元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

fundsのメリットとデメリット!絶対に知らなきゃいけない知識は?

 
fundsのメリットとデメリット!絶対に知らなきゃいけない知識は?
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

fundsっていう投資を見つけたんだけど、一体どんな投資なの?

タケ

fundsのメリット・デメリットを紹介するね!。

もう一人のタケ

2019年から運用が開始された貸付投資funds。

今回はfundsのメリット・デメリットをまとめました。

  • fundsは一体どんな投資なの?
  • どんなリスクがあるの?
  • メリット・デメリットは一体何?

このあたりをわかりやすく解説していきます。

fundsのメリットとデメリットは一体なんなのでしょうか?

タケ

fundsについて詳細に解説していくよ!

もう一人のタケ

fundsの運用実績〜超少額で運用しています〜

fundsには超少額で投資しています。

2020年1月現在、fundsに投資している金額は1万500円で、今はリスク高めの運用に力を入れてますが、投資経験がそれほどない方や初心者の方には始めやすい投資です。

funds

まだ投資を始めて1年経ってませんが、少し増えています。

投資金額を増やせば、運用益をさらに上積みでき、銀行の貯金よりも少し増えればいいかな程度で運用中。

リターンが高い投資はリスクも高いということなので、マイナスの危険性も大きいです。

fundsの運用実績は安定してるので、今後の投資資金は増やしていく予定です。

30代前半のうちはリスクの高い投資もガンガンやっていく予定だけど、30代中盤あたりからはリスクをやや落としていく予定。

タケ

fundsは投資初心者向け。利回りは大きくないけど、銀行の貯金よりはいいという考えで運用しているよ。

もう一人のタケ

fundsは一体どんな投資?

fundsはお金を貸したい投資家とお金を借りたい企業をつなぐオンラインマーケットです。

投資版のZOZOTOWNのようなイメージで、銀行を通さず資金の貸し借りを行えるようになります。

  • 投資家はお金を貸出先を簡単に見つけられる
  • 企業は資金調達をしやすくなる

というメリットがあり、投資家は貸し付けたお金の利息分が運用益になります。

投資家がやること自体はそれほど多くなく「口座開設」→「審査」→「投資先を選ぶ」→「金額を決める」だけで投資可能です。

慣れればログインから1分で投資できるような簡単なシステムになっています。

投資家の手間はほとんど省かれている投資。

タケ

貸し付けたお金の利息分が運用益になる。相場を見なくていい投資だよ。

もう一人のタケ

貸付投資fundsのメリット

fundsのメリットは

  • 1円から投資できる手軽さ
  • 運用期間・利回りが決まっている
  • リスクを一元化しない新しい投資

この点が挙げられます。

1円から投資できる手軽さ

fundsの最低投資金額は1円という安さ。

他の投資は1万円や数万円、数十万円でするものが多いですが、fundsは1円から投資することができます。

投資のハードルが少し高い人にとっても安く投資できるのが大きなメリット。

  • 最初は気軽に安く投資を始めたい
  • 投資の勉強はしたいけど、最初はそんなにお金を出すのが怖い

という方にとっては始めやすい投資です。

100円で運用を始めれば、利回りの計算も簡単ですし、お金の負担的にもそれほど痛くありません。

一度利回りを得る体験をするだけでも、だいぶ投資へのイメージは変わってきます。

初期費用が低いのは投資の第一歩としても、かなり使い勝手がいいです。

初期費用の安さはかなり魅力。

タケ

本格的な投資をするでもいいし、勉強用として使うのもあり。

もう一人のタケ

運用期間・利回りが決まっている

運用期間と利回りが決まっているのも大きな特徴です。

他の多くの投資は運用期間や利回りがすでに決まっています。

  • 株式投資:運用期間や損得は自分の売りタイミングで決める
  • ロボアドバイザー:利回りは決まっていない。運用期間は自分で決定(いつ解約するかを決める・お金を引き出すタイミングを決める)
  • つみたてNISA:運用期間は自分で決める。利回りは決まっていない

このようにだいたいの投資は利回りと運用期間が決まっていません。

ですが、fundsでは利回りと運用期間の両方が決まっています。

このように最初に条件が明示されますし、口座登録するとメールでも事前にどのような案件の募集が始まるか配信されます。

事前に利回りと運用期間が決まっているので、計画が立てやすいです。

事前の計画が決まっているので、計画が立てやすい。

タケ

利回りや運用期間を自分で決めたくない・自分で決めるのが難しい人にとってはメリット。

もう一人のタケ

リスクを一元化しない新しい投資

投資の仕組みとして、ソーシャルレンディングに近いものがありますが、少し仕組みが違います。

投資家がやる作業は全くと言っていいほど同じなんですが、fundsの場合、投資家がファンド組成企業(funds)と契約します。

そして、funds組成企業が借り手と別に契約をします。

投資家⇄ファンド組成企業⇄借り手

fundsは貸付の募集だけを行いファンドの組成は行いません。投資の募集と実際に運用している場所を分けることで、リスクを分散しています。

また、借り手はファンド組成企業の関連会社に限られているので、借り手の情報がソーシャルレンディングよりわかりやすいです。

ソーシャルレンディングでは融資先が不透明なので、透明性はfundsの方があります。

ソーシャルレンディングとは少し仕組みが違う。

タケ

ただ、実際に投資してみて、投資家がやる作業はソーシャルレンディングとほとんど変わらない。ソーシャルレンディングと同じ位置付けにしている人もいるね!

もう一人のタケ

貸付投資fundsのデメリット

貸付投資fundsのデメリットとしては

  • 貸し倒れリスクがある
  • ソーシャルレンディング業者と比較して、利回りがやや低い

というデメリットが挙げられます。

fundsのデメリット面について、ここからは解説していきます。

貸し倒れリスクがある

fundsには貸し倒れリスクがあります。

貸し倒れリスクとはどういうものかと言いますと、投資した先がその投資金額を返済できずに、投資元本割れを起こすことです。

「10万円投資したのに、10万円返ってこないリスクがある」

と思って頂ければ大丈夫です。

fundsの運用は2019年からなので、まだ運用実績が出ていませんが、貸し倒れは確率としては決して高くありません。

  • クラウドバンク
  • OwnersBook

といった業者は貸し倒れが起こっておらず、確率的にはかなり低いですが、それでも貸し倒れが起こる可能性はあります。

貸し倒れリスクは常に想定しておく必要があります。

貸し倒れリスクを想定しながら投資しよう。

タケ

最初にリスクを知っておくと、そのリスクを最小限に抑えるいい投資ができるようになる。リスクを知って、初めて投資が始まる。

もう一人のタケ

利回りが低い

ソーシャルレンディング業者と比較して、利回りが低いのもデメリットです。

【利回り比較】

  • funds:利回り1.5%〜6%
  • ソーシャルレンディング:6%以上も多い

実際にfundsで公開されている案件を見てみると4%台〜5%台のファンドが主流ですが、ソーシャルレンディング業者の案件は6%台のものが多めです。

利回りを重視する人にとってはfundsがあまり魅力的な投資じゃないと言えるでしょう。

fundsの魅力は利回りではない。

タケ

利回りを重視する場合は他の投資に切り替えよう!

もう一人のタケ

途中解約できない

一度投資してしまったものは投資期間が終了するまで、解約することができません。

  1. 10万円投資した。
  2. お金がなくなった!投資した10万円が欲しい!
  3. 運用期間が終了してないとお金は帰ってこない

お金がなくなってしまった時に困るのが欠点です。

運用期間中はお金が返ってくることがありませんので、その点は十分加味して投資しましょう!

fundsは途中解約できない!

タケ

運用は計画的に行っていこう。

もう一人のタケ

fundsは投資初心者向け。少額なので始めやすいのが最大のメリット

投資を少額で始めることができる点が大きなメリットです。

  • 投資が怖い→1円からだから、ハードルが低い
  • めちゃくちゃ損失したらどうしよう!→元本以上の損失なし。100円投資して損失する額は100円
  • 投資は難しそう→投資したらそれでやることは終了

投資のことを知らない「投資に身構えている初心者」の方は腰が砕けるんじゃないかというほどあっけなく投資が終了します。

Amazonで電子書籍をワンクリックで買えますが、それに近いぐらい簡単です。

最初の登録作業を終わらせれば、自由に投資することができます。

少額で投資できるのがfundsの大きなメリット。

タケ

投資である以上リスクはある。でも、少額でできるから初心者向け。操作も簡単。

もう一人のタケ

fundsの始め方〜口座開設は5分〜10分〜

fundsの口座開設方法は以下の通りです。

    【fundsの口座開設方法】
  • 【少額投資】fundsのアクセス
  • 今すぐ無料で口座開設をクリック
  • メールアドレス・パスワードを入力
  • 案内された指示に従って、個人情報を登録
  • 審査を待つ

5分〜10分ほどでできる簡単な作業で、審査に関してはアルバイトとブログで月収がそれほどない時代の私でも通りました。

なので、気軽に申請してOKです。

落ちたら落ちたで別の投資先を探せば問題ありませんよ(私も収入が少ないせいなのか審査に落ちた投資が何個もあります笑。fundsは通りました)

fundsの口座開設に掛かる時間はかなり短いよ!それほど重く見る必要はなし。

タケ

正社員の人だったら、ほとんど審査に通りそう。アルバイトの自分でも通ったよ。

もう一人のタケ

fundsの会社概要(2020年1月現在)

名称Funds(ファンズ)
運営会社名ファンズ株式会社
住所東京都港区西麻布3-2-1 北辰ビル7階
登録/加入協会第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3103号
一般社団法人第二種金融商品取引業協会加入

まとめ:fundsのメリット・デメリット!絶対知らなきゃいけない知識は?

fundsのメリットとデメリットをまとめました。

【fundsのメリット】

  • 1円からできる手軽さ
  • 運用期間・利回りが決まっている(計画が立てやすい)
  • リスクを一元化しない投資

【fundsのデメリット】

  • 貸し倒れリスクがある
  • 利回りが低い
  • 途中解約できない

このようなメリット・デメリットがあります。

メリットとデメリットの両面を理解して、投資を始めてください。1円で投資できるので、初心者でも気軽に投資できます。

公式サイトでも詳しく情報が載ってますので、そちらも参考にしてみてくださいね!

【fundsの公式サイトは以下から】

自分に合った投資を!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.