投資案件の申し込み
  • 投資金額の決定

をしないといけないんですが、投資案件に人気が集まりすぎていて、なかなか投資できないのが現状です。

言ってしまえば「人気アーティストのコンサートチケットを取るようなもの」

先着順であっという間に売り切れてしまうような形を想像していただければいいんですが、fundsの投資案件もあっという間に募集終了となってしまいます。

投資案件の募集時間にスタンバイして投資しないと投資することは難しく、実際にそのようなスケジュールで準備できることはそれほどありません。

人気アーティストのコンサートチケットは取るのが難しいよね?それと一緒でfundsに投資するのは結構難しい。

タケ

具体的にfundsに投資するにはどうしたらいいんだろう?

もう一人のタケ

投資するためにはスタンバイか抽選制の当選

投資するためには

  • 受付開始時間にスタンバイする
  • 抽選制で当選する

このどちらかが必要になります。

受付時間にスタンバイすることができれば、かなりの確率で投資することができると思いますが、スケジュール次第。

抽選制は抽選に申し込むこと自体はそれほど難しくありませんが、落選することも多いです。

実際にfundsに投資してみようと思って、投資できなかった経験は少なくありません。

投資するためにはスタンバイか抽選制の当選。意外とこのハードルが高いよ。

タケ

受付スケジュールは事前にメールでわかる。でも、仕事の都合とかで投資できるかわからない。自分はそれほど投資できてないです・・・

もう一人のタケ

fundsの運用実績とソーシャルレンディング業者の投資をブログで比較しています。

fundsの運用実績とソーシャルレンディング業者の投資をブログで比較しています。

fundsに投資しにくいとなれば、他の業者と比較する必要が出てきます。

代わりに投資できるところを見つけないといけないわけですが、私が投資した経験があって、実際に償還された経験がある業者は

  • クラウドバンク
  • クラウドクレジット

この2つです。

OwnersBookなどの業者にも投資していますが、まだ償還実績はないので、今回は書きませんでした。

では、過去に実際に償還されたクラウドバンクとクラウドクレジットをfundsと比較していきます。

クラウドバンクとの比較

クラウドバンクの2019年の年間運用実績は以下の通りです。

クラウドバンク

クラウドバンクでは毎月分配金の受け取りができています。

運用成績を見てみると1月に10万円投資していますが、合計の収益は5120円。

税引き後の利回りでも5%を超えていて、税引き前の利回りもかなりいい数字になっています。

クラウドバンクの特徴は

  • 過去の運用実績がいい
  • 利回りは6.0~7.0%台の案件が多い(税引き前)
  • 投資案件の数がそこそこある

投資案件の数が多すぎず少なすぎずぐらいあるので、実際に投資しやすいのが特徴です。

fundsの案件の利回りはだいたい2~3%台のものが多く、利回り的にもクラウドバンクが上回っています。

クラウドバンクはfundsよりも運用をしっかりしているよ!投資できないことがそれほどないから投資しやすい。

タケ

過去の運用実績と利回りから判断して投資してます。運用実績は上のリンク先の記事で毎月更新。この記事では更新しないから、リンク先を見て見てね!

もう一人のタケ

クラウドクレジットとの比較

クラウドクレジットは新興国への投資が持ち味で、リターン10%超えの案件もあります。

ただ、新興国への投資になるので、リスクもやや高め。

2019年の年間運用実績は

クラウドクレジット

2018年11月に投資した案件が2020年の1月に償還されました。

1年2ヶ月ほどの運用になりましたが、10万円の投資金額が税引き後でも10万7466円と利回り7%超えです。

ただ、先ほども書きましたように、リスクはそれなりにある投資。

クラウドクレジット

こちらはクラウドクレジット全体の損益分布図(2019年8月)ですが、元本割れを起こしている投資家もいます。

クラウドバンク でもそうですが、1つの案件に集中投資せずに分散投資することが重要で、分散投資をすることが重要。

分散投資をすることで1つの案件に対する損失額を減らすことができます。

1つの案件に対する元本割れを減らしていくことがリスクマネージメントにつながるよ。

タケ

クラウドクレジットは新興国対象の投資だから、それなりのリスクとリターンがある!

もう一人のタケ

fundsとクラウドバンクとクラウドクレジットを比較まとめ

ここまで私が実際に投資をしたことがある3つの業者を比較してきましたが、これらの投資の特徴を簡単にまとめると・・・

【ソーシャルレンディング運用比較】

  • 【少額投資】funds:1円で投資できるのが長所。投資案件がそれほど多くなく、激戦になってしまうのが短所
  • クラウドバンク:過去の運用実績がよく、投資案件もそこそこ。利回りも高めなので、ソーシャルレンディング運用の中心
  • クラウドクレジット:リターンは10%超えの案件もあり。新興国投資なので、リスクもある

少額で投資する場合はfundsが第一候補になりますが、早く投資したい場合はクラウドバンクかクラウドクレジットを選んだ方が早く投資できます。

新興国に投資するのが怖いという方はクラウドクレジットは避けるというのが基本です。

自分に合っているのはどれかを判断して、よりよい投資を実現していただければと思います。

自分に合っているものを選ぶことが大事。人それぞれ正解が違う。リターンがいい投資がしたい人もいれば、安定感がある投資をしたい人もいる。

タケ

答えを知っているのは自分だけ。投資をするなら、自分に合った投資をしていこう!

もう一人のタケ

まとめ:fundsの運用をブログで公開!意外と投資できないのは人気が理由

まとめ:fundsの運用をブログで公開!意外と投資できないのは人気が理由

fundsの運用を今回はブログで公開しました。

1万500円の運用額がわずかながら増えてきているのが現状ですが、それほど多くを投資できていません。

投資機会を見てはいますが、人気がある案件が多いため、なかなか投資できてないのが現状です。

なので、他の業者を中心に投資しています。

【業者比較】

  • 【少額投資】funds:1円で投資できるのが長所。投資案件がそれほど多くなく、激戦になってしまうのが短所
  • クラウドバンク:過去の運用実績がよく、投資案件もそこそこ。利回りも高めなので、ソーシャルレンディング運用の中心
  • クラウドクレジット:リターンは10%超えの案件もあり。新興国投資なので、リスクもある

ソーシャルレンディング系はの投資はこの3つが中心で、他の業者は償還がまだというのが現状です。

大事なのは自分にとってどの投資がいいのかを判断することなので、自分に合ってそうな投資を選びましょう!

口座開設はどれも無料ででき、funds以外の投資の最低投資金額は1万円〜となっています。

 

★元月収10万円フリーターが在宅収入情報発信★

月収10万円から在宅収入生活!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

苦しい人生を脱出し、一緒に人生逆転しませんか?

登録者特典あり!

友だち追加

LINEで在宅収入情報発信中!質問・メッセージも可能です!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

元月収10万円でもできる

2020年利回り10%狙いの投資戦略

株価大暴落で、戦略を変更

利回り10%狙いの投資に切り替えました。

無料noteで公開中!

2020年暴落でも動じない利回り10%超えの投資戦術

 

【各投資の運用実績を公開しています】

利回り10%超えのハイリスク・ハイリターン投資「トラリピ」
トラリピの運用記録をブログで全公開!いい点とダメな点はどこ?

毎月分配で年利6%超えのほったらかし運用「クラウドバンク」

クラウドバンクをやってみた!感想と実績を包み隠さず公開!

毎月の価格調整額(配当)メインのハイリスク・ハイリターン投資「株価指数CFD」

株価指数CFDの始め方と運用実績

長期ほったらかしの自動運用「ウェルスナビ」

ウェルスナビをやってみた!運用実績を公開(最新情報更新)

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

 

【Twitter運用中】




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.