元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

配当金生活にはいくら必要?目的別の投資先も徹底解説!

 
配当金生活にはいくら必要?目的別の投資先も徹底解説!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

配当金生活にはいくら必要なの?

タケ

必要な金額と投資手法を公開するね!

もう一人のタケ

配当金生活をするためにはどれくらいの金額が必要なの?

今回は配当金生活をするために必要な金額についてまとめました。

配当金生活をすることによって、

  • 株を保有してるだけで、お金が入ってくる
  • 配当金だけで固定費が払えるようになった
  • 毎年配当金旅行に行けるようになる

などメリットがたくさんあります。

ただ、知識がないと配当金投資を始めることができません。

今回は配当金生活をするにはいくら必要なのかを中心に、配当金投資の考え方や私タケの投資戦略を紹介します。

配当金生活にはいくら必要なのか?

配当金生活にはいくら必要なのか?

配当利回り5%以上となると、かなりの利回りですが、仮に毎年配当利回りが5%得られると想定すると

【配当利回り5%で試算すると・・・】

  • 100万円を運用した場合:年間5万円の配当
  • 1000万円を運用した場合:年間50万円の配当
  • 5000万円を運用した場合:年間250万円の配当
  • 1億円を運用した場合:年間500万円の配当

このようになり、配当金生活をするには5000万円程度運用する必要があります。

5000万円で運用すれば、年間250万円の配当金が得られて、月換算すると20万円ほどの配当収入です。

配当利回りは5%以下になることが多い。5%で想定すると、5000万円ほど必要になるね。

タケ

配当金生活をするにはかなりの運用資金が必要になることがわかったよ。

もう一人のタケ

最初は小さな金額からやる!

5000万円と言われて、諦めてしまう人もいるかもしれませんが、最初は小さな金額からコツコツ頑張っていくしかありません。

投資は大儲けのイメージがありますが、投資こそコツコツやっていくもので、

  • 毎月3万円投資すると、3年で約100万円の投資額になる
  • 利回り5%なら、1年で5万円の運用益が得られるようになる
  • 投資金額をだんだん増やしていく
  • コツコツ配当金を増やして、生活が楽になってくる

完全な配当金生活には及びませんが、少額からでもだんだん生活が楽になってくるのを実感できるようになるはず。

生活が楽になってくれば、配当金投資へのモチベーションが上がってきます。

投資をしていくとだんだん生活が楽になっていく。生活が楽になってくると投資への意欲が増してくるよ。

タケ

投資への意欲が増すことが大事。少しでも配当金がゲットできると嬉しいものだよ。

もう一人のタケ

配当金生活をするための道筋は大きく2つ

配当金生活をするための道筋は大きく2つです。

  • ひたすら運用資金を増やしていく
  • ハイリスク・ハイリターン投資をして、利回りを大きくする

これらの手法について、詳しくみていきます。

運用資金をひたすら増やしていく

運用資金をひたすら増やしていくことがまずは1つ目の方法になります。

5000万円を一気に達成することは難しいので、少しずつ投資資金を増やしていくのが基本的な戦術です。

  • 毎月30万円ずつ投資資金を増やす
  • 1年で360万円投資資金が増える
  • 約15年で5000万円に到達する

これぐらいのペースで運用資金を増やすことができれば、5000万円に到達します。

「いや、こんなの無理じゃん!」

と思う人もいますよね?

私タケもこれは無理なので、もう少しハイリスク・ハイリターンな投資を中心にしています。

配当金生活をするにはかなりの資金が必要になってくる。

タケ

完全な配当金じゃなくても、月5万円程度配当金があればだいぶ変わってくるよ!

もう一人のタケ

ハイリスク・ハイリターン戦略にする(タケの戦略)

利回り5%~10%ほどを狙い、運用資金を少なくしていくのが私タケの戦略です。

仮に利回りを10%にすることができれば、2000万円の運用でも年間200万円ほどの運用益を得ることができます。

私は株価指数CFDとトラリピの投資を中心にしていて、利回り10%狙いです。

【ハイリスク・ハイリターン戦略】

  • 株価指数CFDとトラリピでともに利回り10%狙い
  • トラリピの方が難易度が高い
  • どちらもハイリスク・ハイリターンだが、株価指数CFDの方が簡単
  • 株価高値圏ではトラリピ中心に積み立て、株価下落後は株価指数CFD中心に積み立てる

このような方針で、2020年2月まではトラリピ中心で積み立てていましたが、3月に株価が急下落したので、そのあとは株価指数CFD中心にしています。

設定の難易度としてはトラリピの方が数段高く、株価指数CFDの方は設定方法自体は比較的簡単です。

どのような考え方でどのような投資をしているのかは以下の記事にまとめてますので、そちらをご覧ください。

株価指数CFDも配当狙いだけど、レバレッジがあるので、ハイリスク・ハイリターン。

タケ

利回りを上げるか、利回りを上げずに運用資金を積み立てていくかだよ!

もう一人のタケ

配当金生活を目指すなら、アメリカの高配当株ETFがオススメ

配当金生活を目指すなら、アメリカの高配当株ETFがオススメ

配当金生活を目指す時に注意しておきたいのは

  • 個別株の場合、経営悪化や倒産のリスクを想定しておかないといけない
  • 株価が値下がりしてしまった場合、配当を得られたとしてもマイナスが大きいケースがある

配当金投資を目指すなら、アメリカの高配当株ETFが初心者向けで、過去のアメリカ株は値上がりしてきている歴史があります。

株価指数

上のグラフはS&P500のグラフですが、2019年は史上最高値圏を更新してきました。

2020年は下落していますが、過去の金融危機を何度も乗り越えて、株価は上昇してきています。

なので、アメリカのETFに投資すると

【アメリカのETF】

  • 配当金が手に入る
  • 値上がり益も取れる公算が高い

税金面や為替リスクもありますが、過去の株の値上がりと配当を考えると、アメリカの高配当株ETFに投資するのは選択肢の1つです。

具体的にどのように投資するかは以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

【アメリカ高配当株ETFで利回り3~4%を狙う方法】

SPYDの買い方を画像付きでわかりやすく解説

アメリカの高配当株ETFは投資初心者でも投資しやすいよ。

タケ

実際にアメリカの高配当株ETF「SPYD」に投資する方法も別記事で解説中。

もう一人のタケ

なぜ私が普通の配当金投資ではなく、別の投資にしているのか?

先ほど株価指数CFDとトラリピによる高利回り戦略が中心と書きましたが、なぜその戦略を取っているかといいますと、運用資金が少ないからです。

これから私の収入が上がるかどうかわかりませんが、5000万円を運用に回すのは至難の技。

というより、ほぼ無理です。

なので、5000万円を運用するよりハイリスク・ハイリターンの投資を勉強して、なんとか運用益を上げて、だんだんリスクを下げていきたいと考えています。

高利回りの投資をやる理由は収入がそれほど多くないから。

タケ

5000万円を運用資金にするのは相当大変。正直無理だから、ハイリスク・ハイリターンに挑戦しているよ。

もう一人のタケ

最終的にはリスクを下げる予定

株価指数CFDとトラリピである程度運用益を出しつつ、年齢を重ねていった時にだんだんリスクを下げていく予定です。

今は30歳なので、まだリスクを上げたままで大丈夫ですが、40代になる頃にはリスクを下げていきたいと考えています。

  • 30代の10年間で資産拡大を目指す
  • 40代以降は頃合いを見ながらリスクを減らす

というイメージです。

年齢を重ねていった時にリスクの高い運用をしているのは少し危険なので、リスクはだんだん低くしていくのが通常です。

リスクを取れる時はリスクを取る。投資するタイミングが来たと思ったら投資して、そうじゃなければ投資しない。メリハリが大事。

タケ

年齢を重ねるごとにリスクは減らす。50代で大損したら取り返せないけど、30代ならまだ取り返せる。

もう一人のタケ

まとめ:配当金生活をするにはいくらお金がいるのか?→約5000万円です。

配当金生活をするにはいくらお金がいるのかをまとめました。

約5000万円ほどの資金が必要で、それだけのお金を投資に回すのはかなりしんどいのが正直なところです。

  1. 配当金生活をするには5000万円必要
  2. タケにはそこまでのお金がない笑
  3. ハイリスク・ハイリターン戦略を採用

投資戦略に関しては別記事で詳しくまとめてますので、そちらを参考にしてみてください。

【アメリカ高配当株ETFで利回り3~4%を狙う方法】

SPYDの買い方を画像付きでわかりやすく解説

【利回り10%狙いの戦略はこちら】

株価指数CFD配当金投資の全手法!落とし穴とメリットも公開!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.