クズフリーターの運用記録

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

Funds(ファンズ)の投資案件はいいものなのか?個別に案件を分析!

 
Funds(ファンズ)の投資案件はいいものなのか?個別に案件を分析!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

fundsの投資案件は一体どんな感じなの?

タケ

fundsの案件整理と他の投資と比べた時の比較をまとめたよ。

もう一人のタケ

fundsの案件がいいものなのかどうかを今回はまとめました。

  • fundsの募集案件の整理
  • 貯金と比べた時の投資の優位性
  • fundsと似ているソーシャルレンディングとの比較

このあたりを解説していきます。

投資はいろんな種類がありますが、fundsへの投資は他と比較して、どのようなメリットがあるのでしょうか?

fundsに投資する意義はどこにあるのか?

fundsに投資する意義は

  • 貯金するよりも利回りがいい(利回り1.5%~6%)
  • 運用期間が短めで、1年前後で運用できる

貯金をすることも大事ですが、それだけでは資産形成できない時代になっています。

将来の資産形成をするための選択肢の1つとして、fundsがあります。

他の投資と比べた時の優位性

投資にはどの投資にもメリット・デメリットがあります。

funds最大のメリットは1円からという超少額で投資できることであり、これだけの投資金額で投資できるのはなかなかありません。

また、運用期間が短いので、投資計画が立てやすいのもメリットです。

  • 1円から投資できる
  • 運用期間が短く、計画が立てやすい

投資の入り口としては比較的始めやすい投資だと言えます。

運用期間が決まっているので、投資計画が立てやすいのがメリット。

タケ

少額で運用できる。初心者がとっつきやすい投資だと言えます。

もう一人のタケ

fundsの投資案件を個別に分析

これまでに募集に出された案件を個別に分析していきます。(2019年7月現在の案件が対象)

案件①

  • 予定利回り(年率・税引前):1.8%
  • 予定運用期間:約12ヶ月
  • 募集金額:5000万円
  • 担保なし・保証なし

利回りが低いめの案件で、運用期間は1年間。

デフォルトした場合にどうなるかなども詳細欄には書かれていますが、担保や保証はありません。

基本的にデフォルトした場合にどうなるのか、ファンド特有のリスクは全てのファンドで書かれています。

案件②

  • 予定利回り(年率・税引前):5.0%
  • 運用期間:約12ヶ月
  • 募集金額:2620万円
  • 担保なし・保証なし

こちらは利回りがやや高めの案件で、運用期間は1年。

デフォルト時にどうなるかやファンド特有のリスクも書かれています。

案件③

  • 予定利回り(年率・税引前):6.0%
  • 予定運用期間:約4ヶ月
  • 募集金額700万円
  • 担保なし・保証なし

こちらは運用が終了したファンドです。

利回りはfundsの中でもトップクラスの6.0%で、予定運用期間が短め。

初心者が最初に投資する案件は運用期間が短いものの方が安心なので、投資しやすい案件だったと言えます。

案件④

  • 予定利回り(年率・税引前):4.5%
  • 予定運用期間:約12ヶ月
  • 募集金額:2135万円
  • 担保なし・保証なし

利回りは4.5%とfundsの中では平均的な利回りで、運用期間も1年間と平均的です。

案件⑤

  • 予定利回り(年率・税引前):4.3%
  • 予定運用期間:約12ヶ月
  • 募集金額:2135万円
  • 担保なし・保証なし

この案件も利回り的にはfundsの案件の平均程度になっています。

運用期間も1年ほどで、長くもなく短くもなくというところです。

案件⑥

  • 予定利回り(年率・税引前):3.0%
  • 予定運用期間:約12ヶ月
  • 募集金額:1000万円
  • 担保なし・保証なし

利回り的にはやや低めで、運用期間は1年。

この案件はファンド組成企業がデフォルトした場合は元本が欠損しますが、借り手がデフォルトした場合は元本が欠損しません。

借り手がデフォルトしても元本が欠損しないファンドがあまりないので、珍しいファンドであると言えます。

案件⑦

  • 予定利回り(年率・税引前):5.0%
  • 予定運用期間:約9ヶ月
  • 募集金額:7920万円
  • 担保なし・保証なし

この案件は運用が終了しています。利回りも高めで、運用期間もお手頃の案件です。

案件⑧

  • 予定利回り(年率・税引前):4.5%
  • 予定運用期間:約12ヶ月
  • 募集金額:3000万円
  • 担保なし・保証なし

利回り・運用期間ともに平均的な案件です。

案件⑨

  • 予定利回り(年率・税引前):3.5%
  • 予定運用期間:約9ヶ月
  • 募集金額:1億円
  • 担保なし・保証なし

やや利回りが低めの案件ですが、募集金額が多め。

人気案件が多いfundsですが、募集金額が多いと投資のしやすさはやや上がります。

案件⑩

  • 予定利回り(年率・税引前):3.0%
  • 予定運用期間:約11ヶ月
  • 募集金額:2億4400万円
  • 担保なし・保証なし

利回り低めの案件ですが、募集金額が多めです。

fundsの案件を比較してみたよ。

タケ

利回りや運用期間を比較して、「だいたいこんな感じ」という感覚を掴んでおこう!

もう一人のタケ

類似投資ソーシャルレンディングと比べて、fundsの案件はどうか?

fundsは貸付投資と言われますが、ソーシャルレンディングと似ています。

なので、ソーシャルレンディングの案件とfundsの案件を比べることが重要なんですが、その2つを比較すると以下のような点がわかります。

  • 運用期間はほぼ一緒
  • fundsは1円〜、ソーシャルレンディングは1万円から投資できる
  • 利回りはソーシャルレンディングの方がいい
  • 初心者向けなのはfunds

どちらの投資も初心者向けなんですが、少額で投資できる分fundsの方が始めやすいです。

利回りを求めるなら、ソーシャルレンディングがよく

がソーシャルレンディングでは代表的。

利回り的にはクラウドバンクがよく、2019年7月現在の平均利回りは6.99%です。(最新の状況は公式ページを確認してください)

利回りを求めるなら、クラウドバンクになります。

少額で投資の第一歩を踏み出したい場合はfundsで、利回りをやや優先する場合はクラウドバンクでOKです。

【fundsを始めたい人は以下から】

クラウドバンクが過去の実績と利回りがいい。fundsは少額で初心者向け。

タケ

自分に合ったものを運用することが大切。どちらをやるにしても最初は少額が大事。

もう一人のタケ

他の投資と比較した時のfunds案件

fundsは一気に資産を拡大するものではありません。

貯金では増えないお金を少しずつ運用で増やしていくぐらいの感覚の投資です。

一気にお金を増やす方法もありますが、大損の可能性もあり危険です。

  • 貯金してるぐらいだったら、運用してみたい
  • 運用とはどんなものか勉強したい

という場合にfundsは活用できます。

ガッツリ稼ぎたい場合が仮想通貨やFX・株式投資などがありますが、資産を大きく減らすリスクは持っておかないといけません。

fundsは利息でコツコツ資産運用したい人向けの投資です。

【公式サイトは以下から】

仮想通貨やFXには夢があるっちゃある。ただ、やり方次第ではかなり恐ろしいもの。

タケ

大儲けの裏には大損があることを理解しておこう!

もう一人のタケ

まとめ:fundsの投資案件はいいもの?分析結果は?

fundsの投資案件を今回は見ていきました。

  • 利回りは4%台前後のファンドが多い
  • 運用期間は1年弱ぐらい

という特徴が理解していただけたかと思います。

  • fundsがどんな投資なのか
  • ソーシャルレンディングと比較した時のfunds
  • 他の投資と比較した時のfunds

これらの情報を参考にして、投資を考えていただけたらと思います。

少額から始められますので、自分に合いそうな投資を経験していってください。

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.