元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

ETFで損する人が陥ってしまうパターンを徹底分析!

 
ETFで損する人が陥ってしまうパターンを徹底分析!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

ETFでじゃんじゃん資産を増やすぞ!これで億万長者になる!!

タケ

いやいや、それは問題だ。しっかり運用方針を見つめ直そう!

もう一人のタケ

ETFで運用益を出す人と損する人は一体何が違うのでしょうか?

今回はETFで損する人はどのようなパターンに陥ってしまうのかをまとめました。

  • ETFで損する人が陥ってしまうパターン
  • 投資方針と実際にやっていることを一致させる方法
  • いろいろな少額投資

これらの点を解説していきますので、参考にしていただけると嬉しいです。

ETFで損する人が陥ってしまうパターン

ETFで損する人が陥ってしまうパターンは

  • そもそも選んでいるETFがよくない
  • ETFのどのように運用益を得るのか明確化されていない
  • 運用方針の揺らぎ

このパターンのいずれかにハマってしまう人が多いです。

そもそも選んでいるETFがよくない

選んでるETFの手数料が高かったり、リスクが大きなものを選んでいたりするとあまりいい結果は出ません。

  • 長期的に上がっていくものなのか?
  • 配当利回りがいいものか?
  • 運用期間がどれくらいで想定されているのか?

このあたりがしっかりしてないと投資は上手くいきません。

運用方針と実際にやっていることとがズレていると運用益が得られる可能性はガクッと減ってしまいます。

【運用方針と実際にやっていることのズレ】

  • 配当利回りがいいものに投資したにも関わらず、1年単位で運用益を出そうとしている。
  • 長期的に上がっていくと判断したものに投資したにも関わらず、1年で売買を繰り返す
  • 短期で運用しようとしたのに、損切りできていない

このようなことが起こってくると、運用益が出にくい状況になります。

実際の運用方針とやっていることがズレないようにすることが大切。

タケ

運用方針通りに運用するのは意外と簡単じゃない。運用前に具体的に方針を決められるかがものすごく大切。

もう一人のタケ

ETFでどのように運用益を得るのか明確化されていない

ETFに投資したとしてもどのように運用益を得るのか明確されていないと損をするパターンに陥ってしまいます。

大きく2つに運用益は分けられ、

  1. 値上がり益を狙う(キャピタルゲイン)
  2. 配当金を狙う(インカムゲイン)

があります。

キャピタルゲインは1000円で買った株を1100円になった時に売るという形で、運用益を得ていく形。

インカムゲインは保有している株のは配当金や株主優待を得ていくことを指します。

【キャピタルゲインとインカムゲイン】

  • キャピタルゲイン:値上がり益を狙うので、株価が下がった時には損切りが必要(3年以内の短期が中心)
  • インカムゲイン:配当金狙いなので、長期で運用するのが基本。徐々に運用資金を増やしていって、運用益を大きくする。

これらが基本的なやり方で、そこから自分流にアレンジしていく形です。

このどちらで運用益を得ていくのかをしっかり決めておかないと損をするパターンにハマってしまいます。

ETFに限らず、どのような手法で運用益を得るのかを実際に運用する前にしっかり決めておくことが大切。

タケ

それがわかっていれば損切りもできるし、意味のない損切りを防ぐこともできる。配当金狙いなのに損切りするなどを防ぐことができるよ。

もう一人のタケ

運用方針の揺らぎ

実際に運用していくと運用方針に揺らぎが出てきます。

これは実際に投資してみないとわからない心理です。

  • 配当金狙いだったけど、株価が急落して不安が募ってきた
  • 損切りしたけど、そのあと急上昇で後悔
  • 急上昇した経験から今度は損切りしなかったけど、そのままズルズルと下落

なんてことが日常茶飯事です。

このようなことが続くと運用方針に揺らぎが出てきますが、経験を糧にしっかりと分析して、運用方針を常に定めておくことが重要。

メンタル的なことが原因で、運用方針は揺らぎがちですが、それは仕方がないことなので、経験を糧とできるようにしましょう。

感情の揺らぎや投資方針などを全てメモしておくことを個人的にはオススメします。

投資方針に加えて、どのように感情が動いたかをメモしておくことが大切。自分がどのように揺らぎやすいのかを把握することができるよ。

タケ

大失敗しなければ投資は大丈夫。過去の経験をしっかりと把握して、次に生かしていく努力をしよう!

もう一人のタケ

ETFで損しないためには運用方針を先に決める

ETFで運用する前に、なぜETFで運用するのかをしっかり決めておくことが大事。

なんとなく「お金を増やしたいから」ではなく、

  • 配当金を得られる投資をやってみたいから→配当金を得るためだけに集中
  • 個別株だとリスクが高すぎるので、ETFを買った→暴落時にどうするのかを決めておく

など、運用方針を先に決めておくことが大切です。

先に具体的な運用方針が決まっていれば、市場の変化がやってきた時にもその想定どおりの行動を起こせばいいだけ。

繰り返しになりますが、明確な方針を先に決められるかが大きなポイントになってくるんです。

じゃあ、運用方針について、どのように考えていけばいいのか?

タケ

個人個人で考え方は違うけど、私タケのケースを紹介していくよ!

もう一人のタケ

私のETF運用方針

私は様々な投資をしていますが、ETFに関しては配当利回り狙いなので、基本的には損切りすることはありません。

長期で見て右肩上がりのアメリカに投資していて、SPYDというETFへの投資を行っています。

  • ETF:インカムゲイン・配当利回り狙い・長期
  • 個別株:キャピタルゲイン・値上がり益狙い・短期

これらを組み合わせていて、他はFXや投資信託・株価指数CFDなどややリスクの高い投資が中心です。

30代中盤になるまではややリスクの高い投資を行い、運用益を積極的に狙っていきつつ、長期的な運用も行うというのが基本方針。

30代後半になる5年後までに少しずつリスクを落としていきたいというのが現状の考えです。

運用実績に関しては毎月月末に更新しています。

【タケの投資実績は以下からご覧いただけます】

運用実績記事の一覧はこちら

あくまでタケの運用方針なので、真似したりする必要はないよ。運用方針は自分で決めることが大切。

タケ

自分の間の資産状況とリスク許容度を考えて、しっかりと投資方針を決めていこう!

もう一人のタケ

タケの運用している投資をリスク別に分類

タケの運用している投資は以下の通りです。

【リスク別運用実績】

運用利回りを大きくしたい場合はトラリピですが、リスク面から初心者向けな感じはしません。

株価指数CFDもレバレッジがあるので、それ以外の投資が初心者向けかなと思います。

それぞれの投資の特徴は参考記事のリンクも上に貼りましたので、参考にしてみてください。

運用期間が短くて、運用実績が出ていない投資もあるよ。全く投資経験がない人はまず少額での投資をオススメするよ。

タケ

いきなり大金で投資するのは少し怖い。まずは少額で投資の感覚を掴んでいくことが大切になるよ!

もう一人のタケ

まとめ:ETFで損する人が陥ってしまうパターンを分析

ETFで損する人が陥ってしまうパターンは

【損するパターン】

  • 選んでいるETFがよくない
  • ETFでどのように運用益を得るのか明確化されていない
  • 運用方針の揺らぎ

これらが大きな原因になります。

しっかりと運用方針を決めて、運用方針と実際にやっていることがズレないようにしていきましょう!

【参考記事】

元月収10万円フリーターの投資・預貯金実績推移(2019年5月〜)

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.