元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

ひふみ投信の調子が悪いとか言ってると投資でダメになる理由

 
ひふみ投信の調子が悪いとか言ってると投資でダメになる理由
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

ひふみ投信の運用実績が一気に落ちていった。このままだとやばいから気をつけないと。

タケ

短期的な運用成績だけを見ていると大変なことになるよ。しっかりと長期的な運用成績を見極めよう!

もう一人のタケ

「ひふみ投信の調子が悪い」「絶好調」など、短期的な値上がり・値下がりで投資判断がぐらついていると損失する可能性大。

調子のいい投資についつい食いついてしまいたくなりますが、そのような投資方針を続けていくととても危険です。

  • なぜ調子がいい、調子が悪いという判断で投資するのが危険なのか?
  • 短期的な判断で投資すると何が起こるのか?
  • どのように判断して投資を始めればいいのか?

今回はひふみ投信を通じて、投資を短期的に見るのが危険な理由をまとめました。

ひふみ投信の調子が2018年に落ちた

ひふみ投信は2017年が絶好調でしたが、2018年に一気に運用益を落としました。

2017年の運用実績を見て、投資を始めようと思った人は多いかもしれませんが、2018年に下落していって、焦った人は多いのではないでしょうか?

2019年は徐々に回復していきましたが、2020年はどうなるかわかりません。

調子がいい時に考えておきたいことは

  • 調子がいいからと言って、油断してはいけない
  • 下落した時にどう対処しておくかをあらかじめ考えておく

この2つが大切です。

調子の良し悪しで投資判断をしているとかなり高い確率で損失を出してしまうことになるよ。

タケ

投資は短期的な調子の良し悪しで判断できない。その点をこれから解説していくよ!

もう一人のタケ

ひふみ投信の「調子が悪い」という考え方は投資がダメな理由

投資を年単位で考えていくのは非常に難しく、年ごと調子で判断していくのはあまりよくありません。

調子の良し悪しで投資判断をしてしまうスタイルは以下のようなパターンを導き出します。

  • 調子がいいので、どんどん投資をしていってしまう
  • 調子が悪くなってくると、投資しないようになってしまう
  • 上昇した時に大金を投資し、下落した時に投資しなくなってしまうので、損をする
  • 投資が嫌になっていく

投資はこれから価値が上がっていくものに投資していくのが基本ですが、その価値が上がっていくものを安く買いたいところ。

ですが、下落局面に買わずに、上昇局面だけ買っていると損をしやすくなってしまいます。

単年度の調子を見るのはあまり良くない。投資は1年で勝負するものではないから、あまり単年の成績にとらわれない方がいいよ。

タケ

ひふみ投信は2017年はよかった。でも、その1年の成績だけ見て買った人はそれほど得してない可能性もある。投資は5年〜10年スパンの長い単位で見ていこう!

もう一人のタケ

調子がいいから買うは下落を招く

仮想通貨やひふみ投信は2017年に上昇を続けて注目されていました。

かなり注目されていて、仮想通貨などはテレビで紹介されるほどでしたが、いまだにその当時の価格を上回ってきてはいません(2020年1月現在)

お金に関する物全てに言えることですが、永久に上昇し続けることなどないんです。

  • 仮想通貨:2017年に急上昇。2018年に下落
  • ひふみ投信:2017年の運用実績が注目される。2018年に下落

上昇があれば必ず下落があるので、それを見越して投資する必要があります。

上昇があれば下落もあるのが投資の基本。ずっと上昇し続けることはないと頭の中心に置いておくことが大事。

タケ

上昇と下落を繰り返していくので、急上昇は案外注意しないといけないところだよ。

もう一人のタケ

SNSの過度な盛り上がりに騙される

運用実績がよくなってくると、SNSなどでやたら運用実績が出回るようになります。

そんないい運用実績記事ばかり見ていると・・・

  • 自分もやりたくなってくる
  • 自分の運用方針を考えずに、「稼げそう」という思いだけでやってしまう

ブームに乗るという感覚だけで投資をやるのは危険で、実際に大事なのはブームになる前を掴むこと。

これからブームになりそうなものを買うというのが大事なので、その点をぜひ意識してみてください。

投資はブームになってからやるのは遅い。仮想通貨もブームになった時にはもう下落の始まりだった。

タケ

テレビで特集される前を掴んでおくことが大切。その前を掴めれば、それなりに運用益は出るよ。

もう一人のタケ

ひふみ投信で短期的な「調子が悪い」「調子がいい」は禁句にしよう!

短期的に値が下がったり、値が上がったりすることはよくあります。

それにいちいち惑わされていると、それほどいい運用成績を上げることができませんので、短期的な調子の善し悪しは禁句にした方がいいでしょう。

  • 調子の善し悪しで判断するのはやめる
  • しっかりと自分は何にどれくらいの期間投資したいのかを決める

運用方針をしっかり決めておけば、自分に合った運用をすることができます。

ひふみ投信で短期的な調子が悪い・いいを気にしているとあまりいい結果は出ないよ。

タケ

目先の結果に左右されないように、運用方針をとにかく決めよう。しっかり運用方針があれば、だいぶ投資は変わる。

もう一人のタケ

5年後に資産が増えてれば、それでOK

一番資産運用がうまくいく人はほったらかしにしてる人だとも言われます。

それはなぜかというと、損していることに気づかず、そのまま運用を続けることができるからです。

【ほったらかしている人の運用実績がよくなるパターン】

  • 暴落がやってくる
  • 多くの人は資産を気にするが、ほったらかしの人は気にしない
  • やがて運用実績が回復していき、運用益が出てくる

こんな感じで、だんだん運用益が拡大していきます。

運用実績を見ないことが逆に資産を増加させているんです。

投資は年単位でみるとマイナスが大きくなることがありますが、長期的に見ていくことが大切なので、5年後に少しでもプラスになっていればOKと考えるようにしましょう!

長期的に資産を増やしていきたい場合、運用実績を気にしすぎるのもよくない。

タケ

投資信託の場合は長期運用がメインになるはず。5年〜10年のスパンで運用を見ていこう!

もう一人のタケ

投資初心者が短期的に始めるにはどうしたらいいのか?

長期的に始めた方がいいと言っても、長期的に始めるのが怖いという人もいるかと思います。

そのような人は短期的にできる投資を始めていくこともでき、投資信託やETFなどの株価や指数に連動するようなものは短期的にやるのがいいとは言えません。

短期的にできる投資として、私タケが実際に行っている運用としては

【実際に運用している1年前後でできる投資】

これらの運用を実際に行っています。

運用実績も出してますので、そちらも参考にしてみてください。

1年前後で運用できる投資もある。長期的に資産を増やすための投資と短期でもできる投資を使い分けていくといいよ。

タケ

毎月月末に運用実績を更新中。年末には毎年の運用益も更新してるよ!

もう一人のタケ

まとめ:ひふみ投信の調子が悪いとか言ってると投資でダメになる理由

ひふみ投信の運用で「最近調子が悪い」「最近調子がいい」という見方をしていると、好調な時に投資したくなって、不調の時には投資したくなくなります。

そのような投資を続けていると、最終的に損をしてしまう可能性が大きいです。

なので、短期的な調子にとらわれずに、長期的に資産を増やせるものは何なのかを考えて投資するようにしていきましょう。

そうすれば、投資が上手にできる可能性がグッと高まりますよ。

【初心者の方向けの少額投資はこちら】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.