クズフリーターの運用記録

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

ソーシャルレンディング投資の失敗パターン!絶対に避けるべきことは?

 
ソーシャルレンディング失敗パターン
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

「ソーシャルレンディング投資で失敗したくない!」

なんて思っていても、投資にはリスクがあり、多少の損失が出てしまうことはあります。

ただ、多少の損失が出たとしても大きく損をしてしまうことは避けられます。

では、具体的にどんな時に大損してしまうのでしょうか?

今回はソーシャルレンディングの失敗パターンをまとめました。

ソーシャルレンディングで失敗するパターンを知っておくことは大切。

タケ

失敗を絶対しないことはないけど、パターンを知っておくとリスク軽減に繋がる!

もう一人のタケ

ソーシャルレンディング投資の失敗パターン

ソーシャルレンディングの失敗パターンは

  • 1つの案件に集中投資
  • 分散を徹底して行っていない
  • 利回りだけで業者を選んでいる

が挙げられます。

この2つの失敗パターンを詳細に紹介します。

1つの案件に集中投資

ソーシャルレンディングには貸し倒れがあります。

貸し倒れは投資した資金が返ってこないことをさしますが、一つの案件に投資して、そこで貸し倒れが起こったら…

100万円の資金を1つの案件に注ぎ込んだら、それがなくなってしまうわけです。

これは大きなリスクですよね?

大損してしまい、ソーシャルレンディング投資は失敗してしまいます。

1つの案件に集中投資するのはソーシャルレンディングの大きな失敗の原因です。

ソーシャルレンディングの失敗パターンはこの要素がかなり大きい。

タケ

一点集中投資は厳禁!

もう一人のタケ

分散を徹底して行なっていない

1つの案件に集中して投資しないということは分散して投資するということ。

ですが、その分散も徹底して行わないと失敗してしまいます。

一つの案件に投資を集中するのがダメだからといって、数多くの案件に投資しすぎるのもよくありません。

明確な基準が必要で、その基準に沿って投資を行う必要があります。

分散して投資を行う時に明確な基準が必要。

タケ

分散の基準を自分なりに決めることが大事。

もう一人のタケ

利回りだけで業者を選んでいる

利回りだけで業者を選ぶのは厳禁。

ソーシャルレンディングで最もやってはいけないのが貸し倒れによる大損なので、それを避ける必要があります。

利回り重視だと貸し倒れを避けるという考え方がどうしても疎かになってしまうので、利回りだけで業者を選ぶのはやめましょう。

わかっていても利回りに目がいってしまう。利回りの魔力。

タケ

利回りが高い・低いで判断しない。

もう一人のタケ

ソーシャルレンディング投資で失敗を避けるためにしておきたいこと

ソーシャルレンディングで失敗を避けるためにやっておきたいことは

  • リスクを明確に把握しておくこと
  • 貸し倒れが一件起こった時のことを想定しておくこと
  • 徹底した案件の分散
  • 徹底した時間の分散

これらをやっていくことで、リスクを減らすことができます。

リスクを明確に把握しておくこと

まず1番に大事なことはリスクをきっちり把握しておくことです。

これが以外と難しくて、実際に損失してからはリスクを考えたりするんですが、それまでは結構ノリで投資したりしてしまいます。

初心者の場合は慎重に投資することが多いですが、初心者をちょっと脱出した段階で気の緩みが出ます(私の経験上ですが)

その気の緩みに気をつけて、投資を行ってください。

3回目ぐらいの投資が一番気が緩む。

タケ

常にリスクを把握しておくことが大事!

もう一人のタケ

貸し倒れが1件起こった時を想定しておくこと

貸し倒れが一件起こったことを前提にして、ソーシャルレンディングに投資を行っていくと、失敗の可能性は減ります。

例えば、100万円の資金があった場合。

100万円の資金があったとして、10万円を10案件に分散した時、貸し倒れが一件起こると10万円損します。

このマイナスをしっかり想定しておくことが大事です。常に損失金額を計算しておくことで、慎重な分散ができます。

徹底した案件の分散

先ほどから何度も書いてますが、案件は分散です。

ただ、闇雲に分散しているのではダメなので、明確な基準を決めて、それに沿って投資しましょう。

それによって、だいぶ結果は変わってきます。

案件は分散しましょう。

タケ

私は1つの案件への投資額をソーシャルレンディングの資金の10%以内を目安にしているよ!

もう一人のタケ

徹底した時間の分散

案外重要なのが時間の分散です。

100万円があったとして、それを一気に分散しようとすると、だんだん作業が雑になってしまいます。

そうではなくて、1か月に10万円ずつなど少しずつ分けて投資すると冷静に投資できます。

投資基準は人それぞれですが、一気に投資するとどうしても投資欲がどんどん出てきてしまいますので、投資する時間も分散していきましょう!

時間をかけ過ぎると集中力がなくなる。

タケ

ソーシャルレンディング投資は1ヶ月に1回ぐらいのペースでも十分!

もう一人のタケ

ソーシャルレンディング投資の失敗は貸し倒れによる損が原因

ソーシャルレンディングは貸し倒れしなければ、ほとんどのマイナス面をクリアしたと言っても過言ではありません。

なので、貸し倒れによる損を最小限にすることが大切です。

貸し倒れになる確率自体はそんなに高くないですが、それなりにあり得ることではあります。

ソーシャルレンディングで最も警戒すべきは貸し倒れなので、そのリスクを頭に中心に入れて、運用していきましょう!

しつこいぐらい貸し倒れのことは考えておこう!

タケ

そこを想定していれば、怖いものはほぼない!

もう一人のタケ

まとめ:ソーシャルレンディング投資の失敗パターン!絶対に避けるべきことは?

ソーシャルレンディングの失敗パターンのほとんとは貸し倒れによる損です。

なので、貸し倒れによる損をどれほど想定し、対策を打てるかがめちゃくちゃ大切になります。

明確な基準を持っていれば、失敗の確率を下げることができます。

投資にはリスクがつきものなので、失敗パターンを頭に入れて、有意義にソーシャルレンディングを活用してみてください!

【参考記事】

ソーシャルレンディングってどう?フリーターでもできた運用の始め方

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.