元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

損切りに失敗するとどうなるのか?相場から多くの人が退場する理由!

 
損切りに失敗するとどうなるのか?相場から多くの人が退場する理由!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

損切りに失敗するととんでもないことになる。

投資において、最も難しいと言われているのが損切りですが、その損切りを上手にできるかどうかで投資の成果は大きく変わってきます。

損切りを失敗すると、そこで投資から退場してしまう人まで・・・

一体何故このようなことになってしまうのでしょうか?

  • 損切りの失敗はなぜ起こるか?
  • 損切りの失敗確率を減らすためにはどうしたらいいのか?
  • 損切りしない投資の存在

こういったところをこの記事ではまとめました。

参考にしていただけたら嬉しいです。

損切りに失敗するととんでもないことが起こる

株式投資をやっていたとして、次のような損切りラインがあったと仮定します。

  1. 株価2000円で購入
  2. 株価は1800円を割ったら、損切りを行う

株は100株単位での購入になるので、20万円で購入して、18万円で損切りする設定で始めることになりますが、購入してから次のようなことが起こったら、どう考えるでしょうか?

  1. 購入後2200円まで一気に株価が上がる
  2. その後、1810円まで急降下
  3. 1810円から1900円までジワジワ浮上
  4. 1900円から1790円まで急降下

このような推移をした時に、1800円で損切りができるかが重要です。

文字で見てるだけだと、そんなに実感はないかもしれない。

タケ

でも、実際にやってみたらわかる。意外と損切りは難しい

もう一人のタケ

1790円であと10円だから・・・は危険

先ほど1790円まで下がりましたが、1800円までは10円です。

あなたはすでに2万円損をしています。その状況で、損を確定することができますか?

たった10円くらいなら戻るだろうと考えていると、そこからズルズル下がっていった時にどうすることもできません。

  1. 損切りラインを破ると、そのあとどんどん下落していく可能性がある
  2. 下落してしまう=かなりの損を抱えてしまう
  3. やる気がなくなる
  4. 投資から退場してしまう

このようなプロセスで多くの人は退場してしまいます。

損を最小化することが大切で、損をしないことが大切なのではありません。

このことを深く胸に刻んで、投資に励みましょう!

損切りを失敗すると、ズルズル損が広がっていく、結果的に投資から退場することになってしまう。

タケ

やる気がなくならない程度の損で済ませておこう!それなら、退場せずに続けられる。

もう一人のタケ

損切りに失敗しないようになるためには経験を積むしかない

損切りで失敗しないようになるためには損切りを経験を積むしか方法はありません。

成功と失敗を繰り返して、経験を積んでいくことが損切りで失敗しないようにするためには重要です。

どんな人でも投資で損切りの失敗経験があります。

その経験を糧にして、いかに失敗を小さくできるかがものすごく大事です。

  • 小さな損切りを繰り返して、大ダメージを受けないように損切りする
  • 投資を辞めてしまうほどのダメージを受けないことが大事
  • 利益よりも損を小さくすることを考える

とにかく損を小さくすることを第一に考えていれば、投資から退場せずに済むはずです。

投資から退場するのは大損してしまった時。

タケ

100万円投資して、3万円ほど損したところで、投資を止めようとは思わない。50万円以上減ったら、退場してしまうかもしれない。

もう一人のタケ

損切りに失敗しないよう経験を積むか損切りがない投資をするか

ここまでは損切りどう経験するかを話してきましたが、損切り自体を行わない投資も存在します。

ただ、リターン自体は損切りがある投資の方が大きめで

  • ハイリターンを狙う:リスクはあるけど、損切りを経験する
  • リターンは少なめでもいい:損切りのない投資に挑戦する

損切りのない投資でも、年利回り5%~10%は狙える範囲内です。

損切りのある投資は数年で投資資金を2倍に増やせる可能性がある一方、損切りのない投資は年利回り5%前後のものが多め。

これでもリターンとしてはかなり大きい方なので、どちらの投資をしたいか自分で判断していきましょう!

年利回り5%はかなりパフォーマンスがいい。

タケ

リターンのだいたいの値を知っておくことが大事。年リターン10%を超えるものはかなりのハイリスク。

もう一人のタケ

損切りがない投資はどんなものがある?

損切りがない投資を知っておくことで、投資の幅が広がります。

  • 損切りを何回やっても苦手だ
  • 損切りのある投資は難しそう

こんな方が挑戦しやすい投資です。

クラウドバンク

クラウドバンクは運用期間終了まで、ひたすら待つだけの投資です。

市場の動きを見る必要がない投資なので、損切りの必要もありません。

  • リターンは6%~7%台の投資案件が多め
  • 1万円から投資できる

という特徴があり、難易度としては低めです。

投資した後はずっと待っているだけなので、あまりメンタル的な負担がなく、投資することができます。

詳しい内容に関しては公式サイトや関連記事を参考にしてみてください。

funds

fundsはクラウドバンクと同じような投資ですが、何個か違う点がります。

  • fundsの最低投資金額は1円(クラウドバンクは1万円)
  • リターンが1.5%~6%ほどとクラウドバンクよりも低め
  • 投資案件はクラウドバンクの方が多い

これらの点がクラウドバンクと違う点で、その他の部分はあまり変わりません。

投資家がやることもほぼ一緒です。

安く投資をスタートしたい人はfundsで、リターンや投資案件の数を重視する人はクラウドバンクがいいでしょう。

つみたてNISA

つみたてNISAは長期的に運用する投資で、10年・20年スパンで投資していきます。

毎月積み立てていき、長期で運用益を出していく運用が基本です。

  • 長期で運用してみたい
  • 毎月積み立てていく投資がしたい

このような方に向いている投資と言えます。

国の制度なので、国が選定した投資信託しか対象になっていないのもメリットです。

つみたてNISAに関して詳しくは以下の関連記事も参考にしてみてください。

つみたてNISAは長期投資向けの投資。

タケ

10年後・20年後の資産を増やしていきたい人向けの投資だよ。

もう一人のタケ

まとめ:損切りで失敗すると大損して退場!回避策は2つ

損切りで失敗して退場しないようにするためには

  • 損切りの経験を増やして、実力をつけていく(大損はNG)
  • 損切りがない投資をまずは経験していく

この2つの方法があります。

損切りがある方がリスクや難易度は高くなるので、自分に合った方法で、投資を始めてみてください。

【参考記事】

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.